高速道路4社と日本道路交通情報センターは、年末年始の渋滞予測を発表

◆年末年始の渋滞発生の傾向
 【下り線】
  全体的に分散する傾向であり、上り線に比べて渋滞発生回数は少ないと予測
 【上り線】
  年始のUターン時期(1月2日〜4日)に渋滞が特に多く発生すると予測

◆10勸幣紊僚詑擇多く発生すると予測されるピーク日
 【下り線】
  12月28日(土)、29日(日)
 【上り線】
  1月2日(木)〜4日(土)
 ※NEXCO東日本管内で最も長い渋滞の予測 
 ・下り方面:12月29日(日)・30日(月)・1月2日(木)、東北道、関越道で約15km
 ・上り方面:1月2日(木)・3日(金)、東北道、関越道他で約20km

◆渋滞ピーク時間帯の回避策
・予測される渋滞発生のピーク日または時間帯をずらしたドライブ計画
・比較的渋滞発生の少ない夜間から早朝にかけたドライブ計画
 ※居眠り運転や路面状況には十分に注意が必要な時間帯です。
  こまめな早めの休息や天候確認など、ゆとりのある計画で行動を!

◆ETC休日特別割引の適用について
 年末年始期間で、ETC休日特別割引の最大5割引が適用されるのは、
 12月28日(土)〜29日(日)、1月1日(水)〜5日(日)

年末年始期間の高速道路における渋滞予測について【全国版】PDF資料