"公務員ランナー"川内優輝のマネジメント力
限られた時間と環境の中で”成果”を上げる方法



時間がない。
環境が悪い。
自分には向いていない。
プライベートでもビジネスでも、自分で「できない理由」を探していないだろうか?
ついつい言い訳をしたくなるようなご時世かもしれないが、スポーツ界では不可能を可能にする男がいる。
それが“公務員ランナー”として有名になった川内優輝(埼玉県庁)だ。

川内はフルタイムで勤務をしながら、2011年の東京マラソンで日本人トップを奪うなど、日本陸上界の“常識”を覆してきた。特に最近はレースでの充実ぶりが際立っている。2月3日の別府大分マラソンでロンドン五輪男子マラソン6位の中本健太郎を下して、2時間8分15秒の自己新で優勝。驚くことに、1カ月半という短いインターバルで出場したソウル国際マラソンでも自己ベストを1秒更新した。今夏に開催されるモスクワ世界選手権の男子マラソンには日本代表として参戦する。

日本が誇る“公務員ランナー”の活動を会社員に当てはめると、通常の業務以外に、「ひとりビジネス」をしていることに近い。そのセカンドビジネスで、資金も人員も潤沢な“企業”と互角以上に戦ってきた。過去のコラム『デキるビジネスパーソンが“走る”理由』も読んでいただきたいが、川内の時間の使い方、マネジメント力もビジネスパーソンの参考になることがたくさんある。


■実業団方式だけが正解か?

日本のマラソン界は、「実業団選手」と言われる企業の陸上部に所属するランナーが長年リードしてきた。古くは宗兄弟(旭化成)、瀬古利彦(エスビー食品)、中山竹通(ダイエー)。谷口浩美と森下広一の2人は旭化成というマラソン“虎の穴”で、先輩たちのノウハウと当時、最先端のトレーニングで世界大会のメダリストに輝いた。

近年は藤原新のようにスポンサーを募って、プロ的な活動をする選手が出てきたが、実業団選手の優位は変わらない。モスクワ世界選手権の男子マラソン代表も、川内以外の4人は実業団に所属する選手たちだ。

「実業団ランナー」というシステムは世界的には珍しく、その多くは業務のほとんどが免除され、「走る」ことがメインの仕事となる。そのため、よりよい環境を求めて長期の合宿を組むなど、会社の手厚いサポートで、選手たちは強化を図っている。

反対に公務員の川内は“公務”が最優先だ。入庁した2009年春から現在まで、春日部高校定時制の事務職員としてフルタイムで働いている。勤務時間は12時45分から夜の21時15分までで、時には残業もあるという。平日にトレーニングができるのは午前中のみ。長期の合宿もできなければ、指導者もマネジャーもいない。また、競技に関する費用も自分で賄わないといけないという環境で戦ってきた。

「僕は実業団選手のように多くの練習時間を確保できませんし、朝練習もやっていません。練習量も少ないです。強度の高いポイント練習も水曜日と土曜日の2回だけ。水曜日がスピード練習(400mや1kmのインターバル走など)で、土曜日が距離走(30〜43kmのペース走やビルドアップ走など)というのが流れです。あとの5日間はすべてジョグになります。ポイント練習は週に2回だけですから、そのときはいつも以上に集中して取り組んでいます」

実業団選手は恵まれた環境の中で、月間1000km以上の距離を走る選手もいるが、川内の月間走行距離は600kmほど。しかも、練習場所は自宅周辺、スタッフなしという非常に“費用対効果”の高いトレーニングをこなしている。

「実業団選手は過去の成功体験から、かなりシステマチックにトレーニングをしていると思いますが、人間にはそれぞれ個性がある。僕のようなやり方の選手が出てきてもおかしくない。また、仕事に集中することで、競技にも集中できる。効率のよい練習というのは、仕事のおかげで身に付いた部分も大きいです」


■弱小校で出会った、常識破りの練習法

少ない練習量で日本トップクラスのマラソンランナーになった川内を、“天才タイプ”だと思う人がいるかもしれないが、川内自身は「才能なんてなかった」と言う。実際、埼玉県の強豪校・春日部東高校時代は故障に悩まされたこともあり、県大会でも上位に入ることができなかった。そのため、箱根駅伝の常連校をあきらめ、陸上では無名の学習院大学に進学した。

普通なら、その時点で競技への“本気度”が徐々に低下していくが、川内は違っていた。大学で出会った新たな練習スタイルが人生を変えることになる。

高校時代は朝練習を行い、ポイント練習も週に3〜4回あったという。しかし、学習院大では朝練習がなく、ポイント練習も週に2回だけだった。津田誠一監督からは「(強豪校の練習と)競うことはない。頑張るな、頑張るな」と声をかけられて、川内は練習を継続してきた。トレーニングは「速く走る」ことではなく、「一定ペースで押していく」ことに重点が置かれていた。

「今、思うと、大学で強くなる方法に気づいたことが大きかったですね。大学での練習は高校時代と正反対だったので、当初はなかなか信じることができませんでした。でも、少ない練習量で高校時代の記録を超えたことで、この練習は正しいと思うようになったのです。

高校では故障に苦しんだので、大学では故障だけはしないように気をつけました。継続した練習を積むことが何よりも大切ですし、ゆとりのある練習が心に余裕をもって取り組めて、レースにもしっかりと集中できますからね。

強豪校の練習で伸びなくても、自分に合った練習スタイルさえ見つけることができれば成長できる。僕はより多くの選手に可能性を追ってほしいこともあり、いろんなことに挑戦しています」

ビジネスでも、教科書どおりのやり方をすれば、一定ラインの成果を上げることができるだろう。しかし、さらに上を目指すとなると、より多くの工夫が必要だ。ときには、常識を疑うことも戦略につながるかもしれない。

川内の“挑戦”も、日本マラソン界の“セオリー”と懸け離れている。昨年度は1年間で11回のフルマラソンに出場。ほかのトップ選手が年間1〜2レースほどということを考えると規格外の多さだ。かといって、出場数を追うために、それぞれの試合で力をセーブしているわけではなく、昨年度は実に7度の優勝を飾っている。

陸上関係者から出場レースの多さを指摘されることもあるが、川内は意に介さない。試合を「究極のトレーニング」と位置づけて、普段の練習ではできないことを、レースで求めている。また、試合数が多くても、それぞれのレースでテーマを決めて臨み、本当に狙うべき試合に向けて、大きな波をつくるように、ピーキングを合わせている。これも川内流のマネジメントだろう。

「どういう練習をすれば効果的なのか。これまでの常識にとらわれずに、いろんなトレーニングに挑戦することで、可能性が広がっていくと思っています」

当初は“異端児”という目で見られていたが、最近は実業団チームの関係者も川内の実力と、大胆な取り組みを認めざるをえなくなった。20代前半の若手選手は公務員ランナーに敵意をむき出しにして、名門チームの指揮官たちも川内から学んでいる。

26歳にして、フルマラソンに23レースも出場している川内は、その“経験”を武器に、夏のモスクワ世界選手権で勝負に出る。

「モスクワでの目標は『6位入賞』を果たすことです。市民ランナー的なやり方でも世界で通用するということを見せたいですし、また自分自身の『あきらめない走り』を多くの人に見てもらいたいと思っています」

当初は「8位入賞」という目標を掲げていたが、テグ世界選手権で7位に入った堀端宏行(旭化成)、ロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)の順位を意識。モスクワでのターゲットを「6位入賞」に引き上げた。これも実業団選手には負けたくない、という気持ちの表れだろう。

川内の好きな言葉は「現状打破」。“常識”を突き破ることが、新たな可能性を生み出す原動力となっている。ビジネスでもそれは同じだろう。皆ができないと思うことを実現するには、誰もやらないことへのチャレンジが欠かせない。川内は自身が走る姿で、強烈なメッセージを伝えている。やり方次第で、誰にでもチャンスはあるのだ──と。