エベレストで過去最多の死者数を出した事故の発生から1週間が経ち、ネパール側の登山シーズンは幕を閉じた。シェルパ、登山客、他のガイドは荷物をまとめ、嘆息、怒り、破れた夢とともに帰路についた。

 4月18日、建物ほどの大きさの氷塊がシェルパ16名の命を奪った。うち13名の遺体が回収され、残る3名は山に葬られている。先週に入って再び氷の崩壊が起こり、新たな雪崩がネパール側のエベレスト登山を中止に追い込んだとも伝えられている。

 しかし、登山隊アルペングロー(Alpenglow)の隊長エイドリアン・バリンジャー(Adrian Ballinger)氏は、「それはばかげている」と主張する。同氏によれば、クーンブ・アイスフォールでの雪崩は「どのシーズンでも日常茶飯事だ」という。「雪崩や氷の崩落の頻度や規模が今シーズン特に多いとは感じていないし、シェルパからもそういった声は聞かれない」。

◆変化する気象条件
 しかし、気候全体が徐々に変化しているのは明らかだ。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によれば、世界の平均気温は過去1世紀で約0.56度上昇しており、ヒマラヤでの気温上昇はその3倍に上るとの研究報告もある。
 ヒマラヤ氷河のマッピングプロジェクトを率いるアリゾナ大学の水文学者ジェフ・カーゲル(Jeff Kargel)氏は24日、「氷河は変わりつつあり、危険性も変化している」とAP通信に語った。


イモトアヤコさん率いる登山隊(イッテQ登山部)も今季の登頂を断念した。
日テレからは、
「今日の段階で最終決定が下された。訓練をして準備を進めていたが、18日にシェルパが雪崩の事故にあって亡くなった。各国からを情報収集して検証した結果、今年は断念することに決めた」とコメント。「世界各国の(登山)隊を見ての判断。主要な隊が引き揚げていると聞いている。主要な隊が協力して決めるので、主要な隊が断念すると、難しくなる」との判断。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。