日本のジャイアントスラロームでのフィリップ・ズブッチのサプライズ勝者

湯沢苗場による2つの男子レースの最初のレースは、土曜日のアルペンスキーワールドカップで最高の勝者をもたらしました。クロアチア人のフィリップズブチッチは、第1ラウンドの後、12位から日本の巨大なスラロームを獲得しました。そして、それはマルコオデルマットより0.74秒先でした。アメリカン・トミー・フォードは1.07秒遅れて3位に終わりました;ズーチッチは今年アデルボーデンですでに2位でフィニッシュしており、2度目の素晴らしい走りで1段高くなりました。 「信じられないです、私は言葉がありません」とフィニッシュエリアで27歳は言いました。 「夢が実現しました。2回目の実行は信じられないほどでした。」オーデルマットも同様に満足していました。 0.74秒のトップへの赤字は、ハーフタイムで3番目として南軍にすでに与えられていました。

Henrik KristoffersenとLeif Kristian Nestvold-Haugenの背後にはオールラウンダーがいて、滑走路が解体されたときに最終ランク5と4で両者が0.01秒離れてしまいました。 Aleksander Aamodt Kildeは、ノルウェーのパッケージをさらに100分の1で6番目(+1.16)に完成させ、ワールドカップ全体でトップに立ち続けました。彼は現在、クリストファーセン、フランス人アレクシスピントゥローの15日目に74ポイント差をつけています。 (1,59)キルデを補う124ポイントがあります。

オデルマット、ジノ・カヴィーゼル(12位)、セドリック・ノジャー(19位)に加えて、他の2人のスイス人がポイントを獲得しましたが、ジャスティン・ムリシエは2回目に失敗しました。グリソン・カヴィーゼルにとっては、もちろん、もっと多くが中に入っていたでしょう。最初のラウンドの後の5位は、決勝で絶対的なトップの位置に向かっていた。ルートの最後のセクションでのミスにより、彼はいくつかの場所に後退しました。

マルコ・シュワルツとローランド・ライティンガーは、13位で不思議なことにエクセオのズブチッチに1.50秒遅れて最高のオーストリア人でした。また、それ以前の規律分類で最高のOSVランナーでもありました。それ以外の場合、マヌエルフェラーのみがオーストリアのポイントを21位(2.34)で獲得し、ドミニクラシュナーは決勝ヒートの最初の30回目を獲得しました。 Johannes Strolz(32。)、Adrian Pertl(33。)、Magnus Walch(41.)が最初のランでスタックしました。

ジャイアントスラロームワールドカップでは、クリストファーセンのザンクラニェツのリードがわずか9ポイントだったが、10ポイントに絞り込まれ、ピントゥローとズブチッチはスロベニアに続く56ポイントを追いました。今シーズン最後の3番目のジャイアントスラロームは、来週の日曜日にHinterstoderで開催されます。ただし、その前に、日曜日(午前2時と午前5時)に湯沢苗場でスラロームが完了します。

(google翻訳)