“Consider the vital importance of the mind in ski racing. Motivation, confidence, intensity, focus, emotions,...

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月5日土曜日


Mental preparation is a missing piece of the ski racing puzzle
精神的な準備は、スキーレースのパズルの欠落した部分である

I would first like to express my appreciation to Dan Leever and Ski Racing Media for initiating this essential conversation about how the U.S. Ski Team can live up to its vision: “Best in the World.” I would also like to thank Dan and SRM for giving me the opportunity to contribute to this exchange of ideas in the area of my passion and expertise, namely, the psychological aspects of world-class ski racing performance.
まず最初に、アメリカのスキーチームのビジョンを実現するにはどうすればいいのかという本質的な会話を始めてくれたダン・リーバーとスキー・レーシング・メディアに感謝の意を表したいと思います。"世界最高のスキーチーム "というビジョンを実現するためにはどうすればいいのかという本質的な話を始めてくれたダン・リーバーとSRMに感謝したい。また、私の情熱と専門知識、つまりワールドクラスのスキーレースのパフォーマンスの心理学的側面という分野で、このような意見交換に貢献する機会を与えてくれたダンとSRMに感謝したい。

I’ve been involved in our sport for more than 50 years (yikes!), first as an internationally ranked competitor and, for the last 35-plus years, specializing in the psychology of ski racing. During that time, I have seen the U.S. Ski Team rise to remarkable heights and fall the great depths. And throughout its history, the USST has sought to identify all of the pieces of the ski-racing success puzzle that would lead our country to the top of the alpine ranks alongside, at various times, Austria, Norway, Switzerland, Germany, Italy, France, and Sweden. I truly believe that the collective passion, knowledge, and experience of the many stakeholders in our sport and an open and honest dialogue such as Dan has begun here can help us find those crucial pieces of the puzzle that will take us to the top of the mountain, metaphorically speaking, and down to the bottom faster than any country in the world.
私は50年以上もこのスポーツに関わってきたが、最初は国際的なランキングの選手として、そして過去35年以上はスキーレースの心理学を専門としてきた。その間、私はアメリカのスキーチームが目覚ましい高みへと上り詰めるのを見てきました。その歴史の中で、USSTは、オーストリア、ノルウェー、スイス、ドイツ、イタリア、フランス、スウェーデンと並んで、わが国をアルペンランキングのトップに導くスキーレースの成功のパズルのすべてのピースを見極めようとしてきました。ダンがここで始めたような、オープンで率直な対話のような、スポーツに関わる多くの関係者の情熱、知識、経験の結集が、世界のどの国よりも早く、比喩的に言えば山の頂上に、そしてどん底に落ちていくためのパズルの重要なピースを見つける助けになると、私は心から信じています。

With all that said, over the next month or so, I will be sharing a series of articles that explore why and how the psychology of ski racing performance should be a part of this important conversation. Just as U.S. ski racing is looking for the “secret sauce” for on-snow volume and intensity, technical and tactical development, physical conditioning, nutrition, and other contributors to our sport, I believe that mental training is another fundamental area that must be addressed in a systematic way to fully develop a large number of athletes who are prepared for consistent success on the world stage.
そうは言っても、これから1ヶ月ほどの間に、スキーレースのパフォーマンスの心理学がなぜ、そしてどのようにしてこの重要な会話の一部となるべきなのかを探る一連の記事を紹介していく予定だ。米国のスキーレースが雪上のボリュームと強度、技術と戦術の開発、フィジカルコンディショニング、栄養、その他の貢献者のための「秘密のソース」を探しているように、私はメンタルトレーニングもまた、世界の舞台で一貫した成功を収めるために準備された多くのアスリートを完全に育成するために、体系的な方法で取り組まなければならない基本的な分野であると信じています。

Consider the vital importance of the mind in ski racing. Motivation, confidence, intensity, focus, emotions, resilience, adaptability, patience, perseverance, coachability, attitude, collaboration, the list goes on. Yes, these mental “muscles” can develop on their own with individual athletes. At the same time, like any muscle, mental muscles will get their strongest fastest if trained in a systematic and consistent way from an early age. There are several benefits to pursuing this course of action. Such an approach would increase the chances of otherwise talented ski racers who lacked the inherent or self-developed mental strength to realize their fullest abilities. A programmatic approach to mental training would also impact the team culture, creating a team that is collectively imbued with these same mental capabilities. Along with this shared mental strength, whether an academy, club, or the USST, as the saying goes, a rising tide lifts all boats.
スキーレースにおける心の重要性を考えてみましょう。モチベーション、自信、集中力、集中力、感情、回復力、適応力、忍耐力、忍耐力、コーチング能力、態度、協調性、などなど。そう、これらの精神的な "筋肉 "は、個々のアスリートによって発達することができます。同時に、他の筋肉と同じように、精神的な筋肉も幼少期から体系的かつ一貫した方法で鍛えられれば、最速で最強の筋肉になります。この方法を追求することには、いくつかのメリットがあります。このようなアプローチは、先天的な精神力や自己開発した精神力に欠けていた才能あるスキーレーサーが、その能力を最大限に発揮できる可能性を高めることになる。また、メンタルトレーニングへのプログラム的なアプローチは、チーム文化にも影響を与え、同じような精神力を集団的に身につけたチームを作ることになるだろう。アカデミーであれ、クラブであれ、USSTであれ、このようなメンタルの強さを共有することで、「潮の満ち引き」という言葉があるように、すべての船を持ち上げることができるのである。

Importance of mental training in ski racing
スキーレースにおけるメンタルトレーニングの重要性

Over my years of professional involvement in ski racing, I’ve asked 1000s of racers, coaches, and officials this key question: How important is the mental side of ski racing compared to conditioning and technique? The results of this informal survey indicate that 99% of respondents believe that the mind is as or more important.
スキーレースに長年携わってきた私は、10000人ものレーサー、コーチ、オフィシャルにこの重要な質問をしてきました。スキーレースのメンタル面は、コンディショニングやテクニックに比べてどれだけ重要か?この非公式調査の結果、回答者の99%が「心」が重要であると考えていることがわかりました。

Consider the top-10 racers, male or female, on the World Cup. Are they all gifted? Yes. Are they all in exceptional physical condition? Yes. Are they all technically sound? Yes. Do they all have the best equipment? Yes. So, on race day, what separates Henrik and Alexis or Mikaela and Petra from the rest of the field? All of these other factors being equal, it must be what goes on in their minds. Yet, when I ask these same racers and coaches how much time and energy is devoted to mental preparation, they indicate not very much and certainly not as much as it deserves.
ワールドカップに出場する男女のトップ10選手を考えてみてください。彼らは全員才能がありますか?はい。全員が並外れた体調ですか?はい。技術的に問題ないか?はい 最高の機材を持っているか?はい。ではレース当日、ヘンリックとアレクシス、ミカエラとペトラを他の選手たちと分けるものは何か?他のすべての要素が同じならば、それは彼らの心の中にあるものに違いない。しかし、同じ選手やコーチに精神的な準備にどれだけの時間とエネルギーが費やされているかを尋ねると、彼らはあまり多くはないし、それに値するほどでもないと答えている。

One thing we can all agree on is that the mind is an essential piece of the ski-racing performance puzzle that is largely neglected at both the individual and organizational levels. And therein lies a powerful opportunity for U.S. ski racing.
ひとつ言えることは、心はスキーレースのパフォーマンスのパズルの重要な部分であり、個人レベルでも組織レベルでもほとんど無視されているということです。そして、そこには米国のスキーレースにとって強力な機会がある。

Current commitment to mental training in U.S. ski racing
米国のスキーレースにおけるメンタルトレーニングへの現在の取り組み

Across the different levels of development in U.S. ski racing, conditioning and on-snow training consumes a disproportionately greater amount of time, resources, and staffing than does mental training. The typical commitment of time devoted to the former is three-to-six hours a day. The typical commitment of time to mental training is close to zero. A few years back, I learned that the budget for mental training of one national team was about six percent of the conditioning budget. While the USST and every ski academy and club have full-time technical and conditioning coaches, none have full-time mental coaches. Moreover, when mental training is offered, its presence is vastly different from the physical conditioning and technical regimens that racers benefit from (more on that in a later article). In all cases, I’m not arguing that mental training should be on equal footing as conditioning and on-snow training. At the same time, given the professed importance of mental training in the U.S. ski racing community, some movement toward parity would seem reasonable.
米国のスキーレースにおけるさまざまなレベルの発達の中で、コンディショニングと雪上トレーニングは、メンタルトレーニングよりも不釣り合いに多くの時間、リソース、人員を消費する。前者に費やされる時間の典型的な割合は、1日3〜6時間です。メンタル・トレーニングに費やす時間の典型的な割合はゼロに近い。数年前、あるナショナルチームのメンタルトレーニングの予算はコンディショニング予算の約6パーセントだったことを知りました。USSTをはじめ、すべてのスキーアカデミーやクラブには専任のテクニカルコーチとコンディショニングコーチがいるのに対し、専任のメンタルコーチは一人もいない。さらに、メンタルトレーニングが提供されている場合、その存在は、選手が恩恵を受けるフィジカルコンディショニングや技術的なレジメンとは大きく異なります(それについての詳細は後の記事で)。いずれの場合も、メンタルトレーニングがコンディショニングや雪上トレーニングと対等であるべきだと主張しているわけではない。同時に、米国のスキーレース界でメンタル・トレーニングの重要性が公言されていることを考えると、同等性を求める動きは妥当であると思われる。

Based on feedback I have received in recent years from the many USST athletes I’ve worked with, consultants have sporadic contact with the athletes and it is focused primarily on individual athletes. Moreover, there is no mental training performance model, no programmatic progression or consistency, little incorporation of mental training into physical conditioning or on-snow training, and limited integration of mental training into the overall athlete development program (I’m open to being corrected if this information is inaccurate).
ここ数年、私が関わってきた多くのUSSTアスリートからのフィードバックによると、コンサルタントはアスリートと散発的に接触しており、主にアスリート個人に焦点を当てている。さらに、メンタルトレーニングのパフォーマンスモデルもなく、プログラムの進行や一貫性もなく、フィジカルコンディショニングや雪上トレーニングにメンタルトレーニングを取り入れることはほとんどなく、アスリート育成プログラム全体にメンタルトレーニングを取り入れることは限られています(この情報が不正確であれば、訂正されることを歓迎します)。

Current state of mental training in other ski teams and sports
他のスキーチームやスポーツにおけるメンタルトレーニングの現状

My above observations aren’t intended as criticisms of the USST. The reality is that no national team has figured out how to systematically and effectively incorporate mental training into their country’s long-term athletic development program. I have had discussions with performance directors and coaches from most of the leading alpine countries and the message has been the same: They haven’t been able to to fit mental training into their development systems, so the European teams generally leave athletes to their own devices when it comes to mental training.
私の上記の見解は、USSTに対する批判を意図したものではありません。現実には、どのナショナルチームも、自国の長期的な競技開発プログラムにメンタルトレーニングを体系的かつ効果的に組み入れる方法を見つけ出せていないのです。私は、アルペンの主要国のほとんどのパフォーマンスディレクターやコーチと議論してきましたが、同じようなメッセージを受けました。

This hands-off approach is, however, at odds with the best practices found in other sports. For example, more than 75% of NCAA Division I athletic departments have full-time sport psychologists (who address both performance and mental health issues). Almost every NFL, MLB, and NBA team has a full-time mental coach. And, not surprisingly, Red Bull has a full-time staff of sport psychologists doing what Red Bull does in everything it invests in, namely, push the envelope of conventional wisdom and practices in athletic development.
しかし、このような手をこまねいたアプローチは、他のスポーツのベストプラクティスとは相反するものです。例えば、NCAAのディビジョンIの競技部門の75%以上が、フルタイムのスポーツ心理学者(パフォーマンスとメンタルヘルスの両方の問題に対処する)を持っています。ほぼすべてのNFL、MLB、NBAのチームは、フルタイムのメンタルコーチを持っています。そして、驚くことではありませんが、レッドブルは、レッドブルが投資しているすべてのもので何をしているのか、すなわち、スポーツ開発における従来の知恵と実践の限界を押し広げる、スポーツ心理学者のフルタイムのスタッフを持っています。

I would suggest that the situation that I’ve just described offers U.S. ski racing an incredible opportunity to lead and innovate in an area that other nations haven’t and to provide that piece of the puzzle that everyone in our sport says is so important, yet has not been fully leveraged. My ultimate goal is to help U.S. ski racing to fulfill its vision by encouraging the development of a world-leading mental training program which is fully integrated into its overall athlete development system from junior programs up to the top of the USST and that develops athletes who are comprehensively prepared for success at the highest levels of ski racing.
私が今述べたような状況は、アメリカのスキーレースに、他の国が行っていない分野をリードし、革新する絶好の機会を提供していると思いますし、私たちのスポーツの誰もが非常に重要だと言っているのに、まだ十分に活用されていないパズルのピースを提供することができます。私の究極の目標は、世界をリードするメンタルトレーニングプログラムの開発を奨励し、ジュニアプログラムからUSSTのトップまでの選手育成システムに完全に統合され、スキーレースの最高レベルでの成功に向けて総合的に準備された選手を育成することで、アメリカのスキーレースがそのビジョンを達成するのを助けることです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。