TL


Ted Ligety scales back race schedule
Ted Ligetyがレーススケジュールを縮小

Two-time Olympic champion Ted Ligety is scaling back his race schedule as he enters the final portion of his decorated Alpine skiing career.
2度のオリンピックチャンピオンのTed Ligetyは、彼が彼の装飾されたAlpineスキーキャリアの最後の部分に入ると同時に彼のレーススケジュールを縮小しています。

Ligety, a 34-year-old who has endured many injuries since his last World Cup win in 2015, said he will race strictly giant slaloms this year. The World Cup season starts in late October.
2015年の最後のワールドカップでの勝利以来、多くの負傷者に耐えてきた34歳のLigetyは、彼が今年厳しく巨大なスラロームでレースをすると語った。ワールドカップシーズンは10月下旬に始まります。

“So it’ll be a little bit easier schedule on my body,” Ligety said in a KPCW radio interview in his native Park City, Utah. “I’ll be able to be home a little bit more as well, and then we see. I mean, I would like to keep going as long as I feel like I can win races and feel healthy. That’s really the biggest part, and nowadays I have a 2-year-old son, and there’s more factors than there was when I was 25 years old.”
「それで、私の体のスケジュールはもう少し簡単になるでしょう」とLigetyは、彼の母国であるユタ州パークシティでのKPCWラジオインタビューで語った。 「私はもう少し家にいることができるでしょう、そして私達はそれを見ます。つまり、レースに勝利して元気になれるという気持ちが続く限り、続けていきたいです。それは本当に最大の部分であり、そして今日私は2歳の息子がいます、そして私が25歳の時よりも多くの要因があります。」

Ligety, nicknamed “Mr. GS” for his giant slalom prowess, has a 2014 Olympic gold medal and three world titles in that event.
「Mr.氏のニックネームをつけた彼の巨大なスラロームの才能のためのGSは、そのイベントで2014年のオリンピック金メダルと3つの世界タイトルを持っています。

He also owns an Olympic combined title from 2006 and world titles in the super-G and combined from 2013, but he hasn’t won a race in one of those disciplines since January 2014. And since then, he has undergone back and knee surgeries and dealt with hip problems.
彼はまた、2006年からのオリンピック複合タイトルと2013年からのスーパーGでの世界タイトルを所有していますが、2014年1月からこれらの分野のいずれかでレースに勝ったことはありません。そして腰の問題に対処した。

“There’s a lot of hard miles on my body up to this point, but I’m still enjoying it,” said Ligety, whose 321 World Cup starts are the most among active Olympic medalists now that Lindsey Vonn and Aksel Lund Svindal have retired. “Right now, I feel really healthy and trying to get to a point where I feel I can win races. That’s the goal right now.”
Lindsey VonnとAksel Lund Svindalは引退したので、321年のワールドカップの出場は現在活発なオリンピックメダリストの中で最も多い、Ligetyは言った。 「今、私は本当に健康的で、レースに勝つことができるようになるまで努力しています。それが今の目標です。」

Ligety, a four-time Olympian, has not publicly committed to a 2022 Olympic run.
4回のオリンピック選手であるLigetyは、2022年のオリンピックの開催を公に約束していません。

(Google翻訳)