クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2010年10月

オーレへ

ロシニョールのニューモデルが揃っています。
95f72cb5.jpgc3b2f70d.jpg


今季のチューンアップを相談中・・・
21f63f5e.jpgd12a5e96.jpg

フリートレーニング in KARUIZAWA

313e2c65.jpg16時、最後まで滑りました。
まずは、
初滑りとしての滑り込みが出来ました。

フリートレーニング in KARUIZAWA

プリンスゲレンデのバーンは、ボコボコになりました。
これはこれで、練習になります。
42d2e700.jpgd2580e70.jpg

この時期、いろんな知り合いにお会いしますネ。
シーズン初めのご挨拶です!

そして、
各チームのキャンプは、撤収しました。
残るは、プライベートのトレーニングの方だけです。
899393c5.jpg6f87008e.jpg

フリートレーニング in KARUIZAWA

リフト待ちは、5分程度ですね。
少しずつ、人数が減ってきました。
10545518.jpg7184f74f.jpg
13688cff.jpgb5df6670.jpg
bdda0ac5.jpg

フリートレーニング in KARUIZAWA

おはようございます。
今日は、軽井沢に来ています。
天気予報に反して、小雨の天候です。
bd06a314.jpg
c7fe1378.jpg0c65aff6.jpg

狭山の状況

台風14号の影響・・・
それほどでは、ありませんでしたね。
東京地方は、もう直ぐ雨の峠は越えそうです。


狭山スキー場に問い合わせました。

圧雪車は、
相変わらず故障したままエントランス付近に横たわっています。

ゲレンデ状況ですが、
圧雪車によるコース整備の代わりに、ゲレンデスタッフやスクールのコーチ陣がデラがけを行なっているとのこと。

「完全なフラット斜面」とまではいかないですが、そこそこの状況のようです。

普段、夕方から滑る時の荒れ具合と思っているとハズレがないかも・・・

SLのライン取り

トップレーサーのライン取り・・・
参考になります。



手の構え、内スキーとポールとの距離感、切替えのタイミング(方向付け)・・・
途中で動画を静止させると良く判ります。
そして、
身体が常にフォールラインを向いていることにも・・・

カメラの位置がヘルメットではなく、懐にあるため、膝下の動きも判る貴重な映像ですね!

軽井沢プリンス オープン!

KARUIZAWA10102929日、軽井沢プリンスホテルスキー場が今季の営業を始めた。
9月末からスノーマシン7台を動かして積雪45センチ、コース幅15mになった初中級者向け2コースをオープン。
初日の今日は、約500人が訪れた。






マスコットオープニングセレモニーでは、来年、日本のスキー発祥100年を記念して1911年に新潟県でスキーを指導したレルヒ少佐の着ぐるみが登場!

狭山ではハプニングが・・・

ピステン(圧雪車)が壊れてゲレンデ整備ができないとのこと。
SAYAMA101029
最悪、1週間程度は不整地バーンとなりそうです。

そして明日は、
台風接近のため、営業時間の短縮または中止の場合があるそうです。
行かれる方は、「事前に営業状況を電話で確認してください。」とのこと。

狭山スキー場 TEL : 04-2922-1384
詳しい情報はSAYAMAホームページ

寒い一日・・・

今日は一日寒い日でしたね。

本州全域で12月〜1月上旬の気温だったようです。
<東北>
仙台 6.1度 1月上旬並み
山形 6.1度 12月中旬並み
<関東甲信>
東京 10.4度 1月上旬並み
前橋 9.5度 1月上旬並み
松本 5.9度 1月上旬並み
甲府 9.0度 1月上旬並み
<東海>
名古屋 12.3度 12月上旬並み
<北陸>
新潟 9.4度 12月上旬並み
富山 10.6度 12月上旬並み
<近畿>
大阪 13.4度 12月上旬並み
<中国>
鳥取 12.7度 12月上旬並み

さて、
今度は台風です。
101028台風14号


土日に関東に接近しそうです。
日本列島は寒気と台風が同居している状態。

冷たい空気と暖かい空気が入り混じりますので、大雨にも注意が必要です。

軽井沢は明日オープン!
KARUIZAWA

ロシニョール・オープニング・カップ

本日よりエントリーの受付開始です。

まずは、
オープニングカップ事務局に電話して受付番号をもらってください。

Opening-Cup申込・問い合わせ先
 オープニングカップ事務局
 TEL.0 3 ( 3 4 0 8 ) 1 3 0 0
 受付可能日:月〜金(祝日祭日は除く)
 受付時間:12:00〜18:00
 ※定員(300名)になり次第、受付終了
詳しくは、
グループ・ロシニョール ホームページ

『寒っ!』

東京で木枯らし1号

26日、深夜に木枯らし1号が吹きました。
今朝はこの秋一番の冷え込みとなり、なかなか布団から出れなかったのでは?

東京の朝の最低気温は10.4度。(11月上旬並み)
日中も15度位までしか上がらない予想で11月下旬並みの寒さになるとのこと。

気象庁によると、
東京で10月中に木枯らし1号が吹くのは2000年以来の10年ぶり。(昨年より7日早い)
27日、中部地方から北の山間部では初冠雪が観測された。(こちらも1週間ほど早い)

スキー場でも各地で初雪

スキー場でも初雪の便りが届きました!

かぐら
KAGURA101026

かもい岳
KAMOIDAKE101026

そして、
オープン間近の軽井沢
KARUIZAWA101026

丸沼も雪の山が日に日に増えています。
MARUNUMA101026

札幌などで初雪

札幌で初雪を観測。平年より1日早く、昨年より6日早い。

旭川は、平年より3日遅く、昨年より4日早い。
函館は、平年より7日早く、昨年より7日早い。

気象庁発表 3ヶ月予報

気象庁は、11月から来年1月までの3カ月予報を発表した。

『12月からは、冬らしい寒さに・・・』

気温は、現在の高めの傾向が11月まで続くが、12月に入ると冬型の気圧配置が強まり、一転して低めとなる。
来年1月は平年並みの見込み。
北日本(北海道と東北)の日本海側の降雪量は、3カ月間の平均では平年並みの可能性が高い。

12月は、太平洋赤道域の南米寄りの海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」の影響で、日本付近では偏西風が南に蛇行する。
このため北から寒気が入りやすくなるとの見解。

気象庁資料:3か月予報(11月〜1月)

『冬将軍』の到来

天気図(現況)大陸から冷たい空気を持った高気圧がやってきました。(青い丸印)
この高気圧は、冬の主役でもある「シベリア高気圧」(シベリア寒気団とも言う)です。

この高気圧が登場すると、北西の季節風とともに寒気が流れ込んできます。

一方、
秋雨前線から伸びた低気圧も北東へ抜けて、オホーツク海上で急速に発達する見込みです。(赤い矢印)






予想天気図25日21時日本付近は、「西高東低の冬型の気圧配置」が整いつつあります。(予想天気図)

今夜から次第に冬型の気圧配置になっていきます。
明日(26日)から明後日(27日)にかけて、標高の高い所や北日本では平地でも雪の降る所があるとのこと。

まだ根雪とまではいかないでしょうが、早期オープンのスキー場では、準備に拍車がかかるでしょう。





<冬型の気圧配置と日本での降雪のメカニズム>
秋から冬は、
シベリア方面の地表面が「放射冷却」で冷やされます。(内陸部は暖まりやすく、冷えやすい)
冷たい空気が溜まり、比較的、背の低い高気圧が出来上がります。(高さは3000m程度)

溜まった冷たい空気は重いので(冷たい空気は暖かい空気より重い)、下降して地表面や海水面に到達し、周囲に吹き出します。
これが北寄りの季節風となって日本にやってきます。これが「北風」です。

日本海の海上では、
季節風にのった冷たい空気で海水表面から水蒸気が放出されるようになり、それが雪雲になります。
海水は「暖まりにくく、冷めにくい」性質を持っていますので、蒸発の際に気化熱を吸収されるので水の温度上昇が抑えられ、
また、水面付近の気温が下がってきたときは凝結熱(※凝結=蒸気の一部が気体から液体へ転化する凝縮現象)を放出されるので水温低下が妨げられます。

そうやって、
海水面の温度変化は少ないため、大陸からの冷たい空気が流れ込む度に雪雲が次々と出来るわけです。
雪雲は、季節風に運ばれ日本海側から山間部にかけて雪を降らせます。
山脈で水分を落とした乾いた空気は太平洋側へ「からっ風」として吹きつけます。(上州のからっ風は有名ですね)


これらから、
C.A情報局としての予想はズバリ! 「今季は大雪」(雪が多すぎたり、荒天で大会がキャンセルにならなければ良いが・・・)

今年の猛暑で温められた日本海が、例年より高い海水温で冬を迎えることとなります。
また、「ラニーニャ」の影響で、大陸の冷たい空気が日本付近まで張り出しやすい状況により冬型が強まり、
冷たい空気と温かい海水の供給体制で、どんどん雪雲をつくり、日本海側では大雪となる可能性が高いと考えます。

さて、
あとは、大雪がどのパターンで降るか?

「西高東低の気圧配置」のうち、
[1]等圧線が日本付近で南北に何本も走るパターンを「山雪型」と言い、山間部で大雪が降りやすくなる。
[2]等圧線が日本海で袋状に湾曲するパターンは「里雪型」と言い、平野部で大雪となりやすい。
さらに
[3]シベリア高気圧の勢力が強いため相対的に等圧線の間隔が狭まり、高気圧から押し出されるように季節風が吹く場合を「押しの季節風」と言い、「持続型」
[4]日本東海上の低気圧が発達しこの場合も相対的に等圧線が狭まり、低気圧に引き込まれるような形で季節風が吹く場合を「引きの季節風」と言い、「瞬発型」。
 「瞬発型」の場合、
 低気圧が発達しながら日本付近を北東に足早に通過する場合が多く、各地に暴風や大雪(雨)をもたらし、
 東北地方太平洋側・東海地方西部・近畿中部・瀬戸内海沿岸などでも降雪(雨)をもたらす可能性もあるが、
 暴風などの荒天が一時的である事が多い。 (昨シーズンがこれに近い)
[5]高気圧・低気圧双方とも強まって季節風が吹く場合、「押しの季節風と引きの季節風の混合型」と言う。

これから日々、天気図を見ながら予想していくことにしましょう!

スタッドレスタイヤへのはき替えは、早めが良いかもしれません。

W杯 男子GS開幕戦 キャンセル

W杯soelden残念ですが2本目、
荒天(ガスによる視界不良)のため、キャンセルになりました。

2本目のスタートは、
現地13時(日本時間20時)の予定でしたが、
15分毎の延期のインフォメーションが数回告げられたあと、
14時半(日本時間21時半)に中止の決定となりました。

1本目は、
セルデンの固く急な斜面を果敢に攻めた選手が好タイムをたたき出していた。

コメンテーターとして佐々木 明 選手が出演していたが、
その中で今季からのジャパンチームのコーチであるクリスチャンも常日頃から語っていると言う大事なことを話していた。

その続きは、C.A練習会で・・・
(その内容は、皆にも意識して実行できる単純なことです)

今秋の渋滞ピーク?

rhp0006紅葉もピーク!
渋滞もピーク!

今日は神田でお買い物・・・
都内は空いていました!

これから、
「J−SPORTS」でW杯(男子GS)を見ようっと!

初滑り in Yeti

13da3e5e.jpg22時終了まで滑りました。
気温は、5℃まで下がっています。

ここのゲレンデは、ボード天国ですネ!

でも、良いトレーニングが出来ました。

初滑り in Yeti

イエティ(静岡県)に来ました!
284e06f9.jpgc61652e8.jpg
53ffe0bb.jpg0633f13f.jpg












比較的条件の良いナイターで初滑りです。
中央道の渋滞が解消する時間帯からの出発ですから、2時間弱で着きます。
f53eb32d.jpg夜になると、気温も10℃以下で寒い!
サポートファクトリー オーレ
b261b50a



280920

newrbt

Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報