完璧が執着になると不思議なことが起こる









マルセル・ヒルシャー:「これが僕のスキー。彼らはヴァンディアと呼ばれていて、ワールドカップで勝つだろう」。

マルセル・ヒルシャー:「ここに私のスキーがあります。彼らはヴァンディアと呼ばれていて、ワールドカップで優勝するだろう」。
マルセル・ヒルシャー(とその家族)が自分のスキーを発表するために招集した記者会見は大詰めを迎えている。彼らはHirscherではなく、Van Deerと呼ばれているが、これは一連の理由に由来する特殊な名前である。例えば、英語のDeerは鹿を意味し、ドイツ語ではHirschと訳されています...。

ロゴは様式化された鹿で表現されています。オーストリアのエースが通そうとしているコンセプトは、完全なハンドメイドモデルであること。しかし、このプロジェクトは、レース専用ではなく、パウダー用としても使用されています。

マルセルは家族のようなチームを作りました。ヴァンディアの魂の一人である弟のレオンは、ブーツ部門ではあるが、アトミックで技術的なトレーニングを受けていた。彼は、パパ・フェルディナンドをはじめとする数々のテストに合格したスキーの開発に積極的に参加しています。先ほども言ったように、これらはハンドメイドモデルで、最大限にカスタマイズされており、マルセル自身が宣言しているだけあって、確かにレースに適しています。なぜなら、マルセル自身が「もうすぐワールドカップで優勝するだろう!」と宣言しているからです。

ルックのビンディングを使用しているのは、ロシニョールグループとの素晴らしいコラボレーションが生まれたからです。今後、マルセルはランゲのブーツを使用することになるだろう。

マルセルと弟のレオン

マイクを持ち、Infrontを操るNinna Quarioのインタビューに答えて、彼はこう言った。「我々は来シーズンからカップ戦に参加します。来シーズンからカップ戦に参加します。明日のアスリートを選ぶために、1年間ユースの世界でスカウティングしてきました(彼は男性についてのみ話しました)。

このブランドのモットーは?"完璧が執着になったとき、魔法のようなものが生まれる! それが私のキャリアに意味を与え、ヴァンディアのスキープロジェクトにも意味を与えたのです。雪の世界で何ができるだろうかと立ち止まったとき、この冒険が始まったのです。そして今、私は絶対に完璧でなければならないスキーを前にしています。

プレゼンテーションはカルプンにあるメガストアBrundl(オーストリアに31店舗あるチェーン店)で行われ、独占販売も行います(店舗リストはこちら)。ブリュンドルは、マウンテンスポーツ用品の販売において、オーストリア国内でナンバーワンの規模を誇ります。

Brundl社とのコラボレーションは、単に商業的な意味だけではありません。マルセルはこう説明する。「Brundlは、1951年に設立されたスキーブランドで、もちろん、この巨大チェーンのオーナーの名前を冠したモデルを完全に手作りしていました。ヴァンディアのスキーは、オーストリアのザルツブルグ近郊、ミッターシルから遠くない場所にある工場で生産されているので、多くの類似点があります」。


vandeer.skiより
オーストリアのジャーナリストは、ローラとの別れについてもオーストリアのチャンピオンに質問しました。彼は、「今は大変な時期なので、プライベートなことは話したくない」と答えました。しかし、自分に2人の子供を授けてくれた女性には、とても感謝しているという。この時、彼のプライバシーを尊重して、誰もこの話題に触れようとはしなかった。

彼は最後に、"身体的には大丈夫、足も大丈夫、でも心は壊れているんだ!"と打ち明けた。





自分のブランドでスキーワールドカップを制覇したい

カプルーン-オーストリアの元スキーレーサー、マルセル・ヒルシャーは今日、猫の手も借りたいくらいだ。オリンピックのダブルチャンピオンは、自身のスキーブランドを立ち上げました。今日の記者会見で、ザルツブルグ出身の彼は、このボードがワールドカップ・レースで勝つことを発表しました。また、ワールドカップで総合優勝8回を誇る彼は、「スキーのための火は常に自分の中で燃えていて、それは大きなものだ」と語った。

自らを物語るスキーブランド「ヴァンディア」は、彼自身が長い間感じていたことをスキーヤーに感じてもらうことを目的としています。さらに、純粋にスキーを楽しむためのものでもあります。このスキーは、ザルツブルグで生産されています。マルセル・ヒルシャーも、同じ情熱を持った小さなチームのことを話していた。フェルディナンド・ヒルシャー神父は監督として欠かすことができないし、レオン兄さんも集団の一員だ。