水泳競泳に入江、松田、鈴木らロンドン五輪メダリスト8人が参戦 (清流国体)

 日本体育協会は29日、第67回国民体育大会「ぎふ清流国体」の水泳競技(9月13〜17日・岐阜市など)に出場する選手を発表した。競泳ではロンドン五輪男子200メートル背泳ぎなどで銀メダルを獲得した入江陵介(大阪)ら、同五輪のメダリスト8人もエントリーした。
 入江のほか、▽女子200メートル平泳ぎ銀の鈴木聡美(福岡)▽男子200メートルバタフライ銅の松田丈志(宮崎)▽男子200メートル平泳ぎ銅の立石諒(神奈川)▽男子400メートル個人メドレー銅の萩野公介(栃木)▽女子200メートルバタフライ銅の星奈津美(埼玉)▽女子400メートル女子メドレーリレー銅の加藤ゆか、上田春佳(ともに東京)が出場。男子400メートルメドレーリレーで銀メダルを獲得した北島康介(日本コカ・コーラ)は出場しない。メダリスト以外では、今月行われた全国高校総体の男子200メートル平泳ぎで日本歴代2位の好記録で優勝した山口観弘(鹿児島)も出場する。