グラススキー世界選手権:Stitna nad Vlariで開催されたこの大会で、ベネチアのチャンピオンはチェコのネメックに勝利し、最年少のスキーヤーに捧げられた大会で2人の若者が表彰台に上がり、イタリアの遠征隊は6つのメダルを獲得しました。

9月9日(木)17:40
チェコのスティトナ・ナド・ブラリで開催されているグラススキー世界選手権で、エドアルド・フラウはスーパーGで2位に入賞し、2日前の大回転に続く2つ目の銀メダルを獲得したのだ。

イタリアの現象に先んじて表彰台の最上段に立ったのは、2016年に引退し、5年ぶりに競技に復帰したチェコのヤン・ネメックで、(ちょうどこの世界選手権の終わりにフラウが退団する時期)センセーショナルな2本の走りで金メダルを奪い、同胞のボラクが3位に入った。総合5位のアンドレア・イオリは、7位のロレンツォ・グリッティ、9位のダニエレ・ブイオ、ジュニアの銅メダリストである13位のフィリッポ・ザンボーニ、18位のダビデ・サビアネ、19位のニコロ・スキアベッティ、23位のマルコ・コンビ、28位のアレックス・ガラー、30位のマイケル・ベルターニョ、33位のガブリエル・ボナルディ、34位のロベルト・セレンティン、36位のニコロ・ペッティーニ、37位のダビデ・ニードゥ、39位のマルコ・ミレシ、41位のオットー・パシーニとなった。

イタリアの女子チームは、スーパーGでマルゲリータ・マゾンチーニ(ソスピロル出身)が5位に入賞しただけで、メダルを獲得することはできませんでした。アンブラ・ガスペリが6位、他のイタリア人ではモニカ・フェリゲットが11位、フェデリカ・ミレシが18位、キアラ・ミレシが23位、フェデリカ・リバルディが24位だった。

水曜日のスラロームでフィリッポ・ザンボーニが獲得した金メダル、火曜日の大回転でダニエレ・ブイオが獲得した銀メダルに続き、午前中にはジュニア専用のスーパーGでアンドレア・イオリが獲得した2つのメダルが到着しました。ファウスト・セレンティンが率いるチームの素晴らしい一日は、フィリッポ・ザンボーニ(チームメイトと100分の39秒差)の銅メダルで締めくくられ、イオリと0.24秒差で2位となったチェコのアレス・クノールが先行して今大会2つ目の個人メダルを獲得した。

6位にはすでに紹介したダニエレ・ブイオ、11位にニコロ・スキアベッティ、13位にマルコ・コンビ、19位にアレックス・ガラー、22位にロベルト・セレンティン、24位にマイケル・ベルターニョ、25位にニコロ・リバルドーニ、26位にガブリエル・ボナルディ、27位にニコロ・ペッティーニ、28位にダビデ・ニードゥ、30位にオットー・パッシーニ、31位にマルコ・ミレシが入った。イタリアの女子選手は、前田マリノ選手が表彰台に上がらず、残念な結果となりました。前田選手はレース中に転倒する危険性もありましたが、真のチャンピオンとして33分42秒のタイムを出し、チェコのサルカ・アブラモワ選手に100分の33秒差で勝利し、銅メダルはスロバキアのニコラ・フリコバ選手が33分96秒で獲得しました。

イタリア人のアンブラ・ガスペリは、スラロームでの退場を取り返すことができず、6位に留まった。フェデリカ・ミレシが13位、フェデリカ・リバルディが16位で続いた。

金曜日に行われるスーパー・コンバインド(シニア・ジュニアとも)で、イタリアのメダル数は金メダル2個、銀メダル3個、銅メダル1個の計6個となりました。そして、それだけではありません。