佐川急便、京都の街を走る環境にやさしい3輪電気自動車を試験導入

 佐川急便株式会社(本社:京都市)は、環境保全活動の一環として天然ガス自動車をはじめとするエコカーの導入を積極的に進めており、創業の地である京都において宅配便の集荷・配達に3輪電気自動車(以下3輪EV)を試験導入する。
1210291

 今回導入した3輪EVは、株式会社光岡自動車とユアサM&B株式会社が宅配サービス等での活用を想定し開発した新型車(車名:雷駆T3)で、グループ会社の車両整備・新車販売・ボディ販売事業を展開するSGモータース株式会社が、集荷・配達に適した専用ボディを製造した。

 今回3輪EVを試験導入する京都市中京区一帯は細い道路が多く、また多数の商店やオフィス、住居が立ち並ぶエリアで、当社では最寄りのサービスセンターから台車等で集荷・配達を行っています。3輪EVはコンパクトで機動力があり、走行中に排気ガスを出さないため、環境面はもちろん、エリア内での効率的な集荷・配達での効果を見込んでいる。また、現在ドライバー職を中心に女性従業員の登用を推進しているが、トラックの運転に抵抗がある女性への新たなアプローチにつながるものと期待している。
 今後1年をめどに各種データを取得しつつ、効率的かつ環境負荷の少ない輸送モードの研究・開発に取り組んでいく。

新型3輪電気自動車「雷駆T3」(ライクT3)専用ボディを開発