NEWS000000210201

 中央アルプスの開山式が28日、標高約2600メートルの千畳敷で開かれた。
 晴天の千畳敷は残雪と青空に稜線がくっきり。午前10時すぎの気温8・4度まで上昇。暖かな日差しの下、神事やアルプホルンの演奏などがあり、観光、行政、山岳関係者ら約150人が今季の安全を祈った。
 千畳敷の積雪は約2・9メートルで例年より少なめというが、スキーやスノーボードを楽しむ人もいた。

 昨年度は長雨や台風の影響、雪害による運休で、千畳敷に上がる「駒ケ岳ロープウェイ」の利用者が例年より2割ほど落ち込み、地元観光業にも影響が出た。ロープウェイを運行する中央アルプス観光の森川優社長は「年間を通じて恵まれた状況になればいい」と期待していた。
信濃毎日新聞