私は南チロルの小さなアカデミーと、コーチ教育に関するヨーロッパネットワークを共同で運営していますが、COVIDのクレイジーな年に、私たち家族はロッキー山脈でシーズンを過ごすことになりました。これは、数年前に東海岸で2回行った後、アメリカで3回目のシーズンとなります。時差はもちろんのこと、2つの異なる世界をまたいで仕事をするのはとても興味深いことです。アメリカでアルペンスキーレースがヨーロッパに比べて人気がない理由は、この経験を比較することでわかるかもしれません。例えば、コロラド州と南チロル州を比較してみましょう。コロラド州の人口(500万人)は、南チロル州の人口(50万人)の10倍ですが、スキーレーサーの数はほぼ同じです。

レース費用はよく知られた障壁です。チームフィー、レースフィー、機材、チューニングなどを考えると、シーズンにかかる費用は、イタリアで通常かかる費用の5〜6倍になります。しかし、アメリカは一般的に物価が高く、賃金も高いため、スキーレースの費用はアメリカの方が高いと言っても過言ではありませんが、指数関数的に高いわけではありません。

スキー文化は、より適切な説明です。アルペンスキーがロッキー山脈で開発されたのは、アルプス山脈の南側と同じ時期で、1900年代初頭のことです。しかし、イタリアでは今日、アルペンスキーが人気のスポーツとなっています。あらゆる予算に応じたオプションがあり、冬に雪上で過ごす1週間は、夏のビーチと同じくらい重要だと考えられています。グスタフ・トーニ、アルベルト・トンバ、デボラ・コンパニョーニ、ソフィア・ゴッジャといったチャンピオンがアルペンスキーの人気に貢献したのは確かです。しかし、アメリカでは刺激的なレーサーが後を絶ちません。例えば、リンゼイ・ボンとミカエラ・シフリンは世界的なイコンである。しかし、アメリカのスキーは依然としてエリートスポーツです。

アメリカのスキー場の経済モデルは、一般の観光客には厳しいものがある。一日券の値段は高く、レッスン料も高い。ほとんどのスキー場は企業が所有しており、その企業が駐車場、ホテル、アパート、ゲレンデ内のレストラン、さらにはショップも所有していて、地元の小さな独占企業や寡占企業を生み出しています。私たちのスキー場であるドロミティ・スーパースキーは、約1,500マイルのゲレンデが連なっていますが、これは協同組合であり、ゲレンデを所有している農家に賃料を支払い、通行量に応じて利益を分配しています。私たちがデリカテッセンを食べるために立ち寄るゲレンデの山小屋は、すべて個人で経営されている。ホテルやアパートも同様である。その結果、以前は貧しかった地域が調和的に発展しているのです。欧州連合の助成金のおかげで、スキーレースと観光、そして持続可能な経済発展の関係を示すことができました。アメリカでは、このような好循環は存在しません。スキータウンは余裕のある一部の幸せな人々のためのものであり、周辺地域はしばしば貧しく未発達なのです。つまり、イタリアでは山岳観光が地元の人々に利益をもたらしているのに対し、アメリカでは山岳観光が地元の人々に利益をもたらしているのです。つまり、イタリアでは山岳観光は地域住民に利益をもたらしますが、アメリカでは逆の効果をもたらすことが多いのです。

もう1つのスキー文化に関する問題は、次のような質問に対する答えです。なぜスキーレースなのか?屋外でスポーツをすることのメリットは、他の多くの(安価な)スポーツにも共通しているので、この変数は分析から除外します。

アメリカでは、コーチも親も、最終的なチャンピオンを育てることが主な目的です。アメリカでは、コーチも親も、最終的なチャンピオンを育てることが主な目的であり、ごく一部の好ましい例外を除いて、トレーニングやレースは量を重視し、適者が生き残り、最終的に成功するという前提で行われています。より短く、より簡単にターンできるスキーなどの近道は、親が切望するメダルを与えるという目的のために使われる。極端な例では、LTDAプログレッションが「ミニマムコーチング」に変換されている場合もあります。つまり、最高の選手が最終的には理解するだろうという前提で、ほとんど何のフィードバックもなく、延々とラップを続けるのです。

イタリアでは、チャンピオンは最終的なものであるという事実を受け入れています。アルペンスキーレースは、しゃっくりの多い長い道のりです。もちろん、選手が優れた成績を収めるために必要なものを提供していますし、常に選手がナショナルチームに供給されていることからも、私たちはそれを正しく行っていると言えます。私たちが初めてEUプログラムに参加し、アカデミーを設立したとき、私たちの目標はまさにアスリートを継続させる方法を見つけることでした。革新的なコーチングと、(FISレースに比べて)それほど集中的ではないペースでスキーを続けたい人のための新しいトレーニングプログラムにより、3年連続で定着率100%を達成することができました。これは、トポリーノとピノキオで金メダルを獲得したデビッド・カストルンガー選手、ヨーロッパカップで優勝したハンネス・ジンガーレ選手、ワールドカップまでに獲得したすべての表彰台やポイントと並んで、私たちにとって最も重要な勝利であると考えています。

私たちのところに来るアメリカ人選手は、FISのポイントにこだわってストレスを感じていることが多いです。ヨーロッパの方がポイントが低いと思っているのです。確かにそうなのですが、それは一般的なレベルが高いからです。疲れてターンができなくなってもゲートにこだわる彼らに、ポイントを下げるためには、元中大ヘッドコーチのリチャード・ロコス氏の言葉を借りれば、質の高いトレーニングと休息の絶妙なバランスから得られる上達が鍵であることを理解してもらうことが、私たちの最初の課題です。イタリアに到着したとき、彼らはスキーを楽しむことすらできないことが多いのです。ほとんどノンストップでトレーニングを行い、楽しみながらフリースキーをすることはほとんどありません。ほとんどノンストップでトレーニングを行い、フリーで滑って楽しむということはほとんどありませんでした。彼らが心を解き放ち、スキーやスキーレースの楽しさを理解するには、いつもしばらく時間がかかります。

ここでも、スキー場の経済モデルの違いが原因のひとつとなっています。イタリアでは、スキーレーサーは皆、スキーインストラクターになり、最終的にはスキーコーチになることを目標にしている。イタリアでは、スキーレーサーは皆、インストラクターになり、最終的にはコーチになることを目標にしています。アメリカの一流リゾート地でも無資格のインストラクターがいますが(このような現象が蔓延しているのは、賃金を低く抑えるための戦略だと思われます)、ヨーロッパでは無資格のインストラクターは存在しません。いわゆるユーロテスト(事実上のペースレース)では、レース経験がないと認定を受けるのは非常に難しく、これが私たちがアスリートを成人するまで継続的に指導する理由のひとつとなっています。だからこそ、私たちは基礎を重視し、ただ速いだけではなく、技術的に優れたスキーを選手に教えることに力を入れているのです。優れたスキーヤーは、やがて速くなる可能性があります。スキーインストラクターになることは重要な業績であり、それに応じて祝福されます。インストラクターの給料は高く(授業料はアメリカよりはるかに安いのに)、観光客は自分のスキーや子供のスキーを上達させることに誇りを持っています。

言い換えれば。米国では、ナショナルチームやカレッジチームに入れなかったアスリートは、長年の努力と手段を「無駄にした」ことになります。また、アメリカのスキーチームに入った選手でも、レースに出るためには多額の費用を自己負担しなければなりません。イタリアでは、アスリートは一般的に陸軍のスポーツチーム(いわゆるGruppi Sportivi)のいずれかに有給で長期的に所属することになっていますが、ほぼすべてのアスリートのキャリアは、貴重なプロのツールを手に入れることで終わります。それが本業になるか、勉強やプロとしての活動をしながらのパートタイムになるかは、あまり重要ではありません。重要なのは、チャンピオンになろうがなるまいが、スキーレースには常にWin-Winの関係があるということです。アメリカにはそれがない。だからこそ、表彰台に立つことが重要なのだが、最終的に表彰台に立てるのは3人のアスリートだけなのだから......。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。