ヒルシャーは、息子の誕生で、自分自身のスキーライフについて見直す機会となった。