気象庁は25日、冬季(12月〜2月)の3ヶ月予報を発表。

12月の気温は、北日本を除いて全国的に平年より低め。
1月は、平年並み。
2月は、全国的に平年より高めと予想。
降雪量は、北日本の日本海側で平年より少なめ、他の日本海側では平年並み。


【12月】
天気は、北日本日本海側は、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
北日本太平洋側は、平年に比べ曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
東・西日本日本海側は、平年に比べ曇りや雨または雪の日が多いでしょう。
東・西日本太平洋側は、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。

【1月】
天気は、北・東・西日本日本海側は、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
北・東・西日本太平洋側は、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。

【2月】
天気は、北・東・西日本日本海側は、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
北・東・西日本太平洋側は、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。


11月の天気は、
周期的に天候が変わり、低気圧の通過後は一時的には冬型の気圧配置となった日もあったが、スキー場などの山間部で根雪になるほどの積雪はなかった。
平均気温は、北日本では平年を上回ったほかは、平年を下回ったところが多かったとのこと。

データから振り返った冬の訪れは、ほぼ平年並みだったようだが、
実感としては、
比較的暖かく、積雪となる天候が少ない晩秋だった気がする・・・。