23日、気象庁は「7〜9月の3カ月予報」を発表した。観測史上最も暑かった昨年ほどではないが、東日本、西日本ともに気温は平年並みか、高めの傾向と予測。9月の残暑も厳しくなりそう。
 7月は、東日本の太平洋側から西日本にかけて梅雨前線の影響が弱いため晴れの日が多い。気温は東日本で平年並みか高め、西日本は高め。降水量はいずれも平年並みか少ない。北日本(北海道、東北)では、7月の気温は平年並みだが、降水量は前線や寒気の影響を受け、平年並みか多め。

やっぱり、暑い夏らしい・・・