クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2014年04月

マウンテン・スノーライダー、アクセル・ルンド・スピンダル

Ted Ligety’s Story

来季はHEROシリーズで躍進!

マリアとジェシカ、W杯GS女子2・3位 ロシニョールチーム・スウェーデン
来季も乞うご期待!


140430301

R35HERO、R30HEROとも、扱いやすいスキーとなっているようです。
今季、女子選手は、スウェーデンをはじめ、カナダ、スイスなどの選手が活躍しました。
来季は、オーストリア女子選手も履きますし、
男子選手も高速系から技術系まで、つぶ揃いで好成績に期待が持てそうです。

Skutskjutet Are

EPi7PageFiles-2055442852-Skutskjutet

php

Skutskjutetはシーズンで最もエキサイティングなダウンヒルレース。
このレースは、3歳の子供から老若男女の全ての人が楽しんで参加できる世界最大のダウンヒルレースです。
25種類のカテゴリがあり、タイムを競うクラスから単に愛好家としての楽しむことも可能です。
子供たちにはレース後、お菓子やホットドック、ポニー乗馬、フェイスペインティングなどお楽しみがいっぱいです。

Skutskjutsbana_liten

904
900
901
903


マルクス・ラルソン in Japn

17日、18日に行われたロシニョールスプリングフェスティバルでのマルクス・ラルソンのレッスン、ファンサービスのシーンです。一生懸命さが伝わってきますね!

140418702
140418703

140418701140418704

Big Sky Resort Pond Skim 2014

この時期ならではの面白イベントですね!

140429001

GW後半、晴れの日多い

気象庁は29日、GW後半(4月30日〜5月6日)の天気予報を発表した。

関東甲信地方は、高気圧に覆われて晴れる日もあるが、気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、30日〜5月1日にかけては大雨のおそれがある。
最高気温・最低気温ともに、明日30日や6日ごろに平年より低くなる所もあるが、平年並か平年より高い日が多い見込み。

2014GWnagano

Dr.ジム・テイラー氏によるオフシーズンへのアドバイス

Dr.ジム・テイラー氏は、選手の能力を最大化し、目標を達成するためのコンサルティングを行っている。

In Ski Racing, Next Season Starts…NOW!
(競技の世界では、次のシーズン向かうのは・・・今でしょ!)



Ski Racing Imagery: Your Most Powerful Mental Tool
(レーシングイメージを描くことは、あなたの最も強力なメンタルツール)




長文なので、翻訳は省略します。
Webサイトにリンクしていますので、翻訳サイトで自動翻訳しても大体の内容を掴むことができます。

エベレストのシェルパ、今季終了

 エベレストで過去最多の死者数を出した事故の発生から1週間が経ち、ネパール側の登山シーズンは幕を閉じた。シェルパ、登山客、他のガイドは荷物をまとめ、嘆息、怒り、破れた夢とともに帰路についた。

 4月18日、建物ほどの大きさの氷塊がシェルパ16名の命を奪った。うち13名の遺体が回収され、残る3名は山に葬られている。先週に入って再び氷の崩壊が起こり、新たな雪崩がネパール側のエベレスト登山を中止に追い込んだとも伝えられている。

 しかし、登山隊アルペングロー(Alpenglow)の隊長エイドリアン・バリンジャー(Adrian Ballinger)氏は、「それはばかげている」と主張する。同氏によれば、クーンブ・アイスフォールでの雪崩は「どのシーズンでも日常茶飯事だ」という。「雪崩や氷の崩落の頻度や規模が今シーズン特に多いとは感じていないし、シェルパからもそういった声は聞かれない」。

◆変化する気象条件
 しかし、気候全体が徐々に変化しているのは明らかだ。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によれば、世界の平均気温は過去1世紀で約0.56度上昇しており、ヒマラヤでの気温上昇はその3倍に上るとの研究報告もある。
 ヒマラヤ氷河のマッピングプロジェクトを率いるアリゾナ大学の水文学者ジェフ・カーゲル(Jeff Kargel)氏は24日、「氷河は変わりつつあり、危険性も変化している」とAP通信に語った。


イモトアヤコさん率いる登山隊(イッテQ登山部)も今季の登頂を断念した。
日テレからは、
「今日の段階で最終決定が下された。訓練をして準備を進めていたが、18日にシェルパが雪崩の事故にあって亡くなった。各国からを情報収集して検証した結果、今年は断念することに決めた」とコメント。「世界各国の(登山)隊を見ての判断。主要な隊が引き揚げていると聞いている。主要な隊が協力して決めるので、主要な隊が断念すると、難しくなる」との判断。続きを読む

マリア・H‐リーシュを祝う会

5月1日、彼女の実家のあるガルミッシュ・パルテンキルヘンでは町をあげてレセプションが行われます。

140428111

昨晩、日野・八王子などで大規模停電

 27日夜、東京多摩地区の八王子市などに発生した大規模停電は、多摩、日野、町田と計4市の約30万1000世帯におよんだ。

 東京電力によると、27日午後8時25分頃に停電が発生。八王子市約25万3000世帯、多摩市約3万5000世帯、日野市約1万世帯、町田市約3000世帯が被害を受けた。停電は徐々に復旧。同日午後11時すぎ、全ての地域で復旧した。
 原因について、「南多摩変電所(八王子市石川町)内の開閉器の設備トラブルで詳細は調査中」としている。開閉器とは、電気設備の点検などのために電気を切り替えるスイッチ。同変電所では、2010年11月にもシステムトラブルが起き、当時は八王子、日野、町田、多摩各市の約25万8000世帯で停電した。

我が家の地域は、停電の影響はなく、平穏でした。続きを読む

Ted Ligety Giant Slalom 

おさらいの意味で再掲載します。




そして、
道具はいつも大切に扱いたいですね!


ブーツチューンでバランスアップを

ブーツで変わるパフォーマンス』  スキーブーツチューンナッパー・広瀬勇人 氏

15年間、スキーブーツのチューンナップを手掛けてきた広瀬勇人の言葉を聞いて、はたとヒザを打った。スキー競技において、“チューンナップ”と言えば、おそらく大半の人がスキー板のことを想像するだろう。しかし、何か忘れていはしまいか。スキーヤーの身体とスキー板をつなげているもの――そう、スキーブーツである。このブーツにおけるチューンナップを重視する日本人スキーヤーはそう多くはいない。だが、広瀬は言う。「スキーヤーの能力とスキー板の性能を引き出すのがスキーブーツ」だと。たかがブーツではないのだ。

続きを読む

野沢温泉 3日〜6日、 運行開始を30分繰り上げ

5月3日(土)〜6日(火・祝)の4日間、リフト・ゴンドラリフトの運行開始時刻を30分繰り上げて営業。

◆ 長坂ゴンドラリフト 運行開始時刻 8:10〜


live3

東京都春高スキー大会 (27日)

b1771165.jpg

8e89dd56.jpg


米国ジュニア世代、競技人口が激減

ビル・ Gunesch 氏(米国)の提言・・・

ここ1〜2年で米国のジュニア世代の競技人口(登録者ベース)が30%というレベルで激減している。
1404262011

1404262012


•どうすれば我々のスポーツは、オリンピックやワールドカップで活躍するために若い選手たちへ目標や夢を語ることができるか?
・若い選手が楽しみ方の不足や限られた機会、コストがかかる中、我々のスポーツを行うための理由づけは何か?
・なぜ、 NCAAでのレースにUSSAが公式チャンネル認定されないのか?
・多くの活躍するUSSA選手は、大学に在籍しているが、なぜUSCSAの大学組織とUSSAがうまく連携していないのか?
・さらにはUSSAと高校リーグとの連携を備え、系統的な育成、レベル昇格のしくみが確立できていない。



どこかの国とよく似ています。

テッドやシフリン・・・、ほかにも多くのアルペンスターがいる米国ですら、こんな状況です。

我が国も他人事ではないと思います。
特に女子選手は、ここ数年で明らかに激減しているのが、各大会エントリー数などから実感できます。

何をすれば、よいのでしょうか?




ビル・ Gunesch :
 現在PNSA副社長で、25年間にわたりMt.フードスキー教育財団ディレクターを務める。
 FIS技術代表、米国スキーチームのワールドカップとオリンピックコーチ( 1986〜1988 )
 USSA西部アルペン競技委員会の元会長。



Todd Jones’ letter to the editor, “Dollars and Sense,” in Issue 11 of Ski Racing Magazine resonated with me as a lifelong member of the ski racing community. He brings to focus one of the major problems facing our sport: the cost for young ski racers to follow their dreams as they progress to higher levels of competition. Like Todd, I love the sport of alpine ski racing. It has been my lifelong career and passion, and I am very concerned about its future.

Our sport faces several challenges, including cost, opportunity and a rapidly shrinking number of Junior athletes, and I’m saddened that USSA seems to ignore these problems, and in fact, often contributes to them.

The limiting financial cost of ski racing may reflect a more fundamental problem resulting from USSA’s emphasis and focus on just the elite few. Only a very small fraction of a percent of our nation’s racers will compete on the national team in any given year, yet every year thousands of young skiers work very hard to achieve their goals and dreams.

We are all very proud of our national team and are thrilled by the individual medals and globes. We all want to be “Best in the World,” but maybe this slogan can be measured by more than just Olympic podiums.

Here’s an example of the swelling elitist attitude and growing exclusiveness –

Early last fall USSA realized, albeit late, that the 2013-14 season would finally advance young racers to the next age class for the first time since the recent change, and there was no mechanism in place to identify the top 13 year olds who would be U16s the following year. So they decided to add a select group of second-year U14s to the 2014 National U16 Championships. This decision was made in the fall of 2013 after every state, division and region had already set its calendar and schedule in place.

I believe USSA made this decision for two reasons. First, the newly created National Training Group (NTG) recognizes the U16 age group. USSA likely wanted to identify top second-year U14s to name to the NTG next season. Second, the USSA TEAM Academy admits U16 athletes and has an impetus to recruit second-year U14s for the following year as well.

To facilitate the selection for next year’s NTG and to identify a list of new recruits for the Academy, a quota was created for second-year U14s (13 year olds) to a national championship event. Five spots for girls and five spots for boys were allotted to each of the three USSA regions: East, Rocky/Central and West. The Western Region had no space in its calendar to add a special selection event to determine its participants this past season. Therefore, each of the five divisions in the West were given a quota of one male and one female and asked to use their existing race calendars to identify their top 13-year-old girl and boy.

The Pacific Northwest (PNSA) discussed these single quota spots at several levels, including the Alpine Competition Committee and board of directors. In the end, PNSA decided not to fill its quota spots and not send any U14 athletes to the U16 National Championship.

PNSA’s decision was based on a few principles. First, this age is too young to send to a national championship; they haven’t even competed at a regional championship at this point. The risk of giving the wrong impression to one single girl and one single boy was not worth the benefit. (This principle was supported nationally a few years ago when USSA decided to stop sending teams of young racers to Topolino and Whistler Cup.)

Second, PNSA believed that selecting a single athlete of this age from a single weekend of qualification racing was inherently flawed. For every winner on a certain day, there are several other young racers who could have won. PNSA would be sending the wrong message to all those young U14 racers who did not receive the single selection spot to the U16 National Championship. Let’s keep kids in the sport!

The first response from USSA, once hearing of the PNSA decision, was not to phone PNSA leadership to discuss what might be best for the athletes, or to ask how USSA could help with the selection and still address PNSA’s concerns. No, the national governing body’s response can be summarized by the following remarks from a member of the USSA leadership directed at our divisional president:

“We (USSA) will pick your athlete for you.”

“We (USSA) are responsible for athlete development and know what is best.”

In the end, after some stalemate, the USSA Western Region agreed to honor PNSA’s decision. Unfortunately, this agreement was not born from mutual understanding, but from other political pressures. PNSA did send several U16 athletes to the championship, and as suspected the parents of one standout PNSA female were encouraged by USSA staff to consider enrolling their daughter in the TEAM Academy for next year.

USSA wants to know who is fastest at every age, identifying those young athletes and inviting the elite few to “special” projects and opportunities. This is exclusive and expensive, and when the selection process is perceived to be unfair, sends a damaging message to many other talented young racers. Why would we limit our choices to such a small pool of talent? With this system in place, even Ted Ligety, who to this day talks about being a late bloomer in the sport, may never have been identified for his now obvious abilities.

USSA already struggles with a declining membership base, and selections like these further alienate young athletes from the sport by picking and choosing the so-called very best and offering them access to elite track opportunities at the U14 level. If you haven’t been selected to a USSA project by the time you’re 14, why even continue to ski race? Why should mom and dad keep paying for the expensive sport?

Today, the number of FIS-age Juniors has dropped dramatically, and our race field sizes have shrunk so much that some events are being canceled. We’re not alone. In Canada, British Columbia and Alberta have fewer than 200 FIS athletes between both provinces. Youth sport participation in the U.S. is on the decline in all major team sports including basketball, baseball, football, and soccer, though none are dropping as drastically as USSA memberships.

Since 2012, the final season of the JO age classes, the number of active FIS-age Juniors has dropped by nearly 30%. But even more startling and disturbing is the drop in active participation from the 2012 number of J3 athletes to the number of U16 athletes this year: roughly 28%!

Even before the first season of the shift in age classes, USSA realized they were losing Competitor License revenue from the 13-year-old age group. U14 athletes (J4 athletes one year older) up to this point had only purchased a Youth License. USSA decided to offer this age group the Competitor License, and some parents, feeling obliged, purchased the license for their 12- or 13-year-old racer. Almost 600 Competitor Licenses were sold to U14s in 2014, and if history plays out, this number will grow.

Now, even younger racers are entering USSA-scored events. Several divisions in the West placed restrictions on the U14 age group, limiting the number of starts, hoping to discourage point chasing while continuing to promote local racing and skill development. I argued with the USSA Western Region many times that the age change would hurt our sport. But like everyone else, I was told the age change would be good for the sport because it would slow down the desire to quickly advance young kids to higher competitive levels, leaving more time for them to stay local and develop their skiing and racing skills. I wanted to believe, but the evidence is already pointing to the contrary.

A lot has been written and discussed in recent months about USSA and where it appears to be heading. I encourage coaches, athletes, parents, and industry members to share their constructive thoughts. If fundamental change is needed, now is the time. USSA has new leadership at the top.

Here is some food for thought. Can anyone answer these questions?
•How can our sport offer other goals and dreams to young athletes beside the Olympic and World Cup dream?
•What are the fundamental reasons young athletes leave our sport: cost, limited opportunity, lack of fun, etc.?
•Why is NCAA racing not recognized as an official channel of the USSA development pipeline?
•Why is the USCSA collegiate circuit independent of USSA when so many USSA athletes could have the opportunity to attend college and continue enjoying our sport on the club level?
•Can USSA offer a convincing reason for existing high school leagues nationwide to join in order to increase membership and participation outside of the most elite track?

Share your thoughts, concerns, ideas and solutions.

J・マンキューソ、新しいブーツの感触確めたい!

海でバカンスを楽しんでいたかと思えば、もう、雪の上に立っているようです。
来季に向け、始動開始!


805701

Back in the boots!!!
Can't wait to try out my new moves tomorrow!

Its time to embrace the spring, and start fresh.
I am going back skiing tomorrow and so excited to see what I can do this summer to continue my journey of doing my best!
Let the sun shine on your strengths, and pick up those weaknesses.

Tina Weirather ラリーカーに初めて乗る

805601

805602

RACE FEST 3.0 Annaberg‐Lungotz

ヒルシャの地元で、彼の今季の活躍を祝いました!

この時期、涼しくて一番いい時期とのこと。

80501

80502

80503

80504

80505

80506

カナダのダウンヒラー ジョン・クセラ 現役引退しコーチに

Canadian speed ace Kucera retires to start coaching career
1404261001

29歳の彼のキャリアを活かして、カナダ・ナショナルチームの高速系選手の育成を強化
John Kucera, who made history when he became the first Canadian man to be crowned world downhill champion, has retired from ski racing to pursue a new career as a coach with the national development team.



彼と彼の両親は非常に苦労した末、今の地位があるようです。
両親は1981年に旧チェコスロバキアからカナダに移住し、彼の父はスキーパトロールなどをしていた。
クセラは、スキーレーサーになるという夢を追い、そのために両親はレースをする機会を与えるために懸命に働いたそうだ。
その後、成功を収めるが、ケガや病気にも悩まされてきた。
努力といろいろな経験を持つクセラは、きっと若手選手に良い影響を与えるにちがいない・・・
第55回全国中学校 スキー大会
poster


http://www.55zenchuskikazuno.com/index.html

2月9日(金) 男女スラローム

2月10日(土) 男子ジャイアントスラローム

2月11日(日) 女子ジャイアントスラローム

競技会場:秋田県・花輪スキー場
第73回国民体育大会冬季大会スキー競技会
img_poster

会場:赤倉観光リゾートスキー場
日程:2月25日(日)〜28日(水)
 25日 開会式
 26日 成年男子A、成年女子A、成年男子B
 27日 成年男子C、成年女子B、少年女子
 28日 少年男子


「にいがた妙高はね馬国体」 ホームページ
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報