大回転、フェニンガー通算2勝目 日本勢は2回目進めず

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、オーストリアのゼメリンクで女子大回転第6戦を行い、アナ・フェニンガー(オーストリア)が合計2分13秒09で優勝し、今季初勝利、通算2勝目を挙げた。
 ティナ・マゼ(スロベニア)が2位に入り、3位はテサ・ウォルレイ(フランス)だった。星瑞枝(湯之谷ク)と長谷川絵美(サンミリオンク)は2回目に進めなかった。(共同)