今年、キッツビューエルのスーパーGで優勝したオーストリアのスキーワールドカップレーサー、ヴィンセント・クリーシュマイヤーは、ゴンドラを喜んでいます。Upper Austrianにとっては2度目の受賞となります。Hinterstoderには、すでに彼の名前を冠したゴンドラがあります。コルティナ・ダンペッツォ出身のダブル・ワールド・チャンピオンは、「本物のスキー・レジェンド」の輪の中に入ることができたことをとても喜んでいます。

あと数日で30歳になるスピードのスペシャリストは、今回の出来事を「とてもいい気分」と語っている。ミュールヴィアテルの男は現在、新シーズンに向けて全力で準備を進めている。また、次の冬に向けての準備が順調に進んでいることも報告されました。とはいえ、彼のフォームを評価するにはまだ早い。何よりも大切なのは、彼が健康で、雪の上で気持ちよく過ごせることです。

北米では2021/22年のスピードシーズンが始まります。コロナの影響で、昨年は海外レースが頓挫してしまいました。また、地元の英雄であるバイアスロン選手のリサ・ハウザーも、彼女の名前を冠したゴンドラをキッツビューエルに設置したことを、念のために述べておきます。昨冬、スキーで世界の絶対的トップに立った彼女は、シュートやランニングの面でも好印象を持っています。来年2月に開催される北京オリンピックの会場では、クリシュマイヤーとハウザーの2人は、金・銀・銅のいずれかのメダル候補でもあります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。