thermobox


オーレでは、イタリア『TAZZARI』社製サーモボックスを導入!!
『低温でワックスを滑走面の隅々まで浸透させる為にどうしたらよいか?』 日夜、研究開発に取り組み、クラフティワックスによる幾多のワックステストを経て、この度ようやく皆様にご紹介が可能となりました。




クラフティ超低温ワックス浸透システムの特徴・施工内容 

1.  <特徴>
ワックスを滑走面の隅々まで行き渡らせることで、すぐれた滑走性と持続性を発揮します。
通常のアイロンによるホットワクシングではワックスが液状になるのは熱を加えた数秒間のみですが、当システムはボックス内をワックスが液状になる温度に保つことで、長時間かけてじっくりと滑走面の隅々までワックスを浸透させることが可能です。

2. <施工温度>
低温サーモボックス内の温度は55℃〜70℃まで。(スキー板を傷めない温度です)

3.  <使用ワックス>
クラフティワックスで作成された滑走面に深く定着する当システム専用ベースワックス[RW00BP]並びに、低温硬化ワックス[RW00] [RW00HARD]を使用。

4.  <施工コース>
≪Aコース(通常施工)≫ 施工時間:2時間
ゲレンデを滑走する一般スキーヤー及びボーダーに対応。
[RW00BP]を施工・浸透させてベースメイクをした後、いったん余分なワックスをはがしてから[RW00]を施工・浸透させ、スクレーピング・ブラッシングで仕上げます。
≪Bコース(寒冷地対応施工)≫ 施工時間:3時間
雪面の硬いレースバーンやオフピステ、−10℃を下回るような寒冷地を滑走するスキーヤー・ボーダーに対応。
[RW00BP]を施工・浸透させてベースメイクをした後、いったん余分なワックスをはがしてから[RW00HARD]を施工・浸透させ、スクレーピング・ブラッシングで仕上げます。

5. <お預かり日数目安>
 1〜2営業日



2013年3月までの期間限定!お試し特別価格
 Aコース : 5,250円(予定) → 3,675円
 Bコース : 6,825円(予定) → 4,725円



問い合わせは下記まで

株式会社 HAMA R&D スポーツ事業部
サポートファクトリー オーレ
〒370-1208
群馬県高崎市岩鼻町230‐1
TEL/027-386-3880 FAX/027-386-3881