クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2009年04月

野沢合宿に向けて・・・

合宿のトレーニングは早朝です。
今から『早寝早起き』の習慣をつけておいてください。
遅くとも6時には目を覚ますことを勧めます。
いきなりだと、身体が疲れて良いトレーニングが臨めません。

「勝ちにこだわる」

こんな言葉で検索してみた・・・

ラグビー選手
プロゴルファー
バレーボール選手
ロードサイクルレーサー
サッカー
などなど…。

どんなスポーツでも「選手」である限り、「勝ち負け」は付き物である。
「闘争心」を持って戦い(試合)に挑める人間でないと
「勝ちの女神」は、自分に近寄っては来ない。

「優しい気持ち」を持つことは大事…
でも、
イザ(競い合う)と言う時には「自分の全てが出せる人間」を目指して欲しい。

これって、性格だから難しい面もあるけどね!
何とか、そのバランスを備えたい…

明日は中止

予定していたフリースキートレーニングは中止します。
野沢合宿からリスタートです。

合宿ではポールのほか、フリースキーも予定しています。
そこでのイメージを合宿後の5月末までに完成させていきます。
そして、
月山合宿へと…

シーズンも半年経過…

思えば…
丸沼や狭山からのシーズンインから半年が経っている。

そう言いながら、
あと1ヶ月ちょっと滑ろうと思っている自分に
世間とのギャップを感じていたりしている。

そう、ShiNの本業は○○○ーマン。
まわりの理解があって、コレがある。

「関係者に感謝・・・」と言うけど、
実は業界の方以外にも、いろいろな関係者の理解の下、成り立っている。

それは、
選手の皆さんにも当てはまること・・・
本業は「学生」。
それをどう言うカタチで表すのか?

長いシーズンを送るには、それなりの「努力」と「結果」(パフォーマンス)が必要。

『ロシキャンプin 野沢』を振り返って

天候は小雨混じりの状況でしたが、バーンはバッチリ締まっていて、
来季に向けたニューマティリアルのフィーリングと技術の確認が行なえました。
GSとSLが同時進行で自分でチョイス出来るのも良かったですネ!

選手達の課題も確認出来たので、来週の合宿にはシゴキがはいることでしょう!?

さて、
ロシニョールの来季モデルですが、ShiNも載ってみました。
SLのスラントノーズ・・・これは素晴らしい!の一言です。
これに載ると皆、上手くなっていく気がしますね!
とにかくスキーの反応が良いです。
GS・・・191臓■劭横靴忘椶蠅泙靴拭コチラは雪面への張り付き感が良いです。
ターン前半の捉えも更に扱い易くなった感じです。
特にフォールラインを過ぎた辺りからのフィーリングは気持ちが良いです。

WaxのTESTも行ないました。
幾つかの効果のあるものを確認し、来季の大会では期待が出来ます。
キャンプ参加の多くの皆さんが、その効果を実感したみたいです。
来週の合宿でも確認してみてください!

野沢のバーンは、来週まで問題ないと思います。
しっかり目標を持って、合宿に挑むことが来季への滑りに繋がっていきます。
今からモチベーションを上げていくことがポイントですね!

最後に
今回のキャンプで非常に良い、環境を提供くださいましたスタッフの皆さん…
大変お疲れさまでした。
そして。。。ありがとうございました。

ロシキャンプin 野沢8

キャンプは無事終了しました。
今、下山中ですが、風が強く、ゴンドラが止まりそうです。
2e5ee920.jpg913a26d6.jpg

ロシキャンプin 野沢7

比較的長いコースでトレーニング出来ています。
GSとSLの2ラインを自由にチョイス出来ます。
7bc68fa5.jpg5b3772ed.jpg

ロシキャンプin 野沢6

晴れました。
トレーニングでの課題は、
『元気良くいこう!』ですね。
スタートダッシュ…大切です。
来季の板のフィーリングも確認しています。
a7f7bb0e.jpg2b7748db.jpga200250b.jpg















cd3d2dc1.jpgccef9138.jpg9691d06d.jpg

ロシキャンプin 野沢5

c497c43f.jpg
96a02509.jpg記念撮影
『ハイ、チーズ!』
そして、トレーニング開始。

ロシキャンプin 野沢4

2日目のキャンプ、スタートです。
試乗用スキーもラインナップ!
BlogPaint1feb6c67.jpg

ロシキャンプin 野沢3

おはようございます。
2日目のキャンプに合流しました!
b0a38e46.jpg76c071a4.jpg

ロシキャンプin 野沢2

今日は、あいにくの天候(雨?みぞれ?強風?)…
スタッフをはじめ、引率の監督、そして選手の皆さん、
大変お疲れ様でした。

悪天候でのトレーニング・・・
辛いこともあると思うけど、こう言う時の精神力を鍛えると、
シーズン中の大会でも役に立つことは、いっぱいある。
それは、
この先温暖化により、荒天での大会は多くなる気がしているから・・・

今回、用具(手袋など)の準備で、反省すべき点もあったと思う。
代えの手袋&ゴーグル、タオル、ビニール袋、etc…
この経験を活かし、今後は準備万端に備えてください。

さぁ、
温泉に入って身体を温めて、今日はゆっくり休んで!

明日は天候回復の見込み…
また頑張ろう!

ロシキャンプin 野沢

BlogPaint選手5名、出発です。
いってらっしゃい!

野沢温泉情報

そろそろゲレンデ状況が気になりますね!

やまびこゲレンデ:110詳しくはココをクリック!
週末の雨で100属焚爾砲覆蠅修Δ任后
合宿の頃は、70属未な?・・・

今週、行ってきますので、状況をレポートします。

野沢合宿でのトレーニングについて 3

コントレでは、各自普段行なっているスポーツも取り入れたいと思います。
野球、ソフトボール、サッカー・・・などなど

キャッチボールやドリブルなど基本的な練習を行い、自分達がスキートレーニングに費やした分、学校の部活や地域のクラブ活動のチームメイトに遅れないよう補強練習ができればと思っています。

各自、グローブ、ボール、シューズなど必要なものを準備ください。
インラインスケートを持っている人は、持参ください。
ランニングも行ないますので、ランニングシューズは忘れないように!

同世代の選手から学ぶもの…

世界のチルドレン大会のひとつ・・・
「ウィスラーカップ」に日本代表で参加した選手たちのコメントが載っている。ココをクリック!

その時の戦略と振り返りが、しっかりと自分の言葉で表現できていますネ。

野沢合宿での朝到着の扱いについて

既にお知らせしている通り、
各日、トレーニングの開始時間が早朝の時間帯となります。

皆様の参加で到着日が朝着の場合(初日は全員となります)、
恐れ入りますが、宿舎集合ではなく、長坂ゲレンデ駐車場に車を停めていただき、直接ゴンドラ乗り場集合とさせてください。
2日目以降の参加で前泊の方は、問題ありません。
なお、
5月2日初日は資材運搬があります。ご協力いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。
詳しくはクラブアルペン野沢温泉合宿要項(ココをクリック!)をご覧ください。

フリートレーニングを振り返って…

前にも言ったように
この時期に重要な「基本トレーニング」を行ってきた。

朝一の空いていて、コンディションが良い時間帯は、ノンストップで斜面変化の対応をつけながらバンバン滑り込みを行った。(1時間位が目処)

その後は、
中緩斜面を利用しながらポジションの確認、切り替えからターン始動の場面の意識を高め、丁寧に滑ることに徹した。
両足首、膝と腰の位置関係、内膝の倒し方とバランスの取り方…
途中、ウェーブも利用しながら行ってきたが、なかなか上手く出来ないものである。

午後になると、
更に雪はグサグサ…ポジションが安定しないため、思ったように斜面に対し身体を動かすことが難しくなり、スピードも抑える必要が出てスキーを振ってしまう。
そうすると、
こんな雪では大きな抵抗となり、また難しくなるしポジションも後ろになりがち…。
もっと、
足首が曲げられる(膝が前に出る)ことと、それによりスキーのトップコントロールが行なえ、スキーを撓ませれる操作を覚えることが必要と感じた。
そして、
スキーを走らせるために足裏での加重ポイントを微調整できる技も必要かな…

と思っていると、
他のコーチも同様なトレーニングで同じようなことを語っていた…
『1ターン1ターン、きっちりとした「基本姿勢」がとれ、完成度の高いターンがつながれて滑る選手と、「やってるつもり」の完成度の低いターンがつながれて滑る選手とでは、差がつくのは当たり前だ。「最速」を追求していけば行くほど、それだけ「1ターンのクオリティー」が求められることとなるのだ。』

今回は、
まだまだ「基本トレーニング」と言っても滑走量を確保しながらのため、細かいチェックまでは行っていないが、野沢合宿が終わったあとは、細かい所を分解しながら練習しようと思う。
また、コブ斜面練習(小回り、斜滑降、中周り)も半日位は費やしたい。

フリートレーニングin かぐら

遅くまで、頑張ってしまいました!
普段、こういった雪質でたくさん滑ることがないので、疲れたことでしょう。
午後は、コブ斜面にも少しチャレンジしました。最初は身体が逃げていましたが、慣れてきましたね!
参加者の皆さん、お疲れさまでした。

フリートレーニングin かぐら

午後は、ザラメ雪でポジション確認!
a320de23.jpg71905188.jpg















2b71bf56.jpgf875ee17.jpg
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報