アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は23日、オーストリアのセルデンで男子大回転の今季開幕戦が行われ、テッド・リゲティ(米国)が合計タイム2分22秒00で優勝した。W杯通算9勝目。2位はアレクシス・パンテュロー(フランス)、3位はフィリップ・シェルクホファー(オーストリア)だった。石井智也(東海大)は1回目に62位で、2回目に進めなかった。

AUT - Soelden  Giant Slalom Men RESULTS (23.10.2011)
Men
1. LIGETY Ted 2:22.00
2. PINTURAULT Alexis 2:22.29
3. SCHOERGHOFER Philipp 2:22.51
4. JANKA Carlo 2:22.58
5. KOSTELIC Ivica 2:23.16
6. HIRSCHER Marcel 2:23.23
6. FANARA Thomas 2:23.23
8. MISSILLIER Steve 2:23.26
9. MILLER Bode 2:23.32
10. JANSRUD Kjetil 2:23.37

AUT - Soelden  Giant Slalom Ladies RESULTS (22.10.2011)
Ladies
1. VONN Lindsey 2:24.43
2. REBENSBURG Viktoria 2:24.47
3. GOERGL Elisabeth 2:24.83
4. WORLEY Tessa 2:25.23
5. PIETILAE-HOLMNER Maria 2:25.33
6. FENNINGER Anna 2:25.67
7. ZETTEL Kathrin 2:25.91
8. LINDELL-VIKARBY Jessica 2:25.96
9. BARIOZ Taina 2:26.24
10. MANCUSO Julia 2:26.29