ドリルは、置き方や挿しても抜けるような挿し方など、万が一のことを考えておきましょう。