GWはマイカー控え目?
 全国のレギュラーガソリンの小売価格(23日時点)は、1リットルあたり155.5円で前週より1.7円下がり、3週連続の値下がりとなった。
 年明けからのガソリン高でマイカー使用を控える動きが広がっており、ゴールデンウイークを前に給油所間の価格競争が激しくなっている。
 価格調査の委託を受けているみずほ総合研究所では、国際的な原油取引価格が安定しているのに加え、「全国的なガソリンの需要の低迷」を値下がりの理由にあげている。4月は週末に悪天候の日が多かったことや、ガソリン高でほかの交通機関と比べて割高感があり、車で遠出する人が減っているとの分析している。
 この程度の値下がりで、稼ぎ時となるゴールデンウイークにマイカー客が戻ってくるか?「ガソリンが高い」というイメージを払拭するのは容易でない。

正直言って、まだ高いです。