クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2014年05月

SAJ競技ルールの一部変更

来季の用具規定に一部変更があるようです。

ポイントは、

・国体少年組は、全て、男子R35、女子R30の適用(中学生、高1早生まれを含む)

・インターハイ、高校選抜は、全て、男子R35、女子R30(高1早生まれを含む)

他にもありますが、大きなところは以上です。
今季、同じレースに用具カテゴリーが混在し、タイムへも影響したのが背景のようです。

詳細は後日・・・

エンジントラブル!

自宅を出て直ぐに中央道にのったとたん、「あれっ、なんかおかしい・・・」って感じました。
それでも、少し様子見しながら首都高へ。
やっぱり変なんです!
いつもよりエンジン回転数が高め、80キロ走行で燃費計がリッター10キロ程度しかいきません。
そのうち、ラジエターファンがブンまわりはじめました。
異常を感じ、ディラーのメカニックに症状を連絡しました。
「緊急点検するので、最寄りのディラーに寄ってください。」とのことで、鹿浜橋で首都高をおりて、赤羽店へ向かいました。
既に、ディラー間で情報共有していただいたので、話しは早く、快く対応してくれました。
しかし、コンピューター診断するも異常なデータは見つからず、このままの長距離走行は止めたほうが良いとのことで、ここで車両交替となりました。
愛車は後日、自宅近くのディラーへ配送。
ここからは、アルファードで山形を目指します。
2時間のロスタイムとなりましたが、何とかリスタートできました。
大きな車は運転が楽ですね!(クルーズコントロールがついてないのが残念ですが・・・)
それにしても、アルファードは燃費悪いですね!
久しぶりに乗りましたが、この燃費にちょっと驚きです。
現在、国見。
今回は車中泊です。100ボルトコンセントがないのが、つらいです。

image

image

image

image

image

image

今日も暑い!

そんな中、子供たちとサッカー
湿度が比較的低い分、真夏の暑さよりはマシかなっ・・・?

0fedd572
d21cb8fc
01b7e9ca

若者をスキー場へ呼び戻せ

若者をスキー場に呼び戻し、業界の活性化へ

 スキーブームの頃のスキー場には「恋愛」のイメージがあった。最近はそういうイメージが薄れているというが、その前提としてスキー場に来る若者が減った。若者がいないとスキー場も活気が出ないということで、SURF&SNOWが企画したのが、ゲレンデの合コン・婚活スタイル「ゲレコン」。

aboutGerekon

各スキー場と連携してゲレコン(ゲレンデ+合コン・婚活)を紹介する唯一の公式サイト
「街コン」のゲレンデバージョンとして浸透させ、再び若者を呼び戻し、スキー場を活性化
“ゲレンデマジック”で男女ともに好感度アップし、「街コン」よりもカップルが成立しやすい環境に


かつて多くの若者が集まり、男女の出会いの場として人気だったスキー場ですが、日本のスキー人口は1993年の1860万人をピークに下降線をたどり、2010年には570万人にまで減少しています(公益財団法人日本生産性本部 調べ)。

一方で、男女の出会いの創出と飲食店を中心とする地域活性化を目的とした、街ぐるみの大型合同コンパ「街コン」は、今や全国的なブームとなり、数百人規模で開催する一大イベントとなっています。

「SURF&SNOW」では、「街コン」のゲレンデバージョンとして「ゲレコン」を広く浸透させ、ゲレンデに再び若者を呼び戻し、スキー場の活性化を図ろうと、ゲレンデでの合コン・婚活イベント情報を紹介する「ゲレコン」公式サイトを開催いたします。

「ゲレコン」の基本プランは、男女グループでスキーやスノーボードを楽しんだ後、ゲレンデ内もしくはゲレンデ近くのレストランでパーティーを開催し、交流を深めてもらうものです(詳細は各スキー場により異なります)。

得意のウィンタースポーツで異性にアピールしたい、共通の趣味を持つ恋人を探したいというユーザーはもちろん、これまでスキー場に行ったことがないという方々にまで、幅広い層に来場してもらうきっかけとしてアピールしていきます。
続きを読む

スキーエリア、その先の未来へ・・・ 『毅廝蕋譯譟

スキーエリア再活性化のためのマーケティング調査



リクルート・じゃらんの冬のゲレンデ★マーケティング2014 -わたしをスキー場マーケティングの現場に連れてって!-


公私に関係なく、
スキー(スノースポーツ)に関わる全てのひとが、
出来る範囲で、
何か一歩前へ踏み込むことで、
世の中、変わる気がする・・・

『I Will・・・』

ハンドルがない! 自動運転車


米グーグル(Google)は、人間による操作を必要としない、ハンドル非搭載の自動運転車を公開した。
ハンドルもアクセルもブレーキペダルもない。
ただ、座っているだけで目的地まで運んでくれる。
操作は簡単!自動運転の開始・終了のボタンを押すだけ。


こんな車でスキー場まで運んでくれたら、どんなに楽なことか・・・

世界で一番高い所でのマラソン

140530001



世界最高峰エベレストで29日、世界で最も高所でのフルマラソン「テンジン・ヒラリー・エベレストマラソン(Tenzing-Hillary Everest Marathon)」が行われ、26歳のネパール人男性が3時間52分9秒で優勝した。
出発地点の標高は約5000メートルで酸素濃度は平地の約半分。
世界一過酷なフルマラソンといわれている。

今日も暑い日だった・・・全国、真夏日観測で5月過去最多

5月の気温として、記録的な暑さ
全国的に気温が上がり、列島各地で今年一番の暑さとなった。
午後3時までの真夏日地点数は259地点で、
1978年以降のアメダス観測では、5月として30℃超えの最多地点を記録した。

6月2日ごろまで、日本付近に高気圧が居座るため、引き続き、気温の高い日が続く見込み。

201405301400-00

14053012

雪が融けるっ、山形で30度超え・・・

gassan140518

 29日の山形県内は、高気圧に覆われて各地とも快晴となり、前日に続き暑い一日となった。内陸部を中心に気温が上昇し、最高気温は山形の30.6度をトップに新庄30.0度、高畠29.9度、村山と長井29.5度、米沢29.4度を観測。山形は2日連続の真夏日(最高気温が30度以上)となった。

 山形地方気象台によるとこのほかの最高気温は東根29.2度、向町(最上)29.0度、肘折(大蔵)27.4度など。各地とも平年より3〜8度ほど高く6月下旬から8月上旬並みで、新庄、向町、肘折は今年最高を記録した。

 同気象台によると、県内は30日も高気圧に覆われておおむね晴れるが、上空の寒気の影響で午後は時々曇り、最高気温は28〜32度前後になる見込み。

201405301200-00

春の終わりを告げる雪形 中央アルプス

 長野県駒ケ根市の中央アルプス千畳敷カール「極楽平」(標高約2800メートル)付近で、雪解けにできる雪形「島田娘」や「稗蒔(ひえまき)小僧」が見頃を迎えた。駒ケ根観光協会によると、29日現在、千畳敷の積雪は三メートルで例年より多い。
雪形1雪形2

 島田まげと呼ばれる「島田娘」の頭は、くっきりと浮かび、若々しい黒髪の娘を連想させる。左隣には、てんびん棒を肩に担いだ「稗蒔小僧」が、忙しそうに走り回るように見える。雪形が消えると、伊那谷は梅雨入りの季節を迎える。

アルペン選手のニュースななめ読み

パンテュロー
チームに合流し、インラインでトレーニング
image


ボン
もはやリハビリの領域ではない!
ハードなトレーニングを積んで、順調に仕上がってます。
image


ヒルシャー
今年はモトクロスでケガしないように!
image


マゼ
ソチ金メダルを記念して切手に!
スロヴェニアのスーパースター。
image


マンキューソ
オン・オフ使い分けて、アクティブに活動中!
最近は雪上より、海のイメージが強くなっています。
image


グート
「チーム ララ・グート」一丸となって、来季に向け始動。
更なる活躍に期待!
image


オーストリア高速系チーム
「もっと力を!」
強靭な身体を造ってます。
image

乗鞍大雪渓スラローム(スノーボード)大会&練習会

第二回 乗鞍大雪渓スラローム大会&練習会のお知らせ

乗鞍大雪渓

7月5日(土)6日(日)開催です!
迷っている方は今すぐ申し込みましょう
あなたの知らない世界が待っている

想像以上に、がっちり練習できて、
爽快感を感じられ、
想像どうり、やり切った感を感じられることでしょう


乗鞍大雪渓スラローム大会&練習会
 
主催  荒巻陽子PSAプロ&乗鞍スラ実行委員会
協力  47スノーボードスク-ル 

協賛   
 スノサウルス
 ボードチューン雪蔵 
 山梨県スキー連盟スノーボード部
 ジェシージェイスノーボード
 レスキューワックス
 chiemsee
 (順不同)

【日程】 
 7月5日(土) 練習会
 7月6日(日)大会 SL(予定)
【場所】  長野県松本市「乗鞍大雪渓」内特設コース
【種目】  SL
【部門】
 男・女(AL・FS)、シニア男子(45歳以上)
 ジュニア (小学生以下:人数次第でクラス分)
 スキー(男・女)※ストックなし滑走

※参加人数により統合される可能性があります
また、ヘルメット着用を推奨します。


参加資格 いずれかに当てはまる人!
 7月なのに滑りたい人。
 7月なのに雪がみたい人。
 暑いところにうんざりして涼しいところに行きたい人。
 げ討縫薀ぅ丱襪蛤垢鬚弔韻燭た
 ゲ燭楽しいことを探している人

スキー、ショートスキー、スウェーキーなんでもあり!
ただしセットは三角フラッグなので巻きこみ防止と
公平性を保つためストックなしにご協力ください。

表 彰  各部門1〜3位、その他
参加費 
 6日  練習会参加費      1,000円
     コーチング(担当 荒巻)不安な方もどうぞ3,000円
 7日  大会エントリー費 1,500円(大会後の練習可90分ほどの予定
     (大会後のコーチングは超お得な+500円)

大会&練習会のエントリー方法はコチラ


昨年の大会の様子

アルペン競技人口の推移2 (都道府県別)

都道府県別に競技者登録数の推移を追ってみた。

競技者人口が減っていることを外乱要因としていないか?
各加盟団体の取り組み方次第では、競技者数を増やす施策もありそうな気がする。

何かアクションを起こしているところは、(良くも悪くも、)身に覚えのある変動をしているハズ・・・。

増加要因、減少要因など、しっかり分析すれば1〜2年間のタイムラグはあるにせよ、
きっと数値に跳ね返ってくると思う。

連盟のお偉いさん、
既得権だけで、そこに居座るのではなく、
いっしょに知恵をしぼって、汗をかいてみよう!



saj東北

saj関東

saj中部

saj近畿

saj西日本
全体推移を相対的に比較できるよう、縦軸のスケールを合わした。
また、四国・九州地方については統計していない。


今季のアルペン登録者数 都道府県別 BIG-3
 東京・北海道・長野、
 続いて、新潟
 以下、グラフのとおり・・・
sajデータ2014
各連盟主催の公認大会(FIS,A・B・Cなど全て)のレース数(種目・カテゴリ毎)をプロットした。
関東の雪なし県では、東京・埼玉・神奈川など競技者数が多い割には、自前の公認大会数が少ない。
関東ブロックなど、ブロック単位で括っても大会の絶対数が少ない。
現状は甲信越ブロックや東北ブロックなどにお世話になって、参戦させていただいている状況。
また、首都圏エリアの選手は、冬休み期間が短く、雪休みなどもないため、
週末の大会に限られるケースが多いことも配慮しなくてはならない。
大会によっては、エントリーカットされるなど制限も多く、課題山積である。
このグラフのカーブに合うようなの登録者数の比率で、各連盟主催の大会を設定して欲しいところである。
たとえば、
西日本ブロックの大会を鳥取にて、ある程度カバーをしているケース(登録選手数より突出している)を参考に
関東ブロックでも群馬をはじめ、栃木、山梨の雪あり県と共催し、大会数増加の検討を願う次第である。


日本におけるアルペン競技人口の推移

日本列島、北から南まで夏!

今日は北から南まで広く真夏日を観測した。
札幌、旭川、網走で気温が30度に達し、真夏日となった。
札幌で5月に真夏日になるのは1967年以来、47年ぶり。
旭川は、2年連続で5月の真夏日。
そのほか、盛岡、金沢、佐賀、那覇で今年初の真夏日となり、全国的に夏を先取りした形となった。
この暑さは、この週末まで続く見込み。

201405291300-00

リゲティ、中国のファンをつくる・・・

『SHRED』の中国工場に訪れています。
Making ski fans in China.


image

『集中力』を高めるテクニック

簡単な方法で直ぐにできるのが『深呼吸』。
人間は緊張したり、プレッシャーを感じると、自然と呼吸が浅く、速くなっていくもの。
緊張をほぐし、リラックスして集中を高めるために『深呼吸』をして、気持ちを落ち着かせる。

このときにポイントになるのが「先に息を吐くこと」。
何も言わずに「深呼吸をしてみよう」と言うと、ほとんどの人が先に息を吸ってから吐こうとする。
しかし、緊張した状態で先に息を吸うと、よりプレッシャーを感じることになる。
何故なら、すでに呼吸が浅く、速くなっているところに、さらに息を吸おうとするので、
過呼吸のような状態になってしまう。

 まずは、口から息を細く、長く吐き出。
 「スーッ」と音をたてるように、ゆっくりと吐き切る。
 そして、鼻から息を吸い込む。
 次に、息を吸い込んだときの3倍以上の時間をかけて、ゆっくりと口から細く、長く吐き出す。
 このとき、ネガティブな気持ちやマイナス思考を吐き出すイメージを持つと良い。
 ゆっくりと深呼吸を繰り返すと、気持ちが落ち着いてくるはず。

注意したいのが、下を向いた状態で深呼吸をしないこと。
真っ直ぐ立ち、斜め上を見る。
人間は下を向くとマイナス思考になりやすく、胸郭が圧迫されるので呼吸が浅くなってしまう。
顔を上げて行うこと。

普段の練習のときから深呼吸を使い、呼吸で気持ちをコントロールできるようになると良い。

大会のときに、いきなりやろうと思っても難しいので、
練習試合のときから「集中力を高めるための使い方」として、
深呼吸するときの幾つかのパターンを決めておくと良い。

 リフトに乗っているとき・・・
 バックルを締めたあと・・・

何でもいいから、自分がいつも行う動作で落ち着くタイミングをみつけるとよい。


朝から試合のことばかりを考えていると、精神的に疲労し、本番を良い状態で迎えられないことがあるが、
人間の集中力は長時間続かない。
そのため、朝から集中を高めようと、肩肘張っていても仕方がない。

大切なのは気持ちの切り替え。
一流の選手たちは、試合の直前までニコニコ笑いながら、リラックスしている。
しかし、
ひとたび試合が始まると、抜群の集中力を発揮して最高のパフォーマンスを発揮する。

『笑顔』
笑顔を作ることでリラックスし、集中のオン・オフのスイッチを切り替えられる。
これが無意識に行えれば理想である。

コンパクトな屋内スキー場

オフシーズンの屋内練習場としていかがですか?







Skiplex

昔、Victoriaで体験した気がします。

日本におけるアルペン競技人口の推移と・・・

SAJ競技者登録数をデータバンクより過去7年分を抽出。
全体推移と年代(各カテゴリー)別に男女での傾向を調べた。


saj140527
・SAJ競技者登録の全体推移は、『2010/2011シーズン』以降ほぼ横ばい
・『2010/2011シーズン』で登録者数が、男女合わせて1000名程度が一気に増加している。
 これは、チルドレンカテゴリ(K1/K2)の競技が確立された年で、小学生世代の競技者登録が急増した。

saj140527編集
・全体のトレンドを追うため、小学生登録者数を除いてみると、年々減少していることがわかる。
・一方、絶対的な競技人口が増えたわけではないが、SAJとしては小学生から競技者を取り込むきっかけと
 なり、全体数の底上げにつながっている。

saj2014比率

saj2014カテゴリ別

・年代別で傾向をみると、総じて言えることは中学生がピークに高校、大学へと進学するに連れて
 競技者人口が減っている。
・競技人口の多い、中学生世代が男女共、年々減少していることがわかる。
・高校生世代は、過去からの大きなトレンドの変化は見られない。
 背景には、高校での部活動として競技スキーを行なっている。
 そのための学校や他での練習や大会サポートの受け入れ環境があることが伺える。
大学生は、女子より男子の減少が著しく、意外であった。
 これは、経済面、大学卒業後の就職なども影響しているのかもしれない。
 但し、女子の場合、大学への進学を機に引退者が多く、絶対的な競技者数が少なくなる傾向は
 過去から変わらない。
・2013/2014シーズンからFISルール改正によるGS板の規格が大きく変わり、競技者数が激減したか
 と思えたが、大きな変化は見られない。
一般競技者は増加傾向にある。
 これは単に若年層の人口が増えずに、各年代がそのまま年齢と共に上がる傾向を示しているのかも
 しれない。
saj140527m

saj140527w


・加盟団体別(学連登録を除く)で調べると、東京は年々の増加傾向が顕著。
東京が北海道・長野を超える競技者人口を抱える今、選手の技術レベルの幅は大きいとはいえ、
 都連主催のSAJおよびFIS公認大会を増やすべきだと思う。
・SATもジュニア強化を数年前から行い、選手層を厚くし、レベルの底上げの努力の結果ともいえるが、
 一方で、この競技人口の急増に対しては、後手になっている部分もあり、課題も多い。

saj140527連盟別


ちなみに
スノースポーツ(SAJ管轄)を資金面で支えているのは、アルペン競技の選手登録費などからなる。
全体の6割(今年度)を占めるにもかかわらず、
その恩恵が選手たちに、まわらないのは如何なものか?
(女子選手の場合は7割。また、全競技者数の底上げもALの小学生登録による)


SAJ140528001

SAJ140528002
AL:アルペン、CC:クロカン、FS:フリースタイル、JP:ジャンプ、SB:スノーボード

さらにいえば、
SAJ一般会員を含めると、その殆どが基礎スキーヤーであることから、
現在、オリンピックやW杯で活躍するアルペン以外のスノースポーツ選手強化費および遠征費は、
それらから賄っていることになる。

「故郷納税」ではないが、少なくともSAJ会員登録費の一般2000円のうち、
半額は応援する競技に使われるしくみにするなど、
もう少し、アルペン選手への資金流入を今の成績のみでなく、
育成強化のために、投資してもらいたいものである。



To be Continue
2014/05/29 13:00更新(グラフ追加)

ランクル70 再発売

トヨタ自動車が、2004年に国内販売を終了したスポーツタイプ多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の70系(通称ランクル70)を8月にも再発売することが26日、分かった。10年前に発売を終えた車種が復活するのは極めて異例。ランドクルーザーは四輪駆動車の代名詞とされ、自然環境の厳しい地域を中心に高い支持を得ている。トヨタ車の中で最も歴史が古く、1951年に初代を発売。最新モデルは2007年発売の200系で、国内外で販売している。ランクル70は、悪路での高い走行性能や直線基調の武骨なデザインが魅力とされ、現在も自動車愛好家の間で人気が高い。84年の発売から今年で30周年の節目を迎えることから再販売を決めた。

【基本スペック(推定)】
 ・V6 4.0L(ハイオク)
 ・MT仕様
 ・パートタイム4WD
 ・前後リジットサスペンション
 ・4ドアバンと4ドアピックアップの2種類のみ
8月25日プレスリリース
翌年6月30日までの限定販売

ランクル70

ランクル701




テクノロジー企業と化す、スポーツ用品メーカー


アディダス、脅威のシューズ開発現場
いまや、テクノロジー企業へと変貌を遂げた
今やスポーツ用品の開発とテクノロジーは不可分だ。
中でも注目がアディダス。
もはや、IT企業顔負けのテクノロジを有す。
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報