クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

阿寒湖畔スキー場、なんとか間に合いそう!

ようやく冬がきた!








FEC 太舞SL(10日)

【男子】
2018-12-10 Far East Cup Taiwoo ski resorts (CHN)


【女子】

2018-12-10 Far East Cup Taiwoo ski resorts (CHN)(1)
続きを読む

カルロ・ヤンカ、W杯 ヴァルガーデナ戦を前に自宅でコンディショニング

メタ・ハロバット、”今日の戦いは本物だった・・・”

シュテファン・ルイッツ、ドーピング違反の可能性2

W杯男子GSビーバークリークで優勝したシュテファン・ルイッツが、1本目と2本目の間に酸素吸入を行い、FISの反ドーピング規則に違反したとして調査対象となっている。
FISは7日、イタリアとスイスの記者によってルイッツが酸素を吸入しているとみられる写真の存在が明らかになったとして、この問題を調査していることを公表した。

大会中の酸素吸入は、世界反ドーピング機関(WADA)では禁止されていないものの、FISの反ドーピング規則では2016年6月から違反であることが明確に記されている。
ドイツチームは誤りを認めており、チーム監督であるマティアス・バートホールド氏は報道陣に対して、「われわれコーチ陣とドクターは、極めてばかげた決断をした」「FISの規則ではなく、WADAの規則を参考にしてしまった」と釈明している。
「ドクターに相談して規則違反にならないことを確認した。この標高で多くのけが人が出ていることから、酸素の使用を決めた」
「ビーバークリークで大回転が行われた後、どのチームからもクレームはなかった」「調査は現在も進行中である」

ルイッツは、ケガによる故障から1年ぶりの復帰を果たしたばかりで、W杯初優勝をもマークした。
ただし、現在は失格の可能性に直面している。
失格処分が下された場合は、ルイッツの勝利はマルセル・ヒルシャーに渡ることになる。

調子を戻してきたマリー・ミッチェル-ガニオン、サンモリッツを離れイタリアで休養

Jasmine Flury、W杯サンモリッツSGをふり返る

フェリックス・ノイロイター、手のケガからの復帰戦は21位

ルーカ・デ・アリプランディーニ、W杯バルディゼールGSをふり返る

フランス女子チーム、W杯サンモリッツ PSLをふり返る



カナダ女子チーム、W杯サンモリッツ PSLをふり返る

イタリア女子チーム、W杯サンモリッツ PSLをふり返る

オーストリア女子チーム、W杯サンモリッツ PSLをふり返る





ペトラ・ブルホバ、W杯サンモリッツPSL2位をふり返る



女子もポールを正面から、なぎ倒すようになってきました!
第97回 全日本スキー選手権大会アルペン競技会 技術系
181224
大会日程
12/25(火)開会式
12/26(水)男子GS
12/27(木)女子GS GS表彰式
12/28(金)男女SL 表彰式

https://www.snowmap-japan.jp/report-column/965/
東京都スキー連盟 キッズイベント
野沢ポスター
第56回全国中学校 スキー大会
『無限の力ここに 越後の舞台で光輝け』

poster

大会ホームページ

2019年2月4日(月)〜7日(木)
アルペン競技 苗場スキー場
第68回全国高等学校スキー大会
poster

『躍動 雪の華たち咲き誇れ 鹿角の風を切って』

アルペン会場:花輪スキー場ジャイアントコース
2019年2月8日(金) 〜 2月12日(火)

大会ホームページ
第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
『北国の 雪と氷に 刻む夢』

logo


会場:サッポロテイネ
日程:2019年2月14日(木)〜17日(日)


第74回 国民体育大会冬季大会スキー競技会ホームページ
第43回全日本マスターズスキー選手権
iwakura1

第43回全日本マスターズスキー選手権尾瀬片品大会公式サイト

https://oze-katashina.info/mastersski/

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報