クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2013年08月

ボン、復帰に向けトレーニング開始 (記事)

 米国スキー&スノーボード協会(United States Ski and Snowboard Association、USSA)は28日、けがで戦列を離れていた女子アルペンスキーのリンゼイ・ボン(Lindsey Vonn)が近々行われる米国スキーチームのトレーニングキャンプに参加することを明らかにした。

 また、ボン本人も地元紙デンバー・ポスト(Denver Post)に、医者からトレーニング再開の許可が出たことを伝えている。

1308302121 通算4度のW杯総合優勝を誇り、これまでに世界選手権で2つ、2010年バンクーバー冬季五輪で1つの金メダルに輝いているボンは、今年2月に開催されたアルペンスキー世界選手権2013(2013 FIS Alpine World Ski Championships)での事故で右膝の前十字靱帯と内側側副靱帯を断裂。膝の再建手術を受け、6か月間の療養を強いられていた。

 しかし米コロラド(Colorado)州のベイル(Vail)で練習を行ったボンは28日、同紙の取材に対しチリのポルティージョ(Portillo)で始まる米国チームのキャンプで本格的なスキートレーニングを再開すると話した。

 2月に手術を執刀した医者が膝の経過を観察しながら、ボンはトレーニングに参加するという。

 ボンは、米ビーバークリーク(Beaver Creek)で開催される12月のアルペンスキーW杯大会での復帰を目指しており、2月7日に開幕する2014年ソチ冬季五輪までには完全復活を遂げることを願っている。

 米国の元スピードスキー選手ピカボ ・ストリート(Picabo Street)氏は、かつて同様の膝の再建手術を受けたが、その次のシーズンに開催された1998年長野五輪では金メダルを獲得した。
(AFP)

バックビルディング現象

 今月9日に秋田、岩手両県を襲った豪雨は、同じ場所で積乱雲が繰り返し発生する「バックビルディング」と呼ばれる現象が原因だったことが、気象庁気象研究所の調査でわかった。

20130829-445768-1-N 梅雨に大雨をもたらすほどの大量の水蒸気を含んだ暖かく湿った空気が東北北部まで北上し、積乱雲が発生。こうしたケースは珍しく、同研究所は「日本海の海面水温が平年より1〜2度高く、海に水蒸気を奪われなかったため」と分析している。

 同研究所によると、今回の豪雨では、風上にあたる秋田県の日本海側の山地で次々に積乱雲が発生。風で東に流されて連なり、東西約100キロにわたって強い雨を降らせる帯状の降水帯が2本形成された。これにより、1日に300ミリ近い雨が降った。

 これらの積乱雲は、大量の水蒸気を含む湿った空気が山陰沖から日本海上を北上し、山地にぶつかって上昇することで生じたという。
(読売新聞)

元モーグル選手の橋本さんピザ店を開業 (記事)

 北海道豊浦町東雲町の国道37号沿いに、有珠山の溶岩プレートで焼く「ジオパークピザ」を売りにした、石窯ピザの店が開店準備中だ。10年前、フリースタイルスキー競技者の道から、料理の世界に飛び込んだ店主は「地元の人が気軽に集まる店にしたい」と意気込んでいる。

20130831m07 店主は神奈川県出身で、豊浦郵便局の元局員、橋本光快さん(39)。29歳までモーグルの選手として活動後、けがを機に第一線を退いた。「結婚も重なり、安定した仕事に就かなければ」と郵便局に就職したが、競技生活中に飲食店で働いた経験から料理人への憧れが強くなり、同局を2年で退職。31歳から6年間、洞爺湖町の有名店「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」で修業を積んだ。

 その後も2年半にわたり、札幌・円山のフレンチレストランなどで腕を磨き、独立を考えていた昨年暮れ、豊浦町内で店舗物件が見つかり「環境が良くて、10年以上お世話になった豊浦で店を出したい」と決意。5月から開店準備に取り掛かっている。

 外装を塗り替え、内装は元大工の友人の手も借りながら、妻・早苗さん(33)とほぼ2人で改修。カウンター含め客席は20席ほど。店の顔となる石窯は、炉床に有珠山の溶岩石から切り出したプレートを使い、「豊浦の食材をメーンに、ジオパークを意識した」ピザを考えている。

 店名は、趣味のサーフィンと「誰もが知っていて覚えやすい」という理由で「namihey pizza(なみへいぴざ)」にした。消防と保健所の検査を経て、9月中ごろのオープンを目指している。

 溶岩プレートを使い、地元食材にこだわったジオパークピザを常時提供するのは今のところ、伊達市大滝区の道の駅フォーレスト276大滝のみ。食を通じた活性化に力を入れる洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会は、「ジオの恵みを広く発信してほしい」と橋本さんに期待を寄せている。

雲上の研究者活気 富士山測候所 (記事)

◆立地条件生かし調査や実験

PK2013083002100035_size0 世界文化遺産に登録された富士山。その頂には登山客だけでなく、標高三、七七六メートルの立地条件を生かし、七、八月の二カ月間、さまざまな調査や実験にいそしむ研究者の姿がある。国内最高峰の地に立つ富士山測候所を舞台に繰り広げられる研究の今を見た。

 八月下旬の早朝。測候所の中に足を踏み入れると、登山客でにぎやかな外とは打って変わって落ち着いた時間が流れていた。精密な機器が発する熱で、室内の温度は二六〜二七度。外より二〇度以上暖かい。寝室には簡易ベッドが並び、最先端の研究室というより、極地の合宿所という雰囲気だ。

PK2013083002100034_size0 内部を案内してくれたのは、NPO法人「富士山測候所を活用する会」理事長の畠山史郎・東京農工大教授(大気科学)。研究対象は大気中の微粒子。パイプで外気を取り込み、毎日午前六時と午後六時の二回、フィルターを取り換えて観測機器で微粒子を調べている。今春話題になったPM2・5のように、東アジア諸国から西風に乗って流れてくる汚染物質のデータ収集が目的だ。

 気圧の低い地点でも機能するポンプを用意するなど、研究には高地特有の準備が欠かせない。「何回登っても慣れることはない」という高山病対策も課題だ。血中酸素濃度を測って体調に気を付けながら研究に取り組むが、苦労が大きい分その成果は貴重だ。

 同会が測候所を気象庁から借用し山頂で研究を始めたのは二〇〇七年。一三年一月時点で、大気科学や宇宙線科学、高所医学などの分野で計三十三本の論文を発表。国際的な学会誌にも掲載され、国内の学会誌でも紹介された。今夏は大河内博早稲田大教授ら大学や民間企業など十五グループの研究者らが食品科学や高所医学、放射線、教育と幅広い研究を行った。

PK2013083002100033_size0 取材を終えて下山準備を始めた正午前。奥の部屋がにわかに騒がしくなった。鹿児島・桜島の噴火の影響を受け、富士山頂の大気中の二酸化硫黄の濃度が上昇したようだ。畠山教授は「二酸化硫黄だけでなく、他の物質にも変化があるかもしれない。他の研究にも生かせる発見です」と声を弾ませた。

 NPO理事の土器屋由紀子・江戸川大名誉教授(農学)によると、一三年度は三井物産など大企業が提供する環境基金から約一千万円の助成を受けた。だが、NPOの年間運営費は約二千五百万円。山頂での生活を支える登山家を雇う人件費や研究資機材の運搬費、送電線の保全費は削れない。今夏の研究期間は例年より一週間ほど短くせざるを得なかった。

 財政状況は厳しいが測候所の有効活用の夢は広がる。ネパール、台湾、ハワイの山岳研究施設との共同調査や、通年観測による越境大気汚染の解明は、世界における新たな測候所の役割を生む。頂に立つ登山客が毎朝入れ替わる中、研究者たちは測候所の中で日夜、地道に研究を続けている。
(中日新聞)

US Ski Team athletes at the Shotover Canyon Swing in New Zealand (USSA Network)


US Ski Team athletes take a break from training in Queenstown, New Zealand at the Shotover Canyon Swing aka The World's Highest Cliff Jump.
109m High / 60m Freefall / 200m Swing
Starring: Adam Cole, Ted Ligety, Colby Granstrom, Kieffer Christianson, Robby Kelley, Will Gregorak, Nolan Kasper

元スキーヤー遠藤が11位発進 男子ゴルフ

 プロ7年目でノーシードの遠藤彰(34=新進加工)がツアー通算28戦目でベスト発進となる11位につけた。

 5バーディー、2ボギーの69を「上出来です。朝イチでOKバーディーが来たんで波に乗れました」と笑顔で振り返った。

 山形県出身。かつてはアルペンスキーで五輪を目指したが、17歳でカナダ留学中に右ひざじん帯を痛めて断念。リハビリを兼ねてゴルフをはじめ、19歳から本格的にプロを目指してきた。最終QTランク20位で初のシーズンフル参戦となった今季、3試合に予選通過したことで、自信をつかんだという。

 若い世代の台頭著しい中、無名の34歳は「僕は遅咲きだけど、同じ舞台にいる。ゴルフは個人スポーツだし、自分次第ですよ」と話す。第1目標のシード獲得へ、上位を狙っていく。

岩手、宮城、福島の国体参加費免除を延長 (記事)

 日本体協は29日、国体委員会を開き、東日本大震災復興支援の一環として、岩手、宮城、福島の各選手団の参加負担金免除を、来年の第69回国体冬季大会まで延長することを決めた。
 来年はスケートとアイスホッケーが栃木県で、スキーが山形県で開かれる。

冬深夜、日本海3海域連動で死者1万2606人想定 秋田県地震被害調査 (記事)

 秋田県は29日、東日本大震災を受け、進めてきた地震被害想定調査の結果を公表した。冬の深夜、日本海の3海域で連動する地震が起きる「最悪」の場合、死者1万2606人、負傷者1万4332人に上ると想定している。

 調査は県地震被害想定調査委員会(12人)が、県の地域防災計画を全面的に見直すため、昨年4月から進めてきた。

 内陸や海域を震源とする27の地震を想定。東日本大震災が連動型の巨大地震だったことから、県は連動型地震も考慮。発生日時を、冬の深夜▽冬の夕方▽夏の日中の3パターンに分け、人的被害や建物、ライフラインへの影響などをシミュレーションした。

 最も被害が大きくなるのは、3海域で連動して起きるマグニチュード(M)8・7の地震で、男鹿市や三種町で震度7となるケース。冬の深夜に発生した場合は夏の日中に比べて被害は大きくなり、死者は2・5倍以上に、負傷者は2倍近くに増えると予想されている。

 ただし、地震発生後に津波の浸水区域外に避難すると、人的被害は大きく減少するとしている。冬の深夜の場合、約6万棟が全壊し、約8万2000棟が半壊するとしている。

 陸域を震源とする単独の地震で最も被害が大きくなるのは、北由利断層の地震で、秋田市と由利本荘市で震度7と想定。冬の深夜の場合、死者1573人、負傷者9898人としている。

 地震の場合は、建物の倒壊による死傷者が約9割を占めるという。また、冬の場合は積雪で建物の倒壊が増え、避難に時間がかかることが懸念されている。

 調査委員会の委員長を務めた西谷忠師秋田大大学院教授は「いつ最大規模の地震、津波が発生しても県民の命を守れるよう、防災対策を地道に着実に進めてほしい」と話した。県は今回の調査を踏まえ、市町村と協議しながら、被害を軽減できる具体策を検討する方針。
(毎日新聞)

夏合宿で急増 施設整備やPR実る 妙高市 (記事)

人気の笹ケ峰高原「走っても飽きない」 毎日新聞

 夏合宿で妙高市を訪れる社会人や大学生らが増えている。同市は冬のスキー客が大きく減ったため、合宿に使える施設の整備や外に向けたPRなど夏の誘客に力を入れていた。

 市によると、市を訪れた人のうち合宿で訪れた人の正確な人数は把握できないが、市内のグラウンドや体育館などスポーツ施設を合宿で利用した人は、2008年度の1万7920人から12年度の3万3600人に増えている。スポーツ施設を使わずに、路上や遊歩道などで練習するグループもいるため、市は施設以外の利用者も含めた12年度の合宿者は5万2000人と推計している。13年度は約7万人に達すると見込んでいる。合宿には夏を中心に市内外から訪れており、文化系の合宿も含む。

 同市杉野沢(旧妙高高原町)の笹ケ峰高原(標高約1300メートル)も人気のスポット。

 同市杉野沢で民宿を営む山川藤茂さん(67)によると、ここ数年は7月20日ごろから9月末まで陸上部の関係者で満室。同高原には、中国電力(広島市)など有力実業団や明治大や中央大など箱根駅伝常連校の選手たちも姿を見せるという。

 同高原の人気が高まっていることについて、山川さんらは「夏でも涼しく、標高1300メートルは準高地で、長距離系の練習に向いている」と説明する。

 周辺の景観も選手たちを引きつけているようで、山川さんは「走っていても飽きないという声を聞く」と話す。実業団の陸上チームや大学の監督は顔が広く、横のつながりもある。「笹ケ峰高原は練習しやすいと口コミで広がっているようだ」と語る。

 山川さんら地元宿泊業者らは約10年前から草刈りなど同高原のトレーニングコース兼遊歩道の整備を始めた。その成果が出始めた格好で、「5、6年前から夏合宿の客が増えた。冬がダメで、夏合宿の客が来なければお手上げだった」と言う。

 29日には東京理科大陸上競技部の選手、マネジャー約30人も同高原で練習していた。箱根駅伝への出場を目標にしている。理工学部4年の村川嘉彦さん(22)は「自然に近いコースで普段使わない筋肉が鍛えられる。涼しくて走りやすい」と気に入った様子だった。

ハイエース盗難急増 埼玉県内の盗難車の4割 (記事)

窃盗団、東南アジア輸出か 耐久性に優れ人気 毎日新聞

 トヨタのワンボックスカー「ハイエース」の盗難が埼玉県内で相次いでいる。県警によると、今年1〜7月に盗まれた自動車1182台のうち、ハイエースが約4割にあたる455台を占めた。ハイエースは耐久性に優れ、修理や整備が簡単なため、東南アジアを中心に人気が高い。県警は、大がかりな窃盗グループが盗んだハイエースを国内で解体したうえ、東南アジアなどに輸出しているとみて捜査している。

 県警捜査3課によると、盗難自動車の件数は2004年の6187台をピークに減少傾向にあり、12年には1993台と3分の1以下になっている。一方、ハイエースの盗難件数は記録の残る09年以降、急増している。12年は1年間で288台だったが、今年は7月までに約1・6倍に増えている。

 同課などは今月8日、ハイエース1台(時価約100万円)を盗んだとして上尾市の暴力団組員ら男2人を窃盗容疑で逮捕。このうち、組員は03〜06年に自動車約2100台を盗んだとして逮捕された窃盗グループの実行犯だった。組員は10年に出所後、再び犯行に及んだとみられるという。

 同課などによると、工具を使って鍵をこじ開ける手口が目立ち、約5分で盗み出すケースもあるという。また、盗んだハイエースをコインパーキングなどに駐車し、GPS(全地球測位システム)など位置情報発信装置を取り付けていないか確かめるなど、手口も巧妙化している。

 犯行グループは盗んだ車をヤードと呼ばれる施設に持ち込んで解体したうえで、海外へ輸出しているとみられる。同課などは「GPSを取り付けていれば、盗まれても戻ってくる可能性は高い」としている。


北斗晶ハイエース盗難も「厄払い出来た」 日刊スポーツ

 タレント北斗晶(46)が30日、夫のプロレスラー佐々木健介(47)と営む個人事務所の車が盗まれた件について、「厄払いが出来たと、心を大きく思えるように考えますわ」と公式ブログでつづった。
 盗まれたのは健介オフィスのマークが入ったトヨタのハイエースで、29日に盗難が分かり、警察にも被害届を提出しているという。
 北斗は「あんなデッカイものを盗むって。それも、ハイエースは盗難される車の中でも超がつく人気って。盗む物に超人気ってあり得ないべ」とこぼし、「誰もが言う。すでに船に乗って海を渡ってる。たまげた世の中ですわ。保険もちゃんと入ってたから、多少のカバーは出来るけど、盗まれたハイエースはもう売ってないんだって。ディーゼル車だからね〜。まっ、それだから目を付けられたんだろうけどね。もう、戻って来ないだろうし、厄払いが出来たと、心を大きく思えるように考えますわ」と悔しい思いをつづっている。
 健介オフィスによると、盗まれた車についての新しい情報はないという。

北日本は長時間の日光浴を (記事)

 成人が1日に必要とする量のビタミンDを体内で作るには、北日本ほど長時間の日光浴が必要とされ、冬の札幌市では茨城県つくば市の3倍以上の時間がかかることが、国立環境研究所(つくば市)の研究で明らかになった。30日付の日本ビタミン学会機関誌に発表する。

 ビタミンDが不足すると骨が弱くなったり、高血圧などになったりする危険性が高まる。ビタミンDは魚などの食事からとれるほか、紫外線を浴びることによって体内で作られる。厚生労働省の基準では、成人に必要な1日の摂取量は最低5.5マイクログラム。魚では1匹(約50グラム)を食べる必要があるが、日光浴の方が手軽とされている。

 そこで、同研究所の中島英彰・地球環境データベース推進室長らのチームは、ビタミンD5.5マイクログラムを、日光浴だけで作るための必要時間を分析した。その結果、12月の晴れた日の正午に顔と両手を露出した状態で、那覇7.5分▽つくば22.4分▽札幌76.4分−−と、札幌ではつくばの3倍以上の時間がかかることが明らかになった。

 中島室長は「最近は紫外線を避ける人が多く、慢性的にビタミンDが欠乏する人が多い。日差しの弱い冬の北海道や東北地方では、積極的に日光浴をしたほうがよい」と話している。
(毎日新聞)


体内で必要とするビタミンD生成に要する日照時間の推定(国立環境研究所)

さっぽろ雪まつり 陸自の大雪像、15年から1基減 (記事)

090130 陸上自衛隊が「さっぽろ雪まつり」の大雪像製作の削減を札幌市などに求めていた問題で、同市は29日、2015年のまつりから1基削減を受け入れる方針を明らかにした。大通会場の大雪像は計5基。陸自は次回(来年2月5〜11日)、このうち3基を従来通り製作するが、15年以降は2基に減らす。

 9月3日に上田文雄市長が来年の雪像製作を陸自に要請する場で、正式に合意する見通し。

 上田市長は29日の記者会見で、「陸自に(3基の製作を)お願いするが、自衛隊の役割が多様化してきた事情もあって、厳しい状況になっている」と説明。今後はスポンサーなどとの調整を急ぐとともに「大雪像に代わる方法がないかを含め、まつりの魅力を持続させられるよう検討する」とした。同市は他団体による製作で5基を維持する方法も検討する。

 陸自は、雪像を制作する約1か月間、隊員が訓練不足になることから、協力体制の縮小を市などに打診し、当初は14年2月の開催から削減する意向を非公式に伝えていた。だが、市や関係団体が難色を示したことから、削減時期を1年遅らせて2年後とする妥協案を示していた。市は陸自側との交渉を重ねた結果、これ以上の説得は困難と判断した。

「数十年に一度の…」 特別警報始まります (気象庁)

気象庁は、平成25年8月30日(金)0時に「特別警報」の運用を開始します。

「特別警報」が発表されたら身を守るために最善を尽くしてください。

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

dai1_image


特別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の豪雨等が該当します。

特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

kizyun


poster
クリックすると気象庁専用ページへリンクします。

特別警報リーフレット

朝練が終了、それは夏の終わりを感じる時

af6e49ae.jpg

5f865f84.jpg

e4422e93.jpg

3461d806.jpg

68a85c67.jpg

23日間の夏休み朝練が、今日で終了です。

皆勤賞は7名。
毎回、1年生から6年生までが30名以上参加しました。

朝の比較的涼しい時間帯を利用して、走って、走って、走りまくりました!

練習メニューは、少しキツイ内容だったと思いますが、サーキットやゲーム感覚を入れながら飽きないように、また、熱中症にならないように気を配りながら、1時間半のトレーニングを行ってきました。

参加した子供たちは、「心・技・体」バランス良く鍛えられ、成長してくれました。


この行事の終了と共に、私の夏も終わりを告げます。
それは、何とも言えない寂しさを感じる瞬間だったりします。


毎年、朝練を通じて、子供たちから元気を貰い、夏をのりきってます。

みんな、ありがとう!

スノボ・斯波選手、山辺中で講演 夢への挑戦後押し (記事)

 体力強化の一環としてロードバイクで北海道―東京間約1500キロ縦断に挑んでいるスノーボード・アルペン種目の斯波正樹選手(ネミー・山形南高出)が28日、経由地の本県でのオフを利用し、山辺町の山辺中(白壁忠彦校長)を訪れた。ともに来年のソチ冬季五輪出場を目指している吉岡健太郎選手(北海道出身)と講演し、夢を追い掛ける大切さなどを訴えた。

img_2013082900513

 山辺小で昨年、斯波選手が講演した縁もあり、山辺町内での再演が実現。1年生約140人を前に斯波選手は、夢を持ち挑戦する上で「『できない』という固定観念にとらわれてはいけない」と強調。「自分が置かれた状況を受け止め、どうすればできるようになるかを考えることが大事」と語った。吉岡選手は「夢があるからこそ出会いや感動がある」と説いた。

 斯波選手らは東京までの各経由地で、東日本大震災で被災した子どもたちへの応援メッセージを集めている。講演後、名刺大の短冊に応援メッセージや夢、決意を生徒たちにも書いてもらった。講演に耳を傾けた安藤千尋さんは「応援しているという気持ちが届くように」と短冊に向かい、下山竜佑君は「できないと思わず練習すれば、もっと強くなれる」と五輪や世界陸上出場という夢を書き記した。

 斯波選手らは29日に本県を出発し、新潟、長野などを経て来月5日に東京に到着する予定。自身のブログで挑戦の様子を公開中。アドレスはhttp://masakishiba.com/
(山形新聞)

リニア実験線 500キロ試験走行再開

 リニア中央新幹線の開業を目指すJR東海は29日、総延長42.8キロに延伸した山梨リニア実験線(山梨県上野原市−笛吹市)で新型車両L0系を使って、約2年ぶりに最高時速500キロでの試験走行を再開した。

20130829-432204-1-L20130829k0000e020248000p_size5

 JR東海は1997年4月から、実験線の先行区間18.4キロで試験していたが、2011年9月から休止し、東の上野原市側に7.8キロ、西の笛吹市側に16.6キロ延伸する工事を完了した。
 試験走行に先立って行われた出発式で、葛西敬之同社会長は「21世紀の新しい超高速輸送をリードするリニアが走り始めることは、世界の交通技術史上に記念すべき足跡を残す出来事」とあいさつした。

 出発式後、太田国土交通相、同社の葛西敬之会長らが5両編成のL0系に乗り込んで走行し、505キロを記録した。太田国交相は「(騒音も少なく)車内でも普通に会話ができた。世界に誇れる技術と確信した」と感想を述べた。

 最高時速500キロでの走行を繰り返して耐久性などの性能をチェックし、2027年の東京―名古屋間開業を目指す。走行試験は16年度まで実施。いずれ車両を営業運行の12両編成にする。駅や走行ルートは、今秋公表する環境影響評価準備書で示す。





防音フードに小窓 読売新聞

 JR東海は、29日から山梨リニア実験線(上野原市―笛吹市)で、リニア中央新幹線の開業に向けた走行試験を再開する。同新幹線は、高速走行による騒音を軽減するため、地上部分の多くがコンクリート製の防音フードで覆われる見込みだ。同社は車窓からの景色が楽しめるようにフードに小窓を設け、走行試験でどのように見えるかをテストする。だが、県や地元自治体はフードの透明化を求めており、両者のせめぎ合いはしばらく続きそうだ。

 小窓の大きさは、縦80センチ横40センチで、走行中のリニアの窓と同じ高さの所に180センチの等間隔で設置されている。高速走行すると、小窓から見える景色が静止画のように見え、その残像がつながってアニメーションのように景色全体が楽しめる仕掛けとなっている。

 同社では、大月市のフード区間60メートルのほか、都留市にあるトンネルに接続するフード150メートルの2か所で実験を行う。中からの視認性や小窓の耐久性などを確認する。小窓は幅約14メートルの半円形のフード全体に対し、ごくわずかな面積しかないため、同社は「外側からリニアが走行する様子は見ることは難しい」としている。

 コンクリート製のフードについては、沿線の自治体などから、土管のような外観が景観を損なうといった意見や、観光資源としても期待しているリニアの走行シーンが見られないなど、不満の声が相次いでいる。

 今月26日には、中央市、南アルプス市、富士川町でつくる地域活性化対策協議会が、同社に対しフードの透明化を要望することを決めた。横内知事も同27日の定例記者会見で「小窓からどんな形で外が見られるのか確かめたい。しかし我々としては、甲府盆地の側からリニアの走っている姿が見え、リニアからも景観が見えなければ困るので、透明化の研究開発をしっかりやってもらいたい」と注文を付けた。

 これに対し、同社は「透明なアクリルなどでは防音効果がなく、耐久性やメンテナンスの面で難しい」との姿勢を崩しておらず、議論は平行線をたどっている。

ゲレンデは秋色 高山のスキー場、コスモス500万本開花 (記事)

 高山市丹生川町久手のほおのき平スキー場でコスモスが見ごろを迎え、白やピンクのかれんな花が来場者を楽しませている。

201308290833_20800 コスモス園はオフシーズンの呼び物として21年前にオープン。今年もゲレンデの一角約4ヘクタールに約500万本が花を咲かせた。標高約1200メートルにある同園は連日、涼を求める家族連れらでにぎわっている。
 28日の高山市の最高気温は平年並みの29.9度。来場者たちは秋色に染まったゲレンデを散策し、涼しげな景観を楽しんでいた。見ごろは9月中旬ごろまで。
 同園では9月8日まで「飛騨乗鞍の里コスモスまつり」が開催されている。
(岐阜新聞)

歩きやすい登山道へ 湯の丸高原 環境省が今秋3・7キロ修復 (記事)

 環境省は今秋、東御市と群馬県嬬恋村にまたがる上信越高原国立公園内の湯の丸高原一帯にある登山道を修復し、デザインを統一した案内看板を設置する。登山道の一部が荒れて歩きにくかったり、老朽化している看板が目立ったりしているためだ。同高原での国による大規模整備は初めて。高山のチョウやレンゲツツジなど希少動植物を守る狙いもある。

IP130828MAC000032000 同省長野自然環境事務所(長野市)によると、整備は登山者が少なくなる9〜11月に行う。修復する登山道は、東御市の湯の丸スキー場第1リフト終点から湯ノ丸山(2101メートル)を経て烏帽子(えぼし)岳(2066メートル)に至る約3・7キロ。現在は雨水で道が深くえぐれてしまい、登山者がその脇を歩くことで高山植物が踏み荒らされている箇所が少なくない。水で土が流されるのを防ぐため、石を階段状に置いて歩きやすくする。

 この区間に加え、湯ノ丸山山頂―角間(かくま)峠(上田市・嬬恋村境)、角間峠―鹿沢(かざわ)温泉(同村)、角間峠―鍋蓋(なべぶた)山(同村、1828メートル)の各登山道沿いには看板30基を設置する。地元自治体や環境保護団体が設置した道案内、動植物採取の禁止などを呼び掛けた既存の看板49基は撤去。焦げ茶色に緑のラインを入れたデザインに統一する予定だ。

 また、国天然記念物に指定されているつつじ平(東御市・嬬恋村境)のレンゲツツジ群落近くにあるあずまやのそばに、木製ベンチやデッキを新設する。これらの事業費は数千万円規模という。

 環境省は2011年度、長野・群馬・新潟にまたがる上信越高原国立公園の浅間山麓エコツーリズム基盤施設整備基本計画を策定。東御市や小諸市、嬬恋村などでつくる検討委員会が提示した看板統一の要望が盛り込まれた。今回の湯の丸高原整備は同計画の一環で進める。

 湯の丸高原でホテルやスキー場を経営する峯村文博・東御市観光協会会長(66)は「個々の企業や自治体では大規模な整備はできない。登山道や看板が新しく分かりやすくなれば、湯の丸高原のイメージアップになる」と話している。
(信濃毎日新聞)

パラリンピック代表3選手 本番再現コースで練習 (記事)

 来年のソチ・パラリンピック代表に内定している日立ソリューションズ・スキー部の新田佳浩ら3選手が28日、京都府京田辺市の同大京田辺キャンパスで、本番のコースを再現したシミュレーションシステムを使用した練習を公開した。

 体験できるコースはクロスカントリーとバイアスロンの計3種類。選手はスキー場の映像を見ながら、ローラースキーの走行訓練ができる器具「トレッドミル」(幅2メートル、長さ3.5メートル)の上で本番さながらに、熱のこもった練習をした。トレッドミルの傾斜は最大9度、時速は14キロまで上げることが可能で、滑走している時とほぼ同じ負荷を体にかけられるという。

130826_system2

 約30分間の練習を終えた新田は「いかに心拍数を抑えるかがポイント。どこで勝負をかけるか、少しずつ見えてきた」と手応えをにじませた。心拍数や乳酸値の測定も行い、スピード練習や筋力強化など選手ごとの練習内容作りにも活用。さらに、トレッドミルの速度を調節して有力選手の滑りを想定した練習も行う予定だ。

130826_arai

 荒井秀樹監督は「現地に行って初めて立てられる戦略が、日本にいながら練られる。科学的にメニューを提示できるというのも大きい」と話している。

日本付近の海水温10海域中5海域で史上最高に (記事)

 気象庁は28日、8月中旬(11〜20日の平均値)の日本近海10海域の海面水温が日本海北部西部、東シナ海北部南部、四国沖の5海域で観測史上最高を記録したと発表した。同庁は「九州周辺や四国沖は沖縄の南の平年値よりも高くなった」としており、日本近海の広い範囲で水産物にも影響を与えそうだ。

001

 同庁によると、5海域は8月上旬から高気圧に覆われて日射時間が多かったことに加え、日本海では南から暖かい風が流れ込み、東シナ海と四国沖では風が弱く海面が蒸発しにくかったことが原因という。平年に比べて1.4〜2.7度高い24.7〜30.2度を記録し、人工衛星で海面水温を調べ始めた1985年以降最も高くなった。

 同庁は今後も約1カ月にわたり日本近海の海面水温が平年より高くなると予想しているが、台風15号が北上しているため「台風が通過した海域は暖かい水と冷たい水がかき混ぜられ、海面水温が2、3度下がる可能性がある」とみている。
(毎日新聞)


日本海側は高緯度まで海水温が高いですね。
初冬の時期、大陸から寒波次第ですが、雪を降らすエネルギーはありそうです。
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報