FIS Autumn Meetings Conclude in Zurich
FIS秋の会議がチューリッヒで終了

On Saturday, October 5, the FIS Autumn Meetings officially came to an end at the Hilton Zurich Airport Hotel after a week of productive meetings to best shape the future of the FIS Alpine World Cup. Below are the main updates from the five-day meetings in Zurich.
10月5日土曜日、FIS秋の会議は、FISアルペンワールドカップの未来を形作るための1週間の生産的な会議の後、ヒルトンチューリッヒエアポートホテルで正式に終了しました。以下は、チューリッヒでの5日間の会議からの主な更新です。

Soldeu to host 2023 Finals
2023年の決勝戦にソルデュ
Grandvalira Soldeu, Andorra was awarded the 2023 FIS Alpine World Cup Finals and will therefore host the finals for the second time, after the successful edition in March 2019. The Andorran resort prevailed over Kvitfjell, Norway, and Lenzerheide, Switzerland, who were the other two candidates.
アンドラのグランバリラ・ソルデュは、2023 FISアルペンワールドカップファイナルを受賞しました。したがって、2019年3月の成功版に続き、2回目のファイナルを開催します。 2つの候補。
Before going back to Grandvalira Soldeu, the finals will be hosted in Cortina, Italy, in 2020, Lenzerheide in 2021, and Meribel/Courchevel, France, in 2022.
Grandvalira Soldeuに戻る前に、決勝戦は2020年にイタリアのコルチナ、2021年にレンツァーハイデ、2022年にフランスのメリベル/クールシュベルで開催されます。

Alpine Combined starting order
Alpine Combinedの開始順
The new format of the alpine combined features a speed run first (preferably a super-G, but a downhill run is also possible), followed by a slalom run. The starting order of the slalom run will not be reversed anymore, which means that athletes will start in the same order as they are ranked in the speed run.
アルパインの新しい形式は、最初にスピードラン(スーパーGが望ましいが、ダウンヒルランも可能)を特徴とし、その後にスラロームランが続く。スラロームランの開始順序はこれ以上逆転しません。つまり、アスリートはスピードランでランク付けされたのと同じ順序で開始します。
In the upcoming season, four alpine combined events will take place on the women’s Tour in Val d’Isere, France, Altenmarkt-Zauchensee, Austria, Crans Montana, Switzerland, and La Thuile, France with three events on the Men’s Tour in Bormio, Italy, Wengen, Switzerland, and Hinterstoder, Austria.
次のシーズンでは、フランスのヴァルディゼール、オーストリアのアルテンマルクトザウチェンゼー、スイスのクランモンタナ、フランスのラトゥイールで行われる女子ツアーで、4つのアルパインを組み合わせたイベントが開催されます。イタリア、スイスのヴェンゲン、オーストリアのヒンターシュトーダー。

Parallel (PAR) Format
パラレル(PAR)形式
The parallel format had to be adjusted again to make sure it is TV-friendly. There will be one qualification run, after which the first 32 athletes will qualify to the elimination phase. The round of thirty-two will have a “run, re-run” format, but from the round of sixteen, there will be only one run of single elimination knock-out.
パラレル形式は、TVフレンドリーであることを確認するために再度調整する必要がありました。 1回の予選が行われ、その後、最初の32人の選手がエリミネーションフェーズに出場します。 32回のラウンドは「実行、再実行」の形式になりますが、16回のラウンドからは、1回の除去のみのノックアウトが実行されます。

Long-term calendars
長期カレンダー
Both the official calendar for the coming season and the first drafts for the coming years (up until 2023) were presented. For the 2019/20 season, Stockholm dropped the PAR event, which on the women’s side will be hosted in Are. On the Men’s side, the event will not take place as there were no venues ready to host the event with such short notice but strong candidates for the season 2020/21 have already stepped forward.
これからのシーズンの公式カレンダーと、今後数年間(2023年まで)の最初のドラフトの両方が提示されました。 2019/20シーズンに向けて、ストックホルムはPARイベントを廃止しました。これは女性側でAreで開催されます。メンズ側では、イベントを開催する準備ができていなかったため、イベントは開催されませんが、2020/21シーズンの有力候補はすでに前進しています。

(Google翻訳)




土曜日、チューリッヒでのFIS秋の会議は終了しました。激しい労働週間の後、5日間の会議の最も重要なニュースが発表されました。

ソルデュ2023
アンドラソルデュでは、FISワールドカップファイナル2023が開催されます。ピレネーの公国のスキーの目的地は、2019年に良い仕事をし、クヴィットフェル(ノルウェー)とレンツェルハイド(スイス)に勝ちました。 Saisonkehrausがコルチナダンペッツォ、レンツァーハイデ、メリベル/クールシュヴェルで開催される数年前

アルペン複合
新しいコンボの決定では、最初にスピードレース(できればスーパーG)、次にスラロームレースが開催されます。ドアの開始順序は逆になりません。したがって、アスリートは、スピードレースの後に配置されたのと同じ順序で開始します。したがって、速度の専門家は「壊れた」滑走路やより多くのチャンスと戦う必要はありません。
来年の冬、女性の4つの組み合わせが開催されます。ヴァルディゼール、アルテンマルクトザウチェンゼー、クランモンタナ、ラトゥイールに立ち寄ります。ボルミオ、ヴェンゲン、ヒンターストーダーで男性の組み合わせを体験します。

パラレルレース
このレース形式は、比較的新しいものですが、テレビに適していることを確認するために更新する必要がありました。最初の32人の選手がエリミネーションフェーズに出場すると、予選が行われます。 32ラウンドには、再実行の形式があります。しかし、最後の16ラ​​ウンドからは1ラウンドのみです。したがって、これはステージ上のK.o.システムにあります。

ロングカウントカレンダー
次の冬の公式カレンダーと今後数年間の最初のドラフト(2023年まで)の両方が提示されました。 2019/20シーズンには、スウェーデンの首都ストックホルムで並行レースが中止されました。女子はワールドカップ会場で競技を行います。男子側では、イベントを予告なしに開催できる会場がなかったため、イベントはキャンセルされました。しかし、すでにワールドカップ冬2020/21には、そのようなイベントに応募する候補者がいます。

ゼルデン
2019/20年冬のスキーワールドカップは、ゼルデンで始まります。オッツァルのRettenbachfernerでは、男性と女性の両方のGSですべてが完了しました。アスリート、オーガナイザー、ハイオフィシャルは、オーストリアのマルセル・ハーシャーがアルペンレースから引退したため、過去8シーズンのトップ8を逃したとしても、それは良いシーズンになるという考えも出ており、無理してまでも出場しない選手もいそうです。

(Google翻訳)




だからコンビはもっと公平に

国際スキー連盟FISは、チューリッヒで開催された秋の会議で、山岳コンビネーションと並行競技の競技手順を変更しました。これからは、トップ30はスピード競技後のステーションワゴンでめくられません(主にスーパーG、時には下り坂)が、最速のスピードライダーはナンバー1のスラロームでスタートします。競争をより刺激的にします。現在の形式は明らかに技術者を支持していました。

ボルミオ、ヴェンゲン、ヒンターシュトーダーの3大会で、バルディゼール、アルテンマルクト・ザウチェンゼー、クラン・モンタナ、ラ・トゥイールと同じ3つの大会が開催されます。 4。

パラレルレースは、TVフレンドリーなコンパクトなものでなければなりません。彼らは将来の予選からスタートし、実際の競争で最高の32コンテストを行います。最初のラウンドには往復が含まれており、16ラウンドからノックアウトシステムで1回だけ実行されます。
ストックホルムとバートクラインキルヒハイムへ

カレンダーの計画に関しては、ストックホルムはもはや並行競争を行いません。 2020年3月の女性のジャンプはアーレ、男性では短期のために交換を見つけていません。

また、バートクラインキルヒハイムは、今後数年間の更新されたワールドカップのカレンダーデザインには表示されません。カリンシアでは、新しいリフトが絶対に必要です。このように、オーストリアの長年にわたる1月のスピード・トリプルの女性は、現在、アルテンマルクト・ザウチェンゼーとセント・アントンの間のダブルパスのみで構成されています。ザウヘンゼーは、来年の冬(2020年1月11日12日)のターン、セントアントン(昨年1月にキャンセルされました)が2021年1月に戻ってきました。
2023年のワールドカップ決勝で再びソルデュ

ワールドカップ決勝の2023年は、グランバリラソルデュで再び開催されます。アンドラの会場では、2019年3月に最新の決勝戦が開催され、レンツェルハイドとクビットフィエルよりも優先されました。今後の決勝戦は、コルチナダンペッツォ(2020)、レンツァーハイデ(2021)、メリベル/クールシュヴェル(2022)で行われます。

(Google翻訳)