ソチ/サースフェー - ロシアのスキーレーサーたちは、来るべき2021/22年冬のオリンピックに向けて、全力で準備を進めています。彼女たちは、ソチのオリンピック基地で数日間の合宿を行いましたが、現地を離れたのはほんのわずかでした。7月末にはコーチと一緒に2014年のオリンピック都市に戻り、引き続き体格を鍛えることになります。

アレクサンドラ・ナメストニコワとアレクセイ・ゴルラチョフに鍛えられたユリア・プレシコワ、エカテリーナ・トカチェンコ、アナスタシア・ゴルノスタエワ、ポリーナ・メルニコワ、ヤロスラバ・ポポワは、健康を満喫している。オーストリアで働いていた男性は、後輩と一緒にスイスに移動しました。彼らはサースフェーにトレーニング用のテントを張った。このユニットは今月末まで続き、その後しばらくお休みする予定です。

さらなる計画はこれからです。多くのヨーロッパ諸国と同様、スボルナヤも南米でのトレーニングが可能かどうかの最終決定を待っている。チリとアルゼンチンのコロナの状況はまだ複雑だ。よく知られているように、多くのヨーロッパのアスリートは、南国のホームグラウンドである冬のコンディションを利用して、スキーワールドカップシーズンに備えます。昨年はCOVID19の影響でこの合宿が中止になりました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。