ただ日本の、特に東京などの都会においては、諸外国に比べて公園など子どもたちが自由に遊べるスペースが少なくデリバレイト・プレイ(遊び感覚の動き)の機会は非常に少ない
そういう意味では、子どもたちを「専門化」させる時期を早くしすぎると、肉体的にも精神的にもデメリットが大きいのかもしれない。