日曜日の朝、イタリア北部のマッジョーレ湖近くのストレサとモッタロンの頂上を結ぶロープウェイが落下、約14人が死亡した。

カプセルは正午(BSTの午前11時)にモッタロン山の頂上付近に落ちたと、イタリアの山岳救助サービスが言いました。

近くの町ストレーザのマルセラ・セヴェリーノ市長は、ケーブルが壊れたようで、パイロンにぶつかって地面に急落するまで車を送り込み、「木にぶつかる前に2、3回」を覆したと語った。

カプセルは約50フィート(15m)落ちたと考えられています。死亡した人々の何人かは小屋から投げ出された、と市長は言った。

「それはひどい、ひどいシーンでした」と、セヴェリーノさんはSkyTG24に話しました。

医師が航空救急車で病院に運ばれた2人の子供のうちの1人の心臓部を再開できなかったとき、死者の数は増加した。

トリノのレジーナ・マルゲリータ病院のスポークスマン、ピエール・パオロ・ベラは「これ以上できることは何もなかった」と語った。

ゴンドラが落下した地点は、海抜およそ1500メートルの山頂駅に到着する手前で、何らかの理由でロープが切れたとみられている。





210523001