20130627-140026-1-N 先進的な理数系教育に取り組む文部科学省指定の高校「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の山梨県立巨摩高校(南アルプス市)で26日、化粧品会社「資生堂」の研究員による特別講座が開かれた。
 SSH事業の一環で、最先端の科学を生徒に学んでもらおうと開催。「科学でときめくということ」と題し、資生堂の化粧品開発センター主任研究員の渡辺裕子さん(46)が1年生約240人に講義した。
 渡辺さんは、肌のしわやシミができるメカニズムを科学的に解説したり、新しい商品の開発秘話を披露したりした。柴田智貴さん(15)は「科学が生活に結びついていることが分かり、面白かった」と話した。
(読売新聞)