If you were surprised to see Japan's Asa Ando crack the top 10 in Saturday's world championship slalom, you weren't the...

Ski Racing Mediaさんの投稿 2021年2月20日土曜日


安藤麻は、ドラシエのスラロームコースでスピードとフォームを披露し、1本目の滑走でフィニッシュした直後には、大きな歓喜の声を上げた。

"コルティナのフィニッシュエリアで、安藤はスキー・レーシング・メディアに語った。

この24歳の日本人選手は、2026年オリンピックのスラロームヒルで50秒45を記録し、24番目のスタート位置から7位を獲得した。

"予想していなかったので、本当に驚いたし、本当に嬉しいです」と安藤選手は語っています。

安藤選手は拳を振り上げ、力強く空気をパンチして、結果に満足している様子が伝わってきました。

"日本の母親との電話を終えた直後、彼女は大笑いしながら「すごい、なんて日なんだろう」と言いました。

安藤選手の2本目は、前回ほどではないものの、堅実な走りを見せた。550メートルの坂道を13番目の速さで滑った彼女は、キャリアベストの10位という結果になり、シフリン、ヴロホバ、オーストリアの新星カタリナ・リンスベルガーらに1秒差で迫る結果となった。

"実は全部覚えていないんです。スタートの時は本当に緊張していたし、上から下までも緊張していました」と安藤は2本目の滑りについて、興奮した様子で笑いながら語った。

"今までで最高の結果です。

躍動感あふれる日本のレーサーは、間違いなく、土曜日にコルチナで行われるグランドステージで、彼女の途方もない可能性を予感させていた。

アトミックは彼女を日本の "若いスキー竜巻 "と呼んでいます

"私たちは信じなければならない」と安藤は自分自身だけでなく、他の新進気鋭の日本人選手たちにも言及し、明日の男子スラロームではチームメイトを応援するために戻ってくることを明かした。

安藤は今季、ワールドカップ史上最高のシーズンを過ごしている。12月29日のゼンメリングではスラロームで15位、12月12日のクールシュベルではGSで22位とキャリアベストを更新している。

安藤の実績はアジアでのものが多く、多岐にわたる。彼女は日本のGSとスラロームで数々のタイトルを獲得し、何年にもわたって極東カップで圧倒的なパフォーマンスを見せ、2017年ウィンターユニバーシアードではスーパーGとジャイアントスラロームで金メダルを獲得し、4回のFISジュニア世界選手権に出場して貴重な経験を積んできました。

11月には、ウェンディ・ホールドナーのようなトップ選手が欠場していたにもかかわらず、安藤はディアボレッツァで開催されたスイス選手権でスラロームでトップの栄誉を手にした。

意外なことに、彼女は日本のパウダーのメッカである北海道に住んでいて、ヨーロッパを転戦していないときは、スキーをしない両親の出身である。安藤選手は、母親が大阪出身で父親は北海道出身だが、スキーよりも柔道が好きだという。

"母と兄はいつも何でも私のことを気にかけてくれて、毎日いつも私を支えてくれています。"母と兄がいなかったら、私はここにはいないでしょう」と彼女は言いました。

安藤選手は21歳で2018年平昌オリンピックに日本代表として出場しました。彼女は最初のスラローム滑走で 12秒88を出しました

2022年の北京オリンピックに向けて不確実性が渦巻いているが、安藤は必要な努力と決意があれば、自分のレースを昇格させることができると信じている。

"まずは15位以内に入らなければなりませんが、もちろんそれはとても難しいことです」と安藤は言います。"もっと強くなって、テクニックを向上させなければなりません。オリンピックは不安になることもある」と彼女は付け加えています。

しかし、土曜日の世界選手権の舞台でのパフォーマンスは、今後の彼女の自信につながるはずだと安藤は言う。

2030年の冬季オリンピック招致に向けて、札幌からの招致を考えれば、地元北海道のニセコでのスキーレースが有力視されていることを考えると、安藤選手にとって、母国の日本を代表して、自分の裏庭でオリンピックに出場することはどんなことなのだろうか?

この有望な選手は33歳になるが、1972年に開催されたように、札幌が国際オリンピック委員会を納得させれば、黄金のチャンスになるだろう。

"それはとても遠いですが、北海道から来ているので、本当に素晴らしいです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


asa