🚨 BREAKING: Due to a lack of snow, the two men's Giant Slalom races from Val d'Isere will be rescheduled in Santa Caterina Valfurva (ITA) on 5th - 6th December 2020. #fisalpine

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年11月26日木曜日


雪不足のため、ヴァル・ディゼールの男子ジャイアント・スラローム2レースは、2020年12月5日〜6日にサンタ・カテリーナ・ヴァルフールヴァ(ITA)で再開催されます。




UPDATE: Ski Weltcup Riesenslalom-Rennen der Herren in Val d’Isere sind abgesagt ++++ https://skiweltcup.tv/index.php/update-ski-weltcup-riesenslalom-rennen-der-herren-in-val-disere-sind-abgesagt/

Skiweltcup.TVさんの投稿 2020年11月26日木曜日


ヴァル・ディゼールで開催されるスキーワールドカップ男子ジャイアントスラロームレースが中止に

UPDATE: 昨日お伝えしたことが、今日、ヴァル・ディゼールのスキーワールドカップ主催者によって確認されました。12月5/6日にフランスで予定されていた男子大回転は雪不足のため中止となった。猛暑が続いているため、人工的な積雪はできません。

2つのジャイアントスラロームレースの代替として、我々は聖カテリーナの代わりを務めます。12月12日、13日のスピードレース開催の可否は未定。ここではグレートンが急遽飛び込んできた。


ヴァルディゼール - フランスのヴァルディゼールで開催されるワールドカップレースの主催者は、本当に運がない。2019年12月にフラウ・ホーレがベッドを揺らしたのはお行儀が良すぎて、今年は寒さ以外の何物でもない。12月5日と6日に開催される予定だった2つの男子ジャイアントスラロームは、ベルヴァルド顔ではなく、オレール・キリー斜面で行われることになっていた。通常はリザーブコースで行われる女子スピードレース。主催者はまだレースに適したコースを作ることができていない。

地元の天気予報士の見通しは芳しくないため、主催者側は2日後のFISの雪のチェックまでに男子レースを中止したいと考えている。代替会場はサンタ・カテリーナ・ヴァルフールヴァになります。ボルミオのすぐ近くでは、造雪システムがホワイトベースを提供してくれる可能性があります。このやや混沌とした、そして、コロナウイルスのために、やや異なる暦の中で物事がどのように続くかは不明です。ヴァル・ガルデナで行われる男子スピード競技は12月12日と13日に行われる可能性がある。

しかし、クーシュベルでさえもまだ緑が残っていて、12月12日と13日には2つの巨大女子スラロームが行われる。12月3日以降は寒くなるかもしれませんが、これでいいのかどうかはまだわかりません。サンモリッツではいわばスピードシーズンの到来を告げる12月5日と6日の女子スーパーG'sも危なくない。しかし、3年半以上前にオーストリアのニコル・シュミットホーファー選手が世界選手権で金メダルを獲得した場所には、まだ冬の雰囲気がありません。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




Wegen Schneemangels: Die Riesenslaloms Anfang Dezember wurden ins italienische Santa Caterina Valfurva verlegt.

ORF Sportさんの投稿 2020年11月26日木曜日