来年2月6日から花輪スキー場で開幕するインターハイスキーで、地元高校生の力で大会を盛り上げようと、生徒推進委員が活動している。
花輪スキー場で生徒が主体となって運営する販売ブースについて意見を交わし、どのような「おもてなし」が必要かを話し合った。
各学校間が協力して特色を活かしたものを提供し、また全国との交流で生徒にとって財産になる大会を目指したいとしてる。

140620kadunonews