"The issue is not that there are not enough opportunities for athletes to receive comprehensive and professional training and coaching; the issue is there are too many."

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月22日火曜日


Two strangers running next to each other at a similar speed will often find themselves increasing their pace to overtake the other. Each one raises their effort pushing out of their comfort zone. The pace escalates until one approaches or reaches their limit and cracks. Both the runner overtaken and the one who passed the other will soon return to the effort they were comfortable with.
同じようなスピードで隣り合って走っている見ず知らずの二人は、しばしば相手を追い越すためにペースを上げていることに気づくだろう。それぞれが自分の快適なゾーンから押し出すように力を入れていきます。ペースはエスカレートしていき、一方が限界に近づくか、限界に達してヒビが入るまで、ペースを上げていきます。追い抜かれた方も、追い越した方も、すぐに元のペースに戻ってしまいます。

Competition that is closely matched creates the greatest intensity. If passed by a runner much faster, there may be a momentary increase of effort but the futility of keeping up rapidly becomes evident. When easily faster than others, the ultimate effort is difficult to extract and sustain. The best is brought out when athletes are shoulder to shoulder and the hope is present that additional effort will bring success.
密接に一致している競争は、最大の強度を作成します。遥かに速いランナーに抜かれた場合、一瞬は努力が増えるかもしれませんが、急速に追いつくことの無益さが明らかになります。簡単に他の人よりも速いとき、究極の努力を抽出し、維持することは困難です。アスリートが肩を並べて、さらなる努力が成功をもたらすという希望が存在するときに、最高の状態を引き出すことができます。

Coaches, athletes and parents often make the mistake of assuming that competing regularly at the highest level possible is the best for athlete development and improvement in rankings. The truth is that competing at the level where success is realistically attainable provides the motivation to increase skills, push limits and strive to improve. Point-scoring opportunities are the greatest in a race environment where the skier is closely matched in skill as compared to the race with the lowest penalty.
コーチ、アスリート、保護者は、可能な限り高いレベルの競技を定期的に行うことが、アスリートの成長や順位の向上に最適であると思い込んでいることが多い。しかし、現実的に成功が可能なレベルで競技を行うことは、スキルを向上させ、限界に挑戦し、向上に向けて努力するモチベーションを与えてくれます。ポイント獲得の機会は、ペナルティが最も少ないレースと比較して、スキーヤーの技術が密接にマッチしているレース環境の中で最大のものとなります。

Athlete development is not as much about identifying talent for special coaching and teams as it is about having a system where all participants are able to participate in appropriate competition for their current skill level and have the opportunity to advance to increasingly challenging competition. As they outgrow their current environment, there are steps that will lead the best to the top of the world.
アスリートの育成とは、特別なコーチングやチームのための才能を見極めることというよりも、参加者全員が現在のスキルレベルに合った適切な競技に参加し、より難易度の高い競技に進む機会を得られるようなシステムを持つことである。彼らが現在の環境から脱却していく中で、世界の頂点へと導いていくステップがあるのではないでしょうか。

At the elite level, a nation needs to have 2-4 podium contenders in every World Cup to be the best team in the world. This equates to 8-12 men and 8-12 women, between the ages of 18 and 35+ ranked among the top 15 in the world in their podium events. Whether measured in medal counts at World Championships and Olympics or titles and Nation’s Cup, the best team in the world will be deep with podium skiers.
エリートレベルでは、世界最高のチームになるためには、毎回のワールドカップで2〜4人の表彰台に上ることが必要です。これは、18歳から35歳以上の男子8〜12人、女子8〜12人が、それぞれの種目の表彰台で世界トップ15にランクインしていることに相当します。世界選手権やオリンピックでのメダル数、あるいはタイトルやネーションズカップでのメダル数で測っても、世界最高のチームは表彰台のスキーヤーを擁していることになります。

Development of international podium skiers doesn’t begin at the U.S. Ski Team or World Cup. As a nation, we need to participate and be competitive in benchmarking events such as International FIS Children’s Competitions, World Junior Championships and Continental Cups. The direct correlation between individual participation or even performance in these events at the earlier ages and World Cup and Olympic performance is weak. However, it is imperative that we establish that our standard in the United States is competitive internationally. By being engaged and competitive internationally at critical stages of development, the nation’s top athletes are challenged to be the best in the world. Returning home to compete locally, divisionally and regionally this level is seeded into the system setting the bar for everyone.
国際的なポディウムスキーヤーの育成は、アメリカのスキーチームやワールドカップでは始まりません。国として、国際FISチルドレン大会、世界ジュニア選手権、コンチネンタルカップなどのベンチマークイベントに参加し、競争力をつける必要があります。個人のこれらのイベントへの参加、あるいは早い年齢でのパフォーマンスとワールドカップやオリンピックのパフォーマンスとの間の直接的な相関関係は弱い。しかし、米国での基準が国際的に競争力のあるものであることを確立することが不可欠です。開発の重要な段階で国際的な競争に従事し、国際的に競争力を持つことで、国のトップアスリートは世界最高の選手になるために挑戦しています。地元、部門別、地域別に競争するために帰国し、このレベルは、すべての人のためのバーを設定するシステムにシードされています。

It is not necessary for the athlete to participate in these highly selective events to benefit competitively from them. In fact, competing at a level too much of a reach for current skill levels can be discouraging and detrimental to development. Selection or not is an unreliable indicator of future success.
それは、選手がそれらから競争的に利益を得るために、これらの高度に選択的なイベントに参加するために必要ではありません。実際には、現在のスキルレベルでは手の届かないレベルで競技をすることは、選手の成長を阻害してしまう可能性があります。選抜されているかどうかは、将来の成功の指標にはなりません。

The sport system we have evolved over time has many areas with advancement standards and a clear path There are, however, major overlapping spheres of focus creating expensive redundancies in the sport pipeline.
時間をかけて進化してきたスポーツシステムには、進歩の基準と明確な道筋を持つ多くの分野があります。しかし、スポーツのパイプラインに高価な冗長性を生み出す大きな焦点の領域が重複しています。

The National Governing Body (NGB) has the broadest mandate both working to incubate the sport at the entry level and ultimately field competitive national teams at the Olympics, World Championships, World Junior Championships and other competitions for the nation’s most highly competitive athletes. Expecting U.S. Ski and Snowboard (USSS) to effectively support, manage or fund the entire sport pipeline is unrealistic. Resources, while great, are not enough to do everything we would like. It is up to all of us in the community to focus our efforts on the portion of the pipeline we can most effectively and efficiently operate in and support.
ナショナル・ガバニング・ボディ(NGB)は、エントリー・レベルでスポーツを育成し、最終的にはオリンピック、世界選手権、世界ジュニア選手権、その他の競技会で国内の最も競争力の高いアスリートのためのナショナル・チームを編成するという、最も広範な任務を担っています。U.S. Ski and Snowboard (USSSS)がスポーツのパイプライン全体を効果的にサポート、管理、資金提供することを期待するのは非現実的です。リソースは十分ではありますが、私たちが望むすべてを行うには十分ではありません。パイプラインの中で最も効果的かつ効率的に運営し、サポートできる部分に力を注ぐのは、コミュニティにいる私たち全員です。

Local clubs are best positioned to be hands on at the entry level, collaborating with their host resorts to build interest, introduce kids to the sport, and offer programs for kids to nurture their passion and improve their skills. NGB support can take the form of providing guidance through philosophy, education, policy, rules and selections.
地元のクラブは、ホストリゾートと協力して関心を高め、子供たちにスポーツを紹介し、子供たちの情熱を育み、技術を向上させるためのプログラムを提供することで、エントリーレベルでの活動に最も適しています。NGBのサポートは、理念、教育、ポリシー、ルール、セレクションなどを通じた指導という形をとることができます。

At the other end of the range, USSS is uniquely responsible for fielding internationally competitive national teams. From the first developmental events where national teams are fielded through the highest levels of the sport, it is solely for the NGB to select, train and fund the athletes who represent the United States on the international stage. Selections must be disciplined to identify the athletes with demonstrated performance or potential to be competitive at the event selected for. Training for the youngest should include pre-event or limited off-season camps while full-time teams train those athletes with demonstrated World Cup podium potential. With finite resources, the difficult choice is between full funding for a very select group of athletes or incomplete funding for some to involve larger groups of athletes. At the highest international levels the focus must be on performance, not participation.
その一方で、国際的に競争力のあるナショナルチームを擁するのがUSSSSです。代表チームを編成する最初の育成競技から、スポーツの最高レベルまで、国際舞台で米国を代表する選手の選抜、トレーニング、資金提供は、NGBのみが行うことになります。選抜は、選抜された競技会でパフォーマンスを発揮した選手、または競技力を発揮できる可能性のある選手を識別するために、規律をもって行われなければならない。フルタイムのチームがワールドカップの表彰台の可能性を実証した選手を訓練しながら、最年少のトレーニングには、イベント前または限定的なオフシーズンのキャンプが含まれている必要があります。限られたリソースの中で、非常に厳選されたアスリートのグループに全額資金を提供するか、あるいはより大きなアスリートのグループを巻き込むために不完全な資金提供を行うかの選択は難しい。最高レベルの国際レベルでは、参加ではなくパフォーマンスに焦点を当てなければなりません。

The area between the local clubs and the NGB is a mixed bag of overlapping responsibilities creating tension and competition between entities and wasteful allocation of resources. The NGB, Regions and Divisions, universities, PG and private teams, large clubs or academies and grassroots clubs are all elbowing each other in the same space at the older junior ages (15-20).
地元のクラブとNGBの間の領域は、重複した責任の混在した袋であり、緊張とエンティティ間の競争と資源の無駄な配分を作成します。NGB、リジョンとディビジョン、大学、PGチームとプライベートチーム、大規模クラブやアカデミー、草の根クラブなどが、年齢の高いジュニア年代(15〜20歳)では、同じスペースでお互いに肩を並べています。

As a result, the level of commitment demanded professionalizes the sport for too many, rapidly escalates costs and leads to attrition. The issue is not that there are not enough opportunities for athletes to receive comprehensive and professional training and coaching; the issue is there are too many.
その結果、要求されるコミットメントのレベルは、あまりにも多くの人のためにスポーツをプロ化し、急速にコストを増大させ、人員削減につながっています。問題は、アスリートが包括的で専門的なトレーニングやコーチングを受ける機会が十分にないことではなく、問題は多すぎることです。

The overwhelming majority of athletes are appropriately challenged by their ability or age peer group in races that are accessed locally. It is not until the athlete reaches the top 2-3% of their respective competition when advancement to a more competitive peer group is critical to support continued development. The correct competitive level for the majority of the season is one in which competitor skills are relatively matched and goals to move up, ski into the flip and eventually on to the podium are realistic.
圧倒的多数のアスリートは、地元でアクセスできるレースで、能力や年齢に応じた適切な挑戦を受けています。選手がそれぞれの競技の上位2〜3%に到達するまでは、より競争力のある同業者グループへの昇格が継続的な成長をサポートするために重要です。シーズンの大部分の競技レベルは、競技者のスキルが相対的にマッチしていて、順位を上げたり、フリップで滑ったり、最終的には表彰台に上るという目標が現実的なものであることが、正しい競技レベルです。

Occasional stretch competitions to experience the competition at the next level are an important part of the developmental process. However, most athlete management mistakes are made when athletes spend too much time competing at stretch competitions and experience repeated failures.
次のレベルの競技を体験するための時折のストレッチ競技は、開発プロセスの重要な部分です。しかし、ほとんどのアスリートのマネジメントミスは、ストレッチ競技に時間をかけすぎて失敗を繰り返したときに起こります。

Not enough value is given to competing in events where winning is the goal. The mantra of “winning at every level” implies that athletes learn to win or experience significant success when advancing from level to level. The ideal is to have a system where athletes can access multiple levels of competition to experience being stretched, competing as part of a matched peer group, and in an environment where top 10s and podiums are expected.
勝つことがゴールとなる競技に十分な価値が与えられていない。すべてのレベルで勝つ」というマントラは、アスリートがレベルからレベルへとレベルアップしたときに、勝つことを学んだり、大きな成功を経験したりすることを暗示しています。理想的なのは、選手が複数のレベルの競技にアクセスして、ストレッチされたり、マッチした仲間の一員として競い合ったり、トップ10や表彰台が期待される環境の中で、経験できるようなシステムがあることです。

Several years ago, in a conversation with former national team skier and broadcast analyst Steve Porino, he coined the phrase “financial doping” when discussing the outsized impact that resource allocation can have in determining athletic outcomes. As dangerous as doping with performance enhancing drugs, the uneven application of resources can elevate an athlete beyond a higher potential competitor.
数年前、元ナショナルチームのスキー選手で放送アナリストのスティーブ・ポリーノ氏との会話の中で、彼は「金銭的ドーピング」という言葉を造語にして、資源配分が競技の結果を決定する際に与える影響の大きさについて議論しました。パフォーマンス向上薬によるドーピングと同じくらい危険なのは、資源の不均等な配分がアスリートをより高い潜在能力を持った競技者以上に引き上げる可能性があるということです。

The ideal athlete development system will be a meritocracy where advancement is determined by performance resulting from commitment, effort and talent and not limited by means. This sport system will provide accessibility at all levels, exciting competition leading to retention and produce national teams that are the best in the world.
理想的なアスリート育成システムは、手段によって制限されるのではなく、コミットメント、努力、才能の結果として得られるパフォーマンスによって進歩が決定される実力主義である。このスポーツシステムは、あらゆるレベルでのアクセスを可能にし、エキサイティングな競争を実現し、世界最高のナショナルチームを輩出するものである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。