FISレースディレクターのMarkus Waldnerが昨夜演説したように、スキーワールドカップでストップボタンを押すべきですか?重大な決定以上のもの。スポーツの観点からだけでなく、多くのスキー場や観光パートナーも対象にしています。確かに通常のスキー旅行者に広範囲に影響を与える決定。ゼルデンがシーズンの初めにスキーの喜びを目覚めさせることになっているように、スキーワールドカップシーズン全体のキャンセルは逆の効果をもたらす可能性があります。

FISでアスリートの健康が非常に深刻なリスクにさらされていると言った場合、スキーワールドカップのシーズンをキャンセルする方法はありません。

それはまた、責任者から、そして何よりもアスリートから軽減できないリスク評価です。しかし、キッツビュールから「ストレイフ」やビーバークリークの「猛禽類」をドライブする場合でも、レーサーは常に責任を負います。

2019/20シーズンが定期的に終了する場合、すべてのレーサーは、外部からのプレッシャーなしでスタートしたいかどうかを自分で決めることができることが重要です。

空のグランドスタンドの前でレースをするという考えは、決して良くありません。ただし、評議会は現時点で主要なイベントに出席しないことが賢明であるため、この措置を理解する必要があります。リスクの高い地域にない交換場所を選択することは、理解できる決定です。

ただし、スキーワールドカップ全体で停止ボタンを押すと、通常のスキーヤーはゲレンデに出てはならないという兆候も設定されます。ゴンドラやアフタースキーの感染のリスクは、アスリート自身よりも見知らぬ人の方がおそらく大きいでしょう。

重大な決定以上のものです。責任者は決してうらやましいとは限らず、確かに多くのことを考えます。決定が下されると、すべての側に受け入れられ、後で質問されることはありません。

(Google翻訳)