330211 スピードスケート実業団の日本電産サンキョーが30日、長野県諏訪郡下諏訪町の本社でソチ五輪(来年2月)を控えるシーズンに向けた会見と公開練習を行った。男子短距離の加藤条治、長島圭一郎ら男女8選手が意気込みを語り、今村俊明監督は「金メダルを含めた複数のメダルを獲得したい」と目標を掲げた。

 500メートル専門の加藤は昨季、34秒21の日本新記録をマーク。ワールドカップでも総合2位に入った。安定した活躍の背景には「(銅メダルを取った)バンクーバー五輪のころから頭を使ってスケートをすることを覚えてきた」と、調整法の改善があると説明。沖縄県石垣島で個人的に合宿を張るなど始動しており「金メダルに挑戦できる体力と心構えを今からつくっていきたい」と話した。

 加藤以外の選手は今月8〜22日に山梨県山中湖畔で行った体力づくりのため合宿に参加。銀メダルを獲得したバンクーバー五輪後は際立った成績を残せていない長島は「3年間のんびりして、貯金も底をついた。今季はひと稼ぎしたい。ここまでつらかったことは注目度がどんどん下がったこと」と話して笑いを誘った。チームが6月3〜14日に野辺山高原で行うショートトラック合宿から滑りを磨くつもりだ。

 唯一の県内出身者で5年目の上條有司は「スケート人生の全てを懸け、五輪で金メダルが取れるように頑張る」と気を引き締めた。このほか、男子の羽賀亮平、女子の石野枝里子、仁科有加那、高木菜那、群馬・嬬恋高から加入した樋沙織も抱負を語った。
(信濃毎日新聞)


日本電産サンキョースケート部 ソチへ本格滑走

 来年2月に開幕するソチ五輪に向けて本格的なトレーニングを開始した日本電産サンキョースケート部が30日、下諏訪町の同社本社体育館で室内練習風景を報道陣に公開した。

 松本市出身の上條有司選手(27)や、短距離で金メダルの期待がかかる加藤条治選手(28)、長島圭一郎選手(31)ら日本スケート界を代表する男女8人が力強い筋力トレーニングを披露した。

20130530-594260-1-N 練習の公開に先立つ共同記者会見では、就任16年目の今村俊明監督(51)が「ソチ五輪では金メダルを含む複数のメダルを獲得することが目標。金メダルに一番近いのは男子500メートル」と宣言。好調の加藤選手、前回バンクーバー五輪銀メダリストの長島選手、世界スプリント2位の羽賀亮平選手(24)とともに上條選手の名前を挙げ、「金メダルに絡むように頑張っていきたい」と語った。
 これに対し、上條選手は「スケート人生のすべてをかけたい」と決意を述べた。加藤選手も「昨シーズンの好調を維持し、金メダルを取れるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 スケート部は今後、野辺山での高地トレーニング、北海道での氷上トレーニングなどを重ね、12月29日の五輪出場選手発表に向け11、12月のワールドカップ4会場を転戦するという。
(読売新聞)