クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2015年04月

スピードに懸ける勇者たち

11148440_4953

夏スキー本番! 月山

150430201

春から夏にかけて営業する山形県西川町の月山スキー場で29日、約200人のスキーヤーやスノーボーダーが大型連休の雪の感触を楽しんだ。

朝日連峰が目の前に広がる山頂付近は夏を思わせる強い日差しで汗ばむほどの陽気。厚いウエアを脱ぎ、Tシャツで滑る人の姿も見られた。

毎年訪れるという山形市の会社員石山広志朗さん(36)は「雄大な景色を見ながら滑るのが月山の魅力。天気が良くて最高」と笑顔を見せた。

運営する月山観光開発の担当者によると、積雪は例年より2〜3メートル少ない約7メートル。ここ数日の気温上昇で約1メートル減ったが、7月末まで滑走可能という。今シーズンは約20万人の人出を見込んでいる。
河北新報

『スポーツペアレンティング』

米国では数年前から、子どものスポーツの場で『スポーツペアレンティング』という言葉がつかわれるようになってきた。『スポーツペアレンティング』は、スポーツをする子どもを持つ保護者が、どのようにスポーツ活動に関わり、子育てをしていくかを学んだり、考えたりするもの。

子どものスポーツは心身の成長や健康に有益であると考えられるが、一方で保護者の不適切な言動によって、そのメリットを活かすことができないケースもある。プロ入りや、競技優秀者に与えられる学校の奨学金授与を目指して、子どもに過剰な期待と重圧をかけてしまう。指導者、審判、対戦相手に不適当な手段で不満をぶつけることも・・・。

『スポーツペアレンティング』は、親が指導者や審判に対して『モンスターペアレント化』するのを防ぐことも含めて、指導者講習だけでなく、保護者を啓蒙する活動へと展開。監督やコーチが子どもの年齢にあった練習量や試合への取り組み方を理解し、雰囲気作りに努め、より楽しめるような指導を試みると共に、保護者への理解を求めている。



「消費者」になった親が、子どもと指導者をつぶす?

最近、アメリカの子どもたちが使用する野球場やアイスリンクで次のような看板を見かけるとのこと。

150430001

 THESE ARE KIDS
 (彼らは子どもたちである)

 THIS IS A GAME
 (これはゲームである)

 THE COACHES VOLUNTEER
 (コーチたちはボランティアである)

 THE UMPIRES ARE HUMAN
 (審判は人間である)

 THIS IS NOT PROFESSIONAL BASEBALL
 (これはプロ野球ではない)



なぜ、このような文言を掲げなければならないのか。それは子どものスポーツに関わる一部の保護者が、子どものスポーツの場から楽しさを奪い、コーチや審判にも不快な思いをさせているからだ。

スポーツは見る人を熱くさせる。目の前でプレーしているのが我が子となれば、応援する保護者も力が入る。そこまでならばよいのだろうが、子どもたちの試合であることを忘れ、熱狂して勝敗にひどくこだわる人がいる。

時間や場所を選ばずにボランティアコーチに練習内容や試合の采配、我が子の起用についての不満をぶつける。自チームや自分の子どもに不利なる審判のジャッジに激昂。ときには対戦相手の保護者ともみ合いになっているケースも筆者は見かけた。

アメリカでも子どものスポーツを支えているのはボランティアたちだ。一部の種目やエリートチームでは有償のプロコーチがいるが、小学生が参加する多くの地域の野球、サッカー、アイスホッケーチームなどは、参加する子の保護者数人がボランティアコーチを引き受けることで成り立っている。

競技経験のない保護者は練習日程や場所の確保、試合組み合わせといったマネジャーの仕事を担当。保護者で医師でもある人はチームドクターとなり、自分の子どものチーム以外の選手たちの応急処置にも走る。ビデオ撮影係、スコア記録係などもある。当番制ではないが、各自のできる範囲のボランティアで活動を支えている。中学や高校の学校運動部には、日本の部活動顧問に相当するコーチが報酬を得て指導しているが、保護者ボランティアが大会などを補助することもある。

ところが、保護者や地域の人のボランティアで成り立っている子どものスポーツ活動であるのに、先に述べたように不満ばかりをぶつけてくる保護者が少数ではあるが存在するのも事実だ。もちろん、ボランティアのコーチが子どもに虐待まがいの指導をしているのであれば、保護者ははっきりと批判しなければいけない。

しかし、指導者講習を受けて適切な方法で活動を支えようとしているボランティアのコーチにクレームばかりつけているとどうなってしまうだろうか。ボランティアでコーチや役員を引き受ける人がいなくなってしまう。指導者講習でも難しい保護者とのコミュニケーション法を学ぶが、コーチ自身も仕事のやりくりをしながらボランティアをしており、感情を持つ人間でもある。やりきれない気分になり、シーズン終了後に辞めてしまうコーチもいる。

アメリカでは小学生の子どもだけでの外遊びを推奨しておらず、ビデオゲーム、デジタル端末を使った遊びは大人気。広場での子どもたちだけの遊びとしての野球、サッカーなどは絶滅しかかっている。大人が関わらなければチームとしてスポーツ活動できない。それなのに、一部の保護者が、最少のコストで最大の利益を得ようとする消費者になり、悪質な客のように振る舞うと、子どものスポーツを無償で支えようとする人的資源を食いつくしてしまう。

こういった問題にアプローチするため、アメリカの子どものスポーツの場では指導者だけでなく、保護者教育にも力を入れるようになってきている。


日本の学校の部活動では、顧問として活動を支える教員の負担が大きいことが問題視されている。部活動という課外の自主的な活動であっても、これまでは、教員が顧問をするのは当然のことと捉えられてきた。生徒も保護者も同じように考えてきただろう。

しかし、保護者が「消費者」や「顧客」感覚で部活動に関わり、サービス向上ばかりを求めていけば、教科指導をしながら顧問も引き受けている教員という資源を食いつぶすことにつながるのではないか。無意識に「消費者」になってしまっている保護者もいるだろうから、学校側は教員である顧問ができることと、できないことを保護者に伝える必要がある。そうすれば、顧問とともに活動を支えようと自主的に立ってくれる人が出てくるかもしれない。

そのときには、ボランティアとして活動を支えようとする保護者の力が活かせるように、制限事項もあわせたボランティアの活動範囲を明文化し、参加者全員に知らせておくべきだ。そして、自主的に立ち上がってくれた人が、「悪質な顧客」のように振る舞う一部の人たちにつぶされないように注意しなければいけない。
(出典:スポーツライター・谷口輝世子さんのコラムより)

『耳ストレッチ』で眠気スッキリ!

朝が弱い人も多いのではないでしょうか?
目覚めが悪い時、眠気が襲ってきた時など・・・
親指と人差し指で耳を掴みゆっくりと引っ張って
『耳のストレッチ』をしてみてください。


真夏の雪 苗場スキー場で雪山保存

naeba150430

 夏場に天然の雪を楽しんでもらおうと湯沢町三国の苗場スキー場で28日、雪の保存作業が行われた。第1ゴンドラ山頂(標高約1658メートル)にある高さ6〜8メートルの雪山にシートを掛けた。夏季営業期間(7月29日〜8月30日)にかまくら体験やそり遊びが楽しめるようにする。

 ことしで3年目。スキー場などの従業員23人が作業した。圧雪車で雪山のでこぼこをならした後、表面のおよそ500平方メートルを断熱シートで丁寧に覆った。その上に太陽光を反射する融雪防止シートを重ね、ネットと土のうで固定した。

 昨年の夏季の来場者数は約7千人。ことしは1万人を目標にしているという。種村徹支配人は「多くの皆さまに、真夏の雪山という非日常を体験してほしい」と話した。

 雪山へ向かう第1ゴンドラの利用料金は大人1600円、子ども800円。ゴンドラ山頂の気温が25度を超えると無料になる。
新潟日報

中央アルプスで開山式

NEWS000000210201

 中央アルプスの開山式が28日、標高約2600メートルの千畳敷で開かれた。
 晴天の千畳敷は残雪と青空に稜線がくっきり。午前10時すぎの気温8・4度まで上昇。暖かな日差しの下、神事やアルプホルンの演奏などがあり、観光、行政、山岳関係者ら約150人が今季の安全を祈った。
 千畳敷の積雪は約2・9メートルで例年より少なめというが、スキーやスノーボードを楽しむ人もいた。

 昨年度は長雨や台風の影響、雪害による運休で、千畳敷に上がる「駒ケ岳ロープウェイ」の利用者が例年より2割ほど落ち込み、地元観光業にも影響が出た。ロープウェイを運行する中央アルプス観光の森川優社長は「年間を通じて恵まれた状況になればいい」と期待していた。
信濃毎日新聞

乗鞍岳 春山バス運行開始

NEWS000000210101

 乗鞍高原と乗鞍岳(3026メートル)の中腹を結ぶ「乗鞍岳春山バス」が28日、道路の除雪状況などを点検する試運転をした。関係者がバスに乗って安全確認し、29日の運行開始を決めた。
 春山バスは、県道乗鞍岳線沿いの乗鞍高原にある観光センター(1450メートル)を出発。位ケ原(くらいがはら)山荘(2350メートル)までの約15キロを40分ほどで結ぶ。
 試運転は、市や県、アルピコ交通、のりくら観光協会など12団体の関係者がバスに乗り込み、高い所で6メートルほどある雪の壁の間をゆっくりと進んだ。所々止まりながら、道に張り出した枝を取り除いた。4月に雨が多かった影響で除雪作業が遅れ、当初予定していた25日の運行開始は先延ばしになった。雨や気温の上昇で雪解けが進み、雪の量は例年より少なめという。
 試運転後に位ケ原山荘で開いた会議で、29日から運行することを決めた。同山荘の六辻(むつじ)徹夫さんは「春スキー客や雪見客に、その日の雪の状態、ライチョウの生息域などの情報を提供したい」と話した。
 春山バスとしての運行は6月末までで、その後は路線バスが走る。5月下旬に山荘より上部の乗鞍大雪渓まで終点が延びる。料金は中学生以上往復2500円。
信濃毎日新聞

残雪量が例年より少な目だと、大雪渓での滑走エリアや滑走可能時期が縮小となるかもしれません。

2015 U.S. Alpine Championships

大会前日、当日の食事

【大会前日】
大会前日は、エネルギー源となるグリコーゲンを筋肉と肝臓に十分に貯えておく必要があります。
脂質は控えめにして、炭水化物(糖質)を多く摂ることを考えましょう。
そして翌日の試合に向けての緊張感やストレスが高まるなか、体調を整えるビタミンCも必要です。
栄養学的には、主食と果物を多めにし、おかず・野菜・乳製品は少なめが良いです。

大会宿舎によっては、天ぷらやカツなどの揚げ物など、こってり料理、生クリーム・バター・マヨネーズをたっぷり使った料理など脂質が多く含む料理が出ますが、消化に時間のかかるもの、刺身などの生もの、腸内にガスが溜まりやすくなる食物繊維の多い根菜類などは極力控え、普段から食べ慣れている食品を選ぶようにすることも大切。

持久系競技の場合は、大会の3日前から食事中の炭水化物(糖質)の割合を増やし、エネルギー比70%(通常練習期は50〜60%程度)の高炭水化物(糖質)食に切り替えることによって、筋グリコーゲンの量を増やしていくというグリコーゲンローディングを実践しています。
1日に数試合ある場合や連日大会が続く場合は、筋グリコーゲンが消耗するため、持久系の食事法を取り入れる場合がある。

大会前日の夕食は、なるべく早めに済ませるようにし(就寝3時間前)、リラックスして深く十分な睡眠を取れるようにすることが大事。


【大会当日】
競技開始までに出来るだけエネルギーを貯えておけば、パフォーマンスの低下を最小限にすることができる。
大会当日は、前日と同様に主食と果物中心の高炭水化物(糖質)食を摂ること。
競技開始時間から逆算して、3〜4時間前までに食事を済ませること。
競技開始時間などによって、一度に食べられない場合は、食事回数を分けるなど食べやすい方法を工夫する。
競技開始時には、『胃の中は空っぽで、身体はエネルギーは満タン』いう状態がベスト。

競技開始3〜4時間前に十分な食事を済ませても、1日に何回も試合を行う競技や、試合時間が長い競技では、途中で頭とカラダのエネルギーが切れ、スタミナや集中力が落ちてくる。
その場合は、競技開始時間や競技の合間を考慮して食べるものを選び、上手に栄養補給をするのがコツ。

〔競技開始までの時間と食べ物の関係〕
・3〜4時間前…おにぎり、うどん、ハチミツトースト、カステラ
・1時間前…バナナ、エネルギーゼリー、ビタミンタブレット(消化の早いものでエネルギー補給)
・30分前…エネルギードリンク
・直前…飴、ブドウ糖タブレット

UNIQAのCM

ヴェロニカ-ズズロバ選手のスポンサーとなっている保険会社のCMです。

携帯に集中編

Veronika Velez-Zuzulova telefonovala priamo na svahu.Pozrite si, ako dopadla.

Posted by Myslite UNIQA on 2015年4月7日


ライト片眼編

Dokaže Veronika Velez-Zuzulova zlyžovať aj na jednej lyži?Odpoveď zistite vo videu.

Posted by Myslite UNIQA on 2015年4月10日


視界不良編

Dokaže Veronika Velez-Zuzulova lyžovať aj so špinavymi okuliarmi?Pozrite si video.

Posted by Myslite UNIQA on 2015年4月8日


居眠り編

Veronika Velez-Zuzulova zaspala pri štarte!Čo to zapričinilo?

Posted by Myslite UNIQA on 2015年4月8日

雹(ひょう)

昨晩、上海では卵大サイズの雹が降ったそうです。
クルマがボコボコ・・・

打ち所悪いとやばいサイズ。

上海で荒天となったと言うことは、いずれ日本でも天気が崩れていくということですね。
GW後半は、局地的に急な天候の変化もありそうです。


10686676_829506350460800

アルペンレーサーたちのひとときのバカンス

アルペンレーサーたちもこの時期になると一年分のバカンスを楽しみます。

行くとしたら、やっぱ海ですよね!


ビクトリア‐レーベンブルグ
11149307_10152915655358736


Luca De Aliprandini
11193424_882387751807639_1636286189850761595_n


Margot Bailet
11193402_839054192848263_4006771551020943383_n


Irene Curtoni
11162440_527344927403677_6670382881639957640_n

GW初日

ひさしぶりの少年サッカーです!
花粉飛来も収まり、暖かな気候で運動するには絶好の季節となりました。

例年は冬でも土曜には、ちょくちょく顔を出していましたが、今年は1月中旬に1度参加して以来、3ヶ月間も顔を出していませんでした。

すっかり子供たちは成長してサッカーも上手くなっていましたね!

GWが終われば今季のスキーも終了ですので、サッカーモードへスイッチです。


image

image

ヨーロッパカップ パラレルスラローム

日本でも公式大会が行われるときが来るかもしれませんね!
何かポイントレースばかりじゃ、つまらない気がします。

コースは日本には、たくさんありそうです。
あとは、ジャンプ台や大会を盛り上げるMCが必要です。


ベーシックスキーテクニック

鹿沢 ラストレース

東京都高体連スキー大会、本日で今季ラストレースですね!
みなさん頑張ってください。
見たところ、積雪はなんとか大丈夫そうですね。


150429kazwa002

第5回 アダメッロ スキー レイド 2015

アルペンマラソン大会

2014/15 ドイツスキーチームウェアー 振り返り

18年平昌 メダル獲得に向け五輪対策室新設 (SAJ)

SAJは理事会で18年平昌五輪での金メダル獲得を目的に「五輪対策室」の新設を決めた。責任者には古川年正競技本部長が就き、強化策などを検討していく。

SAJでは06年トリノ、10年バンクーバー両五輪でメダルなしに終わった反省から「メダル奪回戦略室」を設け、昨年のソチ五輪では銀4、銅3の計7個のメダルを獲得したが、金メダルには届かなかった。

SAJ創立90周年記念式典・祝賀会

全国の功労者、優秀選手など表彰

 SAJ創立90周年式典が4月26日、東京プリンスホテルで開催された。式典には功労表彰受賞者、感謝状贈呈者、来賓、報道関係者など約500名が出席、盛大に行われた。

 式典は、鈴木洋一会長の挨拶、90周年の歩み紹介、来賓の挨拶、祝電披露に次いで、オフィシャルスポンサーをはじめ、SAJの運営を長年に渡りサポートいただいている関係者の方々に感謝状を贈呈、続いて功労者表彰では、加盟団体の功労者をはじめ、ジャンプの葛西紀明選手を筆頭にオリンピック、世界選手権大会でメダルを獲得した選手など、優秀選手表彰も行われた。
 式典の後には、ひきつづき記念祝賀会が行われた。


20150428a25


鈴木洋一会長あいさつ(全文)

 公益財団法人全日本スキー連盟の鈴木でございます。

開会にあたり連盟を代表してご挨拶申し上げます。

 本日はご多忙の中、ご来賓各位をはじめ大勢の皆様のご出席を賜り、誠にありがとうございます。

 公益財団法人全日本スキー連盟は大正14年2月15日に創立され、以来90年わが国におけるスキー界を統括し代表する団体として、スキーの普及及び振興を図り、国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としながら様々な事業展開をし、大きな成果をあげてまいりました。

 スキーが日本に伝わってから103年になりますが、雄大な自然の中で楽しむスキースポーツの素晴らしさを多くの人々に伝えたいという当時の先達の熱い思いから創立された連盟であり、その思いは今日も引き継がれております。

 しかしその間、戦争による連盟解散、オリンピックへの選手派遣中止など、暗く悲しい時代もありました。こうした数々の難局を乗り越える多くの方々の努力とスキーへの深い愛情が、今日の礎を築いてくださいました。加えて、関係諸団体、加盟団体、スポンサー、スキー場等、多くの皆様の支えあっての今日であり、心より感謝申し上げます。

 本日、創立90周年記念式典を開催するにあたり、スキー界の発展に格別のご尽力をいただいた功労者の方々に深謝し、表彰の機会を得ましたことは、この上ない喜びとするところでございます。また90年の歩みの中で本連盟の運営を支えていただきました関係の皆様に感謝状を贈呈し、深甚なる謝意を表する次第であります。

 近年、少子化や趣味の多様化などにより、スキー人口の減少が言われる中、スキーに代表されるスノースポーツの更なる普及、振興に本連盟の果たすべき役割、責任は、これまで以上に大きいものと思います。本日の記念式典がこれまでの歩みを振り返り、今後の発展を目指す新たなスタートになることを願っております。

 式典終了後は祝賀会を予定しております。祝賀会では、久しぶりに会うスキー仲間やなつかしい方々との再会もあろうかと思います。ご参加いただいた皆様それぞれ交流を深めていただき、本連盟へのご意見、ご指導なども拝聴できれば、今後の運営に反映してまいりたいと存じます。

 おわりに、皆様のご健勝、ご活躍を祈念申し上げますとともに、今後も本連盟へのご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。本日はありがとうございました。


SAJ140428001


サポートファクトリー オーレ
b261b50a



280920

newrbt

グループロシニョール
Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
競技規則 (用品規則)
fc327fe5

91cbf1f3
Fun to Share
みんなでシェアして、低炭素社会へ。
bnr_sponsor_funtoshare
tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報