フランスでは、12月1日以降もロックダウンが続いているが、FISはヴァルディゼールの地元主催者と協力して、来月の3週間のワールドカップレースを進める計画を発表した。

イベントは12月5日から20日まで予定されており、「主催者が地元当局と完全に協力して手配した健康プロトコルを完全に尊重して開催される」と主催者は述べている。

この秋、ヨーロッパ全土で悪化したCOVID-19の流行に直面して、FISはワールドカップのスキーカレンダーの変更を余儀なくされました。ヴァル・ディゼールは3つのワールドカップ週末の開催地に選ばれ、合計7つのレースが歴史あるOK(オレイラー・キリー)コースで開催されることになった。ラ・ダイユの舞台は、テクニカルイベントとスピードイベントの両方に適しています。

"主催者であるCriterium de la Premiere NeigeのIngrid Jacquemodは、「数週間前にFISから通知があったことを確認できたことを大変うれしく思います。"クリテリウム・ドゥ・ラ・プルミエール・ネージュは65歳の誕生日を迎え、オレール・キリーのレースコースで7つのワールドカップレースを開催します。現在の状況を考えると、これは私たちへの大きな賛辞であり、私たちが提供できるものへの大きな自信の証です。この複雑な時代にFISからの新たな信頼を得られたことを大変光栄に思います。

フランスからの報告によると、今は会場の雪不足に焦点が移っています。

"雪の大砲は、オレール・キリー斜面のフォリー・ドゥースの上で作動することができました。それ以外の部分については、天気予報では11月18日から19日の間に寒さの窓があると言われており、それを利用しなければならない」とフランス連盟のミシェル・ヴィオン会長はスキークロノに語った。

雪のコントロールは11月27日に予定されている。プランBはないので、FISはあまりこだわらないだろう。

The program for Val d’Isere is as follows:

Dec. 5-6 – men’s technical disciplines
Saturday, Dec. 5: Giant Slalom
Sunday, Dec. 6: Giant Slalom

Dec. 9-13 – men’s speed disciplines
Dec. 9-11: Downhill training
Dec. 12: Downhill
Dec. 13: Super G

Dec. 15-20 – women’s speed disciplines
Dec. 15-17: Downhill training
Dec. 18: Downhill
Dec. 19 : Downhill
Dec. 20: Super G

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。