ドイツスキー協会も当然コロナウイルスの話題を扱っています。 2019/20スキーワールドカップシーズンはどのように続けるべきですか? DSVスポーツディレクターのWolfgang Maierは、インタビューでBR24 Sportに話を聞きました。

「ワールドカップの決勝戦だけでなく、全体的な状況、次のレースをどのように組織するか、コロナウイルスとどのように戦うかについてです。医療があり、政治的な決定があります。決定方法に応じて、スキーワールドカップは月曜日に終了します。私たちは今、他の誰かに何をすべきか、何をすべきでないかを決定させています。要求は、FISによる決定を望むことでした。 FISでノルウェーに行くかどうかを誰が決めるべきか、これは特に公平だとは思いません。ウイルスのさらなる拡散に関与したくありません。最終的には、誰もが責任を他の誰かに委ねる解決策を探します:いいえ、私たちはそれをしない、またはそれをします。それは今、本当に難しいことだと思います。」

(Google翻訳)