簡単な方法で直ぐにできるのが『深呼吸』。
人間は緊張したり、プレッシャーを感じると、自然と呼吸が浅く、速くなっていくもの。
緊張をほぐし、リラックスして集中を高めるために『深呼吸』をして、気持ちを落ち着かせる。

このときにポイントになるのが「先に息を吐くこと」。
何も言わずに「深呼吸をしてみよう」と言うと、ほとんどの人が先に息を吸ってから吐こうとする。
しかし、緊張した状態で先に息を吸うと、よりプレッシャーを感じることになる。
何故なら、すでに呼吸が浅く、速くなっているところに、さらに息を吸おうとするので、
過呼吸のような状態になってしまう。

 まずは、口から息を細く、長く吐き出。
 「スーッ」と音をたてるように、ゆっくりと吐き切る。
 そして、鼻から息を吸い込む。
 次に、息を吸い込んだときの3倍以上の時間をかけて、ゆっくりと口から細く、長く吐き出す。
 このとき、ネガティブな気持ちやマイナス思考を吐き出すイメージを持つと良い。
 ゆっくりと深呼吸を繰り返すと、気持ちが落ち着いてくるはず。

注意したいのが、下を向いた状態で深呼吸をしないこと。
真っ直ぐ立ち、斜め上を見る。
人間は下を向くとマイナス思考になりやすく、胸郭が圧迫されるので呼吸が浅くなってしまう。
顔を上げて行うこと。

普段の練習のときから深呼吸を使い、呼吸で気持ちをコントロールできるようになると良い。

大会のときに、いきなりやろうと思っても難しいので、
練習試合のときから「集中力を高めるための使い方」として、
深呼吸するときの幾つかのパターンを決めておくと良い。

 リフトに乗っているとき・・・
 バックルを締めたあと・・・

何でもいいから、自分がいつも行う動作で落ち着くタイミングをみつけるとよい。


朝から試合のことばかりを考えていると、精神的に疲労し、本番を良い状態で迎えられないことがあるが、
人間の集中力は長時間続かない。
そのため、朝から集中を高めようと、肩肘張っていても仕方がない。

大切なのは気持ちの切り替え。
一流の選手たちは、試合の直前までニコニコ笑いながら、リラックスしている。
しかし、
ひとたび試合が始まると、抜群の集中力を発揮して最高のパフォーマンスを発揮する。

『笑顔』
笑顔を作ることでリラックスし、集中のオン・オフのスイッチを切り替えられる。
これが無意識に行えれば理想である。