親が期待をかけすぎて、本人も結果を出すことを重要視するあまり、燃え尽き症候群につながったり、早い段階でスポーツから離れてしまい、人間形成などスポーツ活動の恩恵も受けられないこともある。
子ども自身が好きで楽しんでいるときに伸びていくもので、親が子どもに過剰に期待をかけたり、ストレスを与えてしまうと早い段階でスポーツから離脱してしまい、心身の発達だけでなく学びへの影響など本来スポーツから得られるメリットを享受できずに終わってしまう。