利根川水系8ダム、貯水量5割切る

 全国各地で最高気温35度以上の猛暑日が続くなか、関東では少雨傾向が顕著で、東京都心は12日連続降水が無い状態。8月の雨量は平年の15%の25ミリ。利根川水系最大の矢木沢ダム(群馬県)の貯水量も8%に落ち込んでいる。この傾向は9月に入っても続くとみられ一部で渇水の懸念も出始めた。

 東京都心では、最高気温30度以上の真夏日が9日から、最低気温25度以上の熱帯夜も11日から続いている。降水ゼロの継続日数12日は暖候期(5〜10月)としては1968年の統計開始以来4位タイ。関東の他都市も29日まで30日間の雨量は埼玉県熊谷市24ミリ(平年の13%)▽前橋市31.5ミリ(同16%)▽横浜市18ミリ(同11%)など少雨傾向である。
301 これ伴い首都圏の水がめも徐々に貯水量が減ってきている。1都5県(群馬、茨城、栃木、千葉、埼玉、東京)に水需要の約5割を供給する利根川水系8ダムの貯水量は30日現在、満水時の46%に低下している。有効貯水量1億1550万トンと最も大きい矢木沢ダムはわずか8%しかなく、ほとんどの岸辺や底が地肌をさらしている。
 国土交通省関東地方整備局によると、夏期の8ダムの有効貯水量は3億4349万トン。7月上旬はほぼ満水だったが、上流域の8月の降水量が平年の約4割にとどまったことで、関東で取水制限を行った94年夏▽96年夏▽01年夏の有効貯水量と同レベルにまで急減した。
 一方、荒川水系のダム貯水率は76%、多摩川水系は83%と利根川水系に比べると安定している。ただ、気象庁の予報では、例年なら台風がもたらす雨や稲刈りによる農業用水の需要減少で水不足の危機がなくなる9月も高温少雨が続く見通し。ダムの貯水率低下が懸念されている。

 群馬県技術支援課や埼玉県農業支援課は、猛暑で稲が育たない「高温障害」を防ぐため、農家に対してこまめに田の水を入れ替えて温度を下げる「間断かん水」の指導を強化。共に「無駄な掛け流しはしないように」と呼びかけている。
 こうした事態に、関東地方整備局は来月3日に関係省庁と1都5県で構成する利根川水系渇水対策連絡協議会の幹事会を開催することを決めた。情報を共有して節水を呼びかける他、今後も雨が降らない場合に取水制限が必要かどうかなど対応を協議する。
(毎日新聞より引用、編集)


最近、水道水が温いですよね。
井戸水を使用している武蔵野市は冷たくておいしい水ですが・・・


001
002

首都圏の水資源状況について(国交省)