『乗鞍高原いがやスキー場が今期も営業継続 松本市がマックアースに貸し付け』

 経営難で松本市の指定管理者が撤退した乗鞍高原いがやスキー場(同市安曇)を巡り市は、近くの大型スキー場のMt.乗鞍の運営会社「のりくら総合リゾートサービス」に貸し付けると発表した。同社は、両スキー場の共通リフト券を発行するなどして今期も営業を継続する。貸し付け期間は12月25日〜来年3月15日で賃料は1期で約150万円。来期以降も契約更新する方針。

Map 同社は、いがやスキー場の名称を「スノースマイル」に変える。Mt.乗鞍から通じる約3キロの林道を滑れるようにしたり、両スキー場間をシャトルバスを随時運行を計画。また、家族で雪遊びできる場所を設置したりして、「標高差約1400メートルのロングコース」のある全国有数の大規模ゲレンデとしてPRする予定。

 いがやスキー場は旧安曇村が1988年に開設。名称はイタリアで開催された1956年冬季五輪のスキー回転の銀メダリスト、猪谷(いがや)千春氏が少年時代に付近で練習したことにちなんで命名された。年間利用客は92年ごろの約3万人をピークに、ここ数年は約7000人に減少し、昨季は5829人。市は数年以内に必要となるリフト修繕費など2千万〜3千万円の負担が重いとみて閉鎖に踏み切った。
 同様に経営難だった乗鞍高原温泉スキー場の再建に乗り出した同社の親会社「マックアース」(兵庫県養父市)が今夏、いがやスキー場の活用を松本市に打診。市は「乗鞍高原全体の誘客につながる」とゲレンデなどを貸す方針を固めた。


MACEARTH(マックアース)は、スノーリゾート事業の拡大の手を緩めることを知らない。
アルペン競技に関しては一定の理解を示し、練習環境の提供と言う観点では協力的だとか・・・。
リゾートだけでなく、スキー競技を含めて多角的に見ないと、スキー場経営は厳しいのだと思います。
一気にスキー場を増やしていて、将来的に心配な面もありますが、一から開発することを考えれば安いものだのでしょう。
この手の事業で資本金2000万円は少ないですね。 まあ、ベンチャーなので、ダメなら早めに見切ってしまうのかな?
元々、経営難で無くなってしまう可能性のあったスキー場を救ったのですから・・・