クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2018年10月

ACL傷害予防について



ACL Tears: Zoning In On Risk Factors
ACLの涙:危険因子のゾーニング

High speeds, crazy angles, unpredictable weather, and in your face course conditions make the sport of alpine ski racing an exciting but complex one. These unique factors can put the skier to the test in terms of their ability to absorb forces and velocities that not too many other activities can create. Having adequate strength, stability, and mobility to combat these forces is crucial. Injuries are abundant in ski racing and the knees especially take a heavy beating. The world of sports medicine is on an increasing trend of focusing heavily on injury prevention programs in efforts to reduce injury rates.
高速、狂った角度、予期しない天候、そしてコースのコースの条件では、アルペンスキーレースのスポーツは刺激的ですが複雑なものになります。これらのユニークな要因は、あまりにも多くの他の活動が生み出すことができない力と速度を吸収する能力に関して、スキーヤーにテストを任せることができます。これらの力に対抗するのに十分な強度、安定性、移動性が重要です。スキーレースでは負傷が多く、特に膝は重い殴打を受けます。スポーツ医学の世界は、傷害率を減らす努力の中で、傷害予防プログラムに重点を置く傾向がますます高まっている。

According to the FIS Injury Surveillance System, knee injuries account for more than 1/3 of all ski-related injuries. Of these knee injuries, the most commonly torn knee ligament is the anterior cruciate ligament, also known as the ACL. The ACL is one of 4 main ligaments in your knee. It is a strong band of tissue located inside your knee joint connecting your tibia (shin bone) and femur (thigh bone). The ACL is our body’s number one restraint for our tibia sliding forward on our femur. It also limits rotation between the two bones. The term ACL is not foreign to ski racers. I can bet every skier knows a teammate or of a fellow competitor that has undergone a surgery to repair this ligament. So how does it happen?
FIS傷害監視システムによると、膝の負傷は、スキーに関連するすべての怪我の1/3以上を占めています。これらの膝怪我のうち、最も一般的に引き裂かれた膝靭帯は前十字靭帯であり、ACLとも呼ばれます。 ACLは、あなたの膝の4つの主要な靭帯の1つです。これは、脛骨(脛骨)と大腿骨(大腿骨)を結ぶ膝関節の内側に位置する組織の強いバンドです。 ACLは、私たちの大腿骨を前に滑る私たちの脛骨のための私達の体のナンバーワンの拘束です。また、2つのボーン間の回転を制限します。 ACLという言葉はスキーレーサーには異質ではありません。私は、この靭帯を修復する手術を受けたチームメイトまたは仲間の競技者をすべてのスキーヤーが知っていることを賭けることができます。それでどうしたの?

During an ACL injury, very often you will hear or feel a “pop” when this ligament tears. Swelling and instability are common and pain is dependent on the severity of the tear. There are several different mechanisms in which an ACL can tear. ACLs can rupture from hyperextension of the knee itself, landing incorrectly on a flexed knee, accelerating or decelerating with poor mechanics, twisting or rotating over a planted foot, a direct blow to the knee from improper contact or crash, or a sudden change in direction such as a cutting during an agility drill. As you can see the ACL can tear from numerous reasons and some are out of our control. But what about the things we can control?
ACLの怪我をしている間、この靭帯が裂けると、しばしばあなたは「ポップ」を聞いたり感じたりします。腫脹および不安定性は一般的であり、痛みは涙の重症度に依存する。 ACLが壊れるいくつかの異なるメカニズムがあります。 ACLは、膝自体の過伸展、屈曲した膝の上での間違った着地、貧弱なメカニックスによる加速または減速、植え付け足でのねじりまたは回転、不適切な接触または衝突による膝への直接的な吹き飛ばし、または方向の突然の変化敏捷性訓練の間の切断など。あなたが見ることができるように、ACLは多くの理由から裂けることがあり、いくつかは私たちのコントロールから外れています。しかし、私たちが制御できるものはどうですか?


There are 4 areas according to the latest research in orthopedics and sports medicine that have been identified as risk factors for ACL injuries or risk factors in the re-tearing of a surgically repaired ACL. They are:
外科的に修復されたACLの再切除においてACL傷害または危険因子の危険因子として同定された整形外科およびスポーツ医学の最新の研究によれば、4つの領域がある。彼らです:

Leg Dominance レッグドミナンス
Low Quadriceps to Hamstring ratio 低い四頭筋とひざの比
Trunk Dysfunction 体幹機能不全
Hip Muscular Imbalance 股関節筋不均衡


Leg Dominance レッグドミナンス

Favoring one leg over another. We all have a leg we normally kick or drive with but are you actually using that leg more than the other in the gym or when skiing? Making sure symmetries exist side to side with muscle flexibility and strength is essential. Find a way to measure and compare.
ある脚を別の脚よりも好む。私たちは通常、蹴ったり走ったりする脚を持っていますが、あなたは実際にその脚をジムやスキーに使っていますか?対称性が筋肉の柔軟性と強さに左右されていることを確認することが不可欠です。測定と比較の方法を見つける。

TIP: Females tend to be more one leg dominant than men.
ヒント:女性は男性よりも一脚支配的傾向があります。

Quadriceps to Hamstring Ratio 四頭筋とひもの比

Our muscles on the front (quadriceps) and back (hamstring) of our thigh work together to stabilize the knee joint. Both have a different function at the knee. The quadriceps work to straighten the knee and our hamstrings work to bend the knee and extend the hip. Both muscles need to be strong and work together to adequately support the knee joint and prevent unnecessary forces between the bones. Being excessively stronger in one muscle group can result in abnormal forces and extra stress on the knee ligaments, including the ACL.
私たちの大腿部の前部(四頭筋)と後部(ハムストリング)の筋肉が一緒に働いて膝関節を安定させます。どちらも膝の機能が異なります。四頭筋は膝をまっすぐに働き、私たちの腱は膝を曲げて股関節を伸ばします。両方の筋肉は強く、膝関節を適切に支持し、骨の間の不必要な力を防ぐために一緒に働く必要があります。 1つの筋肉群で過度に強いと、ACLを含む膝靭帯に異常な力および余分なストレスが生じる可能性がある。

TIP: Skiers tend to be quad dominant. Don’t forget the hamstrings! The hamstrings work at both the knee and the hip. Because this muscle performs two functions, it is very important to train your hamstrings for both of its functions (see pictures below).
ヒント:スキーヤーは4つの支配的な傾向があります。ハムストリングを忘れないで!ハムストリングは膝と股関節の両方で機能します。この筋肉は2つの機能を果たすので、両方の機能のためにハムストリングを鍛えることが非常に重要です(下の図を参照)。

Trunk Dysfunction 体幹機能不全

The inability to control your upper trunk in space. This is most commonly seen in core stability work, balance training, and jumping/landing. Can you control your center of mass during activity? If you can’t and you shift or change your movement pattern to compensate, how does that affect the forces on different areas of your body? Do you shift and wobble a lot? Do you use the correct muscles to stabilize your hips and back?
あなたの上の胴体を宇宙で制御できないこと。これは、コア安定性作業、バランストレーニング、ジャンプ/着陸で最も一般的に見られます。活動中にあなたの重心を制御できますか?あなたができない場合や、あなたがあなたの動きパターンを変えたり変えたりして補うことができれば、それはあなたの体の異なる領域の力にどのように影響しますか?あなたはずらりと並んで動きますか?正しい筋肉を使って腰を安定させて戻しますか?

TIP: Master simple movements first and move to more complex work. Too often we see skiers doing advanced core and balance work and not using the correct muscles groups to perform the task at hand.
ヒント:まずは単純な動きをマスターし、より複雑な作業に移行してください。あまりにも頻繁に我々は、高度なコアとバランスの仕事をしているスキーヤーを見て、適切な筋肉グループを使用して手元の仕事を実行していない。

Hip Muscular Imbalance 股関節筋不均衡

Wait, the hip? Yes! If our hip is not strong enough to take on some of the reaction forces we encounter when skiing the forces will dissipate to the joint either above (back) or below (knee). Making sure the muscles that surround our hip joint are strong will prevent extra unnecessary force at our knee joint and ultimately on our ligaments too. Our butt muscles, the glutes, are the priority here.
待って、ヒップ?はい!私たちの股関節が、スキーを行うときに遭遇する反作用力のうちのいくつかを受けるのに十分な強さでない場合、力が上(後)または下(膝)のいずれかの関節に消散します。股関節を囲む筋肉が強くなるようにすることで、膝関節や余りにも靭帯に余分な力が加わるのを防ぐことができます。私たちのお尻の筋肉、うずきが優先事項です。

TIP: Ski racers tend to be weak in the gluteus medius, also known as the hip abductors.
ヒント:スキーレーサーは、臀部アブダクターとしても知られている、大臀筋に弱い傾向があります。


Identifying deficits in strength, stability, and mobility within these areas and creating a plan to address those deficits is crucial. Zoning in and addressing these risk factors will aid in having a well-balanced body for optimal performance and safety on the slopes.
これらの分野における強さ、安定性、モビリティの赤字を特定し、その赤字に対処する計画を立てることは重要です。これらのリスクファクターをゾーニングして対処することで、スロープの最適なパフォーマンスと安全性のバランスの取れたボディを得ることができます。

【Single Leg Romanian Deadlift】 シングルレッグルーマニアデッドリフト
ACL_1

ACL_2-225x300


Above, Canadian Ski Racer Ali Nullmeyer properly performs a Single Leg Romanian Deadlift targeting her hamstrings. Our hamstrings serve 2 functions. The first is to extend our hip. This exercise addresses hamstring function at your hip joint.
カナダのスキーレーサーAli Nullmeyerは、ハムストリングを対象としたシングルレッグルーマニアのデッドリフトを正しく実行しています。私たちのハムストリングは2つの機能を果たします。最初はヒップを伸ばすことです。この練習では、股関節の腱の機能を説明します。


【Swiss Ball Curl】 スイスボールカール
ACL_3

ACL_4


Above, Ali Nullmeyer performs a Swiss Ball Curl targeting her hamstrings. Our hamstrings second function is to flex the knee. This exercise addresses hamstring function at the knee joint. Training both functions of our hamstrings is essential.
上の、Ali Nullmeyerは彼女のハムストリングをターゲットにしたスイスボールカールを行います。私たちのハムストリング2番目の機能は、膝を曲げることです。この練習では、膝関節でのハムストリング機能を扱います。私たちのハムストリングの両方の機能をトレーニングすることは不可欠です。


The sport of alpine ski racing is considered a high-risk sport. But can some of these risks be decreased? While there will always be internal and external factors that can not be eliminated, by paying attention to leg dominance, quadricep to hamstring ratio, trunk dysfunction, and hip muscular imbalances research does suggest that it is possible to reduce the incidence of injuries at the knee, including a reduction of ACL tears. Zone in on deficits, create a plan and execute. Good luck!
アルペンスキーレースのスポーツは、ハイリスクのスポーツとみなされています。しかし、これらのリスクのいくつかを減らすことができますか?脚の支配力、四肢対股関節比、胴体の機能不全、および股関節の筋肉の不均衡の研究には、膝の負傷の発生率を低減することが可能であることが示唆されているACL涙の減少を含む。赤字に突き当たり、計画を立てて実行する。
がんばろう!

(Google 翻訳)

ランニングの強度と量に関連する障害

ハッピーハロウィン!

Milka Ski Stars

ペトラ・ブルホバ、”Back at home for a few days”

次はレヴィでのSL開幕戦でお会いしましょう!

W杯女子セルデン開幕戦、"SNOW JAPAN ”

ウェンディ・ホルディナー、”充電中”



ベルナデッテ・シルト、”Winter is just around The corner”

ヴィクトリア・レベンスブルク、”Bogner”を纏う

2018/2019 SNOW JAPAN記者会見



シーズンの訪れ2















アダム・ザンパ、オフ期の仕上がり

Energiapura ”The Diamond kit for this Winter”

マックス・フランツ、新しいキッチンで料理をたのしむ

Adeline Mugnier、セルデン開幕戦は苦戦しながらも12位にランキング

アレキサンダー・コロシュトフ、ケガから復帰し レヴィに向けてトレーニング開始

アクセル・ルンド‐スピンダル、”今季もAプランでいく、でも 別のオプションもある”



「私はすべての冬、それはAプランですが、BプランとCプランもあります」

Soldenでスキーワールドカップが開幕する前、HEADは今年も、伝統的なプレスメディング中にスキースターを発表しました。 Aksel Lund SvindalはGiant Slangの立ち上げを計画していませんでしたが、プレゼンテーションに出席し、現在の健康状態を報告しました。

下り坂のオリンピックチャンピオンは、彼の膝の軟骨の損傷に苦しんでいます。したがって、運動競技の継続は良かったのです。春と夏には、彼は膝の傷害のために、彼にトレーニングプログラムを合わせた別のものを完成させました。彼の膝はまだ特別な治療を必要としていますが、トレーニング負荷に耐えました。

先週、Aksel Lund SvindalはスイスのSaas-Feeでノルウェーのスピードチームと7日間連続してトレーニングを行いました。ノルウェーは、膝が怒られていない過去3年間で、この程度のトレーニングに対処できませんでした。

"常に譲り受けている。私はいつも膝にどれくらいの圧力をかけることができ、どれくらいの圧力に耐えることができるのかをはっきりと測る必要があります」と現在の状況を分析しているSvindalは語っています。 「物理的に、私は昨年よりも訓練されています。私はしばしば一人で練習しますが、私はどれだけ強いのか判断できます。強さと持久力は逃してはいけません。

準備がとても重要になる時期です:「私の計画はLake Louiseのスピード・オープナーに集中しています。精神的にも私にとって重要なので、私はそれに私のトレーニングを集中することができます。修正はまだありません。私はすべての冬をドライブします、それはプランAです。しかし、計画BとCがあります。それはすべて私の膝がどのようにプレイされているかに依存します」とカナダのスピード・キックオフを楽しみにしているスヴィンダルは言います。

「昨年、私は国境に行ったり、国境を越えたりしていました。今年は私の体をもっと聞く必要があります。去年、オリンピック・ウィンター・ゲームがプログラムに参加しました。私は春に痛みを払って膝を払う必要がありませんでした。それにもかかわらず、Kjetil JansrudやMatthias Mayerと競争できれば、それは私にはまだ魅力的です。それから、アドレナリンが上がり、それが私がまだそれを楽しむ理由です」

最後の決定は、カッパーマウンテンの準備中に落ちます。 Aksel Lund Svindalのファンだけでなく、36歳の彼が計画Aを実行できるなら、Ski World Cupのファンは満足しているだろう。

(Google 翻訳)

ヘンリック・クリストファーセン、”ワールドカップへの夢”



ヘンリック・クリストファーセンもソルデンを離れなければならなかった。新鮮な雪と強風の半メートルで、レッテンバッハ氷河での競技は不可能になりました。ノルウェーは今、Marcel Hirscherとの最初の決闘まで3週間待つ。 11月18日、スキーワールドカップシーズン2018/19の最初のスラロームがレビのプログラムにあります。

準備が始まった当初は、テクニカル・スペシャリストが左足のつま先を破った怪我をしたにもかかわらず、彼はワールドカップ開幕に向けて準備が整っていた。彼自身の声明によると、24歳の彼はより速くするためにいくつかの重要な技術革新を持っています。これらの変化は彼を彼の大きな夢、すなわちワールドカップ全体に近づけるはずです。

ここ数年は、RalingenのHenrik KristoffersenとSalzburgのMarcel Hirscherの永遠の決闘でした。オーストリアは優れた形で自分自身を提示しましたが、ノルウェーのライバルは信仰を失ったことはありません。

両方とも、汚い者として知られています。 Kristoffersenは、ワールドカップ優勝者の7人が、最適に適合した機器を使用できる場合にのみ、殴られることができると確信しています。あなたがノルウェー人を信じるならば、これは出発点、彼が話したくない秘密の武器を見つけたはずです。

上記の質問とロシニョールは新しい材料を使用するため、クリストファーセンは非常に閉鎖されたままです。「少し秘密です。あなたはいつもより良いものを探しています。完璧なものは何もありません。しかし私が私の装置について話すとき:はい!私には新しい装備がたくさんあります。 "彼は秘密兵器についてより多くのことを明らかにしたくなかった。彼の目を見ると、彼は彼の目標に近づいたようです。来シーズン、ノルウェーはテクノロジーの分野でマルセル・ハッチャー(Marcel Hirscher)の覇権を打ち破るために最大限の努力をします。

バンスコの2019年2月23日のスーパーGデビュー

HirscherはスーパーGで近年組み合わせるアルパインに重要なワールドカップポイントを獲得しながら、Kristoffersenはジャイアントスラロームとスラロームで旅していました。来シーズン、ノルウェーは少なくとも1つのスーパーGレースに挑戦したいと考えています。遅くとも2019年2月23日、彼はブルガリアのバンスコでスピードデビューを行う予定です。 Kristoffersenは彼のスケジュールにこの任命をしました。

「ワールドカップ全体でマルセル・ハッチャーにとって大きな可能性を理解するためにスーパーGを追いかけるわけではない。過去数年間でマルセルは、まだ私はスーパーGでいくつかのポイントを作った場合でも、全体的にワールドカップを獲得しているだろう、「Kristoffersenは言ったが、誰が、彼はスピードドライバーになることはありません場合でも、第三規律を構築したいと考えています。さらに、彼はアルパインのコンビネーションでも、これがまだ開催されている限り、良いスーパーGとスコアをつけることができます。

Saas Feeでは、彼は先週、ノルウェーのスピードの男性と訓練しました。 「うまくいった。私は非常に満足していた。おそらく、ここで集められたトレーニングキロメートルは、ワールドカップ全体が窮地に陥った場合、Kvitfjellやソルデュのワールドカップ決勝で私を助けてくれるでしょう。

しかし、ノルウェーにとっては、フィンランドのリーバイスの町で行われているスラロームレースが準備の中心にあります。その後、米国に行き、巨大なスラロームがプログラムに出ています。彼はまた、ビーバークリークで4〜5スピードトレーニング日をインストールします。しかし、彼はビーバークリークスーパーGで始まらない。

(Google 翻訳)

全日本スキー連盟キックオフ記者会見

第97回 全日本スキー選手権大会アルペン競技会 技術系
181224
大会日程
12/25(火)開会式
12/26(水)男子GS
12/27(木)女子GS GS表彰式
12/28(金)男女SL 表彰式

https://www.snowmap-japan.jp/report-column/965/
東京都スキー連盟 キッズイベント
野沢ポスター
第56回全国中学校 スキー大会
『無限の力ここに 越後の舞台で光輝け』

poster

大会ホームページ

2019年2月4日(月)〜7日(木)
アルペン競技 苗場スキー場
第68回全国高等学校スキー大会
poster

『躍動 雪の華たち咲き誇れ 鹿角の風を切って』

アルペン会場:花輪スキー場ジャイアントコース
2019年2月8日(金) 〜 2月12日(火)

大会ホームページ
第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
『北国の 雪と氷に 刻む夢』

logo


会場:サッポロテイネ
日程:2019年2月14日(木)〜17日(日)


第74回 国民体育大会冬季大会スキー競技会ホームページ
第43回全日本マスターズスキー選手権
iwakura1

第43回全日本マスターズスキー選手権尾瀬片品大会公式サイト

https://oze-katashina.info/mastersski/

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報