■骨盤を起こす、立たせることが重要
「骨盤が起きると、スピードがアップします。スキーやスノーボードをイメージしてもらえればわかりやすいのですが、雪山の斜面に対して骨盤が起きた状態で立つと、意識しなくても加速していきますよね。それと同じ理屈だと考えています」

そんな骨盤が立つ感覚を子どもたちに意識させるために最近導入したトレーニングツールが「フレックスクッション」。多くのJリーグクラブや、育成型指導で注目される興國高校サッカー部でも導入されているストレッチ専用クッションだ。

「フレックスクッションに乗ると、骨盤が立つ感覚がつかめます。骨盤の立たせ方を言葉で伝えるのは難しいですが、これに乗ったらわかる、この感覚やから、乗れば前傾姿勢が取れるよねと、体感することができます」

フレックスクッションを使った子どもたちは「体が固い方やねんけど、めっちゃ伸びる」「体が軽く感じる」「シュートの伸びが良くなった」「いつもと違うストレッチの感覚が味わえた」と感想を口にする。

フレックスクッションを使って股関節の可動域をしっかりと広げる

「フレックスクッションに乗ると、前傾姿勢がとりやすく、股関節周りや足のもも裏(ハムストリングス)、内側が張るのがわかるんです。そこが張っているということは、その筋肉が固いということ。柔軟性だけでなく、体幹も含めてアプローチできるのはいいですよね」

フレックスクッションはプロも多数取り入れているが、「(クッションに)乗ればわかるので、アスリートはすぐに、これは効果的やなと感じると思います。だから、たくさんのチームが取り入れているのではないでしょうか」と話す。