Il velocista tedesco da Monaco di Baviera: "L'operazione e andata bene, ma servira rimuovere un corpo articolare". Rimangono incerti i tempi di recupero

NEVEITALIAさんの投稿 2020年11月27日金曜日


トーマス・ドレッセンは股関節の手術を受けましたが、2回目の手術が必要になるかもしれません...

ミュンヘンのドイツ人スプリンター「手術はうまくいったが、関節の除去が必要になる」。復旧時間が不確定なままです。


ここ数年問題になっている左腰の繊細な手術。

先日発表されたように、コロラドでのトレーニング後に中止を余儀なくされたトーマス・ドレッセンは、シーズンを救おうとミュンヘンで手術を受けた。"手術は順調に進み、股関節の状態も良さそうですが、あまり嬉しくないのは関節の自由体が残っていることです。今、医師は問題を解決することを考えている」。

ドイツ代表チームの環境では、昨シーズンのワールドカップで下りで3度優勝したバイエルンの巨人(スペシャリティカップではフォウズに次ぐ2位)が、少なくともコルチナで開催される世界選手権に間に合うように回復する可能性は低いと考えられているが、2度目の手術は可能であり、回復時間は不明のままだ。"私は私が受け取った良いメッセージのために皆に感謝したいと思います、それはこの愛情を感じることが重要です "と、彼の病院のベッドからドレッセンは締めくくった。





Servus from the hospital!
As you may have read in the media, I have had hip surgery. Fortunately, the operation went...

Thomas Dressenさんの投稿 2020年11月26日木曜日


病院からの門番!
メディアでも紹介されていますが、私は股関節の手術を受けました。
幸いにも手術は無事に終わり、股関節の状態も良くなりました。
喜ばしくないのは、まだ自由関節の体が残っていることです。
今、先生方はこの問題をどう解決するかを考えているところです。
またお知らせします。
祈っていてくれてありがとう。
応援してくれてありがとう! 🙏🏼