首都高速道路は、来年1月から一律の料金制度を取りやめ、利用した距離に応じ普通車で500円から900円の範囲で料金を徴収する新しい料金制度に切り替えることになった。

 首都高速道路は、利用した距離に応じて公平に料金を徴収しようと料金制度の変更について検討を進めており、21日までに東京都など沿線の6つの地方自治体の議会で承認を得たことから、今月中にも国土交通省に制度の変更を申請する予定。年内にも認められる見通しで、普通車で東京都内の区間で700円、神奈川県内の区間で600円などとしてきた一律の料金を取りやめることになる。代わりにすべての区間で、ETCを付けた普通車は最低料金を500円とし、6キロ走行するごとに100円ずつ加算し、上限を900円に変更することにしている。一方、ETCを使わない車は、一律900円の料金が徴収される予定。

 首都高の料金は現在、東京線が700円、神奈川線が600円、埼玉線は400円となっている。新しい料金では、利用区間が6キロ以下は500円、12キロ以下は600円、18キロ以下は700円、24キロ以下は800円、24キロを超えると900円となる。東京線の場合、12キロ以下の利用者は値下げになる。一方、長距離の利用者は行き先によって値上げになったり、値下げになったりする。例えば、みなとみらい(横浜市)―新都心(さいたま市)を走ると、今の1700円が900円に値下げされる。一方、高井戸(東京)―浦安(千葉県浦安市)を走ると、今の700円が900円に値上げされる。


よく考えると値上げすね。ETCを付けない車は一律700円→一律900円ですから・・・。
平均で800円位になるのだと思います。
「距離に応じて公平に料金を徴収しよう」とは良く言ったものです。
中央道の高井戸〜八王子間も本来は首都高の延長です。
ここの区間の料金制度は、見直さないのですかね?