クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

U14, U16 & JUNIOR CONDITIONING

来季の”Alpecimbra Cup” 日程変更



Alpecimbra Fis Children Cupは開催日を変更し、その起源に戻ります。 Facebookへの投稿で、組織委員会は、その会長であるFabrizio Gennariと共に、2020年版のAllievi e Ragazzi国際ショーが1月から2月の間に開催されることを発表しました。 1月29日に最初のレースでFolgariaで開催され、2月1日に終了します。 簡単に言うと、数年前まではTopolino Trophyと呼ばれていたイベントが、シーズンの終わりではなく、歴史的な日付に戻ります。地域チャンピオンシップ、イタリア選手権、そしてピノキオトロフィーは常にシーズンの終わりにあります。
(Google翻訳)

月山、まだまだ・・・





中国のおかげで世界のスキービジネスの数字は回復



有名なスイスのコンサルタントであるローラン・バナットによる雪と山の観光に関する国際的な報告書がまた出版されています。この記事では、世界中のスノービジネスの最も興味深い側面を説明します。

雪の分野がうらやましい数字を得た2009年に発表されたレポートの初版で、Vanatはどのようにベビーブーム世代が今後10年間市場をリードするかを報告しましたそれはビジターブームが人口増加の統計的事実によるものであり、スキーヤーの数の比例した増加によるものではないことを意味しました。したがって、今年はその予測の終わりに来ました。

報告書には、第三国からの新規市民の到着、スノースポーツから文化的に離れた人々の数、広告キャンペーンの管理の重要性など、その他の要因もより重要になっています。これらのグループへのマーケティング。 10年前、報告書はまた、山岳観光客への提案にイノベーションの余地を与えることがどのようにしてすべての部門から一般の人々を引き付けるのに必要であるかについてコメントしました。 10年後、これらのVanatレポートの予測は満たされており、開発を計画する際に大部分の大手リゾートがこれらの要素を考慮に入れています。

2017/2018シーズンは、3つの下方シーズンを経て、世界的にプラスの数字で終了しました。セクターはファンの数の天候や停滞(特に西部)のような様々な問題に直面していますが、一般的に今シーズンは多くの数で発表されました。この千年。

真の勢いは、世界で3番目のスキーヤー国となった中国によってもたらされましたが、私たちが話しているこの前向きな発展は、アジア諸国に限られたものではありません。実際、アメリカを除くすべての地域が今シーズン成長しています。ゲレンデでのスキーがますます名声を博しているようであるスカンジナビア、または南半球にたくさんの駅があることのような例は、世界的な意味でこの分野への期待の光となっています。

しかし、韓国の冬季オリンピックは、オリンピック後も訪問者数が減少し続けているアジアの国で期待されるブームをもたらしませんでした。近隣の日本でも、彼らは同じ問題を抱えているように見えます。そこでは、流行の変化と人口の高齢化がトラックからより多くの人々を引き寄せていることを保証します。ですから、最年少の雪と山への情熱の復活に賭けて、それがファッションを克服し、恒久的に確立されるようにすることが不可欠のようです。

もう1つの重要な問題は、東ヨーロッパ、中央アジア、または中東で開始された大規模プロジェクトの成長の鈍化と停滞さえあります。彼を訪問

スノースポーツが文化的に根付いていないこれらのタイプの国にとって、人々が斜面に引き付けることは非常に困難です、なぜならそれがこのレポートでこれまでずっと分析されたので、それぞれの国の地元の市場が最も重要だからです。

これらすべての問題があっても、スノーマーケットはまったく減少しているようには見えず、セクターを上昇させる新しいアイデアやプロジェクトの余地がまだあります。

伝統的な雪の地域では新しいプロジェクトは作成されていませんが、既存のものは創造性に大きく賭けています。アジアと東ヨーロッパの地域では世界中でスキーヤーの約35%を生み出していますが、地元ではほとんど供給されていないことを考慮すると、成長の目的はこれらの人々に集中するべきです。

スペインとアンドラ

アンドラは新しいインフラストラクチャとアイデアに大きく賭けており、オファーは拡大していますが、後者の伝統と名声は一般大衆とピレネー山脈を第2の平面に追いやっているため、アルプスと戦う必要があります特に外国人観光客のために。

訪問者数が最も多い駅のリストを見るとわかるように、Andorran Grandvaliraは前年の成長率を維持しているようで、今年は12位にランクされ、前年に比べて2つのポジションが上昇しています。

スペインはまた、訪問者数の著しい増加を享受しています。これは、ピレネー山脈のアンドラ地区だけでなく、スペイン人や他のイベリア半島の山岳地帯も訪れていることを示しています。

アルプス

アルプスのすべての国で、過去の季節に比べて訪問者の数がかなり増えました。近年では数字が常にマイナスになり、悪い将来が予測されていたスイスでも、今年は高い成長を見せ、スイスフランが去る前の数字と同様の数字になっています。ユーロに固定されます。

90年代からスキーヤーの半分を失い、反応しようとしている日本

アジアの国は最も季節の多い国の一つです。70から90年の間にその壮大な成長を遂げた雪の黄金の国となりました。すべての若い人たちがスキーをしたかったのです。 80人のうち1800万人の習慣的なスキーヤーは今日の800万人になった。原因スキーはファッショナブルではなくなり、スキーリフトにアクセスするための長い路線や、スキーをすることがほとんどできない雑然としたスキー場は部分的には非難の対象になりました。人口がさらに高齢化するたびに、依然として回復しつつあるものと出生率の低下。

最近の季節における日本の駅の訪問者数。 80年代後半から現在販売されている6,000万以上のスキー日から、現在では3100万以上のスキー日までに... Source Laurent Vanat。

今、日本は外国のスノーツーリズムをとらえようとし、大量の雪とその異国情緒を売り払い、時代遅れの施設とその看板、地図、情報サービスを改善しなければならない。通常アルプスまたはアメリカ/カナダを選ぶスキーヤーへ。この2年間、スキーヤーの流入は何年にもわたって減少してきて安定してきたようであり、それはあるカムバックの時かもしれません。

ハルビンワンダスノーパーク

ハルビンワンダスノーパークは、2017年6月30日に予定より2ヶ月早く中国で開始され、世界最大の屋内スキー場となりました。それはこれまでに建設された傾斜した屋内用斜面のいくつかで、長さが最大0.5 kmの6つのトラックを持っています。

フランス、ドイツ、またはオランダには滑走路の長い屋内センターが他にもあります - 世界中に推定90の屋内センターがあります - これらの新しい中国の施設は総滑走路面積で最大です。ハルビンの中国の地域はすでに冬の寒さで、最高で摂氏20度または30度に達しますが、この新しい施設では雪だけでなくスキーヤーにとってやや快適な気温も提供されます。

結論

これまでと同様に、この分野が停滞していることは明らかであり、雪を知らない人々の興味をそそることは困難です。シーズンあたりの訪問者数を増やすために、最大の努力が新しいファンの作成に向けられるべきである理由です。これは、トラック上とリゾート内の両方で、施設の改修と密接に関係しています。ホテルが観光客がスキーをしていない時間を過ごすのに快適な空間を提供しなければならないところ。

インターネットやデジタル化などのツールはマーケティングキャンペーンに役立ちますが、私たちは滞在中に訪問者にユニークな体験を保証するために人間と個別の扱いを脇に置いてはいけません。

最後に、スイスの専門家の報告によると、スキーを学ぶときに楽しく忘れられない経験を提供することが非常に重要です。小さな子供たちが学ぶよりももっと苦しむことを許すならば、彼らは彼らの人生を通して持続するスポーツに対する感情を決して発達させないでしょう。だからこそ、楽しく簡単で効果的な学習プロセスに投資することが重要です。

(Google翻訳)

ステルヴィオパス

MilanoCortina2026、COUNTDOWN

サマーゲレンデでのレーシングキャンプ

コペンハーゲンのアーバンスキー場 ”CopenHill”





World Pro Ski Tour

来季向けて夏の雪上トレーニングも活発に!













この時季、高原でのバイクトレーニングが気持ちいい



マルタ・バッシーノ、夏を満喫!

ナディーヌ・フェスト、スラックラインでのバランス感覚

”戦わない人は…もう負けています”

4段階のトレーニングメソッド



4 Development Stages for the College Athlete
学生のための4つの開発段階

Every university across the country has incoming freshman step foot in the weight room with varying levels of experience. As the strength and conditioning industry progresses, more qualified coaches are being employed at the high school level. Even with a qualified coach at the helm, many athletes will continue to show up on college campuses for their first day of practice needing more work from a developmental standpoint.
全国のどの大学でも、さまざまなレベルの経験を持つウェイトルームに新入生の足が入っています。強度およびコンディショニング業界が進歩するにつれて、より優秀なコーチが高校レベルで採用されています。有能なコーチが舵を切っていても、多くのアスリートは開発の観点からより多くの仕事を必要とする彼らの練習の初日に大学のキャンパスに引き続き参加するでしょう。

While sport coaches breathe down our necks to find out how much their athletes are squatting or how many inches we’ve added to their vertical jump, as strength and conditioning professionals we must know how fast to move an athlete through our progression/regression stages.
About Our Freshman Developmental Model
スポーツコーチは、アスリートのしゃがみ具合や垂直方向のジャンプに追加したインチ数を調べるために首を絞っていきます。
私たちの新入生発達モデルについて

The research by Istvan Balyi on long-term athlete development provides the basis for this model. Each athlete entering the program begins in the same stage: Stage 1. As the athlete accomplishes the goals of each stage, they will progress to the next stage. This progression will lead to more challenging movements from a technical proficiency standpoint, greater requirements of the athlete’s work capacity, and a larger exercise library the athlete will have to be proficient in.
stvan Balyiによる長期アスリート開発に関する研究は、このモデルの基礎を提供しています。プログラムに参加する各選手は同じステージで始まります。ステージ1:選手が各ステージの目標を達成すると、次のステージに進みます。この進歩は技術的な熟達度の観点からのより挑戦的な動き、アスリートの作業能力のより大きな要求、そしてアスリートが熟練していなければならないより大きなエクササイズライブラリにつながるでしょう。

The driver for progression of movement is, and always will be, technical proficiency. Technique is the highest priority when progressing an athlete. Proper technical mastery of prerequisite movements assures us that the athlete is ready to load each movement in the manner that we see fit. Technical progression, not strength level, is what will differentiate one athlete’s programming from another’s.
運動の進歩の原動力は技術的熟練であり、これからもそうなるでしょう。アスリートを進歩させるときはテクニックが最優先事項です。必要な動作を適切に技術的に習得することで、アスリートはそれぞれの動作を適切な方法でロードできるようになります。筋力レベルではなく技術的進歩が、あるアスリートのプログラミングを他のアスリートのプログラミングと区別するものです。

Stage 1: Learn to Train
ステージ1:訓練することを学ぶ

The goals of Stage 1 are to teach the athlete our basic movement patterns and build work capacity. Year in and year out, the incoming freshmen generally display a lack of work capacity.
ステージ1の目標は、アスリートに基本的な動作パターンを教え、作業能力を築くことです。年々、そして年を追うごとに、新入生は一般的に労働力不足を示しています。

Prior to the execution of any lifting of any kind of implement, the athletes will do focused work on diaphragmatic breathing.
あらゆる種類の用具を持ち上げる前に、アスリートは横隔膜呼吸に焦点を当てた作業を行います。

There are many ways to accomplish this. I have had the most success using the 90/90 wall breathing drill. The video below gives instructions for the execution of the breathing drill. I have found that this exercise not only teaches athletes to breathe properly, but also helps them get into a neutral posture through their lumbar spine.
これを実現するには多くの方法があります。私は90/90壁呼吸ドリルを使用して最も成功しました。以下のビデオは、呼吸訓練の実行のための指示を与えます。このエクササイズはアスリートに適切な呼吸をすることを教えるだけでなく、彼らが彼らの腰椎を通して中立的な姿勢に入るのを助けることもわかった。

Following the introduction to proper breathing mechanics, we introduce our basic movement patterns: squat, hip hinge, upper body push, and upper body pull. The exercises used during this stage are a KB/DB goblet squat, KB/DB RDL, push-up, and body weight rowing patterns such as a TRX row or barbell inverted row. The introduction of these exercises serves as our basic movement screen as well. We can address basic movement inefficiencies (lack of joint mobility, lack of stability, asymmetries) while the athletes execute these exercises.
適切な呼吸の仕組みの紹介に続いて、基本的な動作パターン、スクワット、ヒップヒンジ、上半身プッシュ、上半身プルを紹介します。この段階で使用されるエクササイズは、KB / DBゴブレットスクワット、KB / DB RDL、腕立て伏せ、およびTRX行やバーベル反転行などの体重ローイングパターンです。これらのエクササイズの紹介は、私たちの基本的な動きのスクリーンとしても役立ちます。運動選手がこれらの運動を実行している間、我々は基本的な運動の非効率性(関節可動性の欠如、安定性の欠如、非対称性)に対処することができる。

These sessions not only focus on movement introduction, but there is always a work capacity component added. Many athletes we bring in are simply not ready to undertake the amount of training we plan to put them through, so we stick to basic means to accomplish the end goal. Various sled dragging patterns, carries with various objects for various distances, and the use of escalated density training (EDT) are all methods that we utilize in our program to increase our athletes’ work capacities and ready them for the rigors of training as they progress through their careers with us.
これらのセッションは運動の紹介に焦点を合わせるだけでなく、常に作業能力の要素が追加されています。私たちが持ち込む多くのアスリートは、彼らが通うことを計画している訓練の量を引き受ける準備ができていないだけなので、最終目標を達成するために基本的な手段に固執します。さまざまなそりドラッグパターン、さまざまな距離のさまざまなオブジェクトの持ち運び、および段階的な密度トレーニング(EDT)の使用はすべて、アスリートの作業能力を向上させ、進行時のトレーニングの厳しさに備えてプログラムで使用する方法です。私たちと一緒に彼らのキャリアを通して。

Each training day looks very similar during this stage, so it becomes imperative to find ways to challenge the athletes during the session. One way is to introduce tempos to movements. For example, on our lower body push day, we may have an athlete goblet squatting with a KB with a five-second tempo during the eccentric portion of the movement. The tempo not only makes the movement more challenging, but it gives the coach an opportunity to continue to evaluate the athlete as they move under load. By constantly tweaking each movement, we as coaches can continue to evaluate the athlete’s strength and weaknesses, which will lead to better development of movement patterns.
この段階では各トレーニング日は非常に似ているように見えるので、セッション中に選手に挑戦する方法を見つけることが不可欠になります。一つの方法は動きにテンポを導入することです。たとえば、下半身のプッシュ日に、運動の偏心部分に5秒のテンポでKBをしゃがんだアスリートのゴブレットがいるかもしれません。テンポは動きをより困難にするだけでなく、コーチに彼らが負荷の下で動くとき運動選手を評価し続ける機会を与えます。各運動を絶えず調整することによって、私たちコーチは運動選手の長所と短所を評価し続けることができ、それは運動パターンのより良い発達につながるでしょう。

Stage 2: Train to Train
ステージ2:トレーニングからトレーニングへ

Stage 2 takes our rudimentary movements—the KB Goblet squat, KB RDL, push-up, and TRX row—and progresses them. The next step in our progression of movements is the front squat, barbell deadlift, bench press, and pull-up. We still utilize our Stage 1 movements as warm-up movements, technique primers, or for more GPP-type training following the motor learning portion of the workout. For example, we may bench press.
ステージ2では、KB Gobletスクワット、KB RDL、腕立て伏せ、およびTRXの行のような基本的な動きを取り、それらを進めます。私たちの動きの進行における次のステップは、フロントスクワット、バーベルデッドリフト、ベンチプレス、そしてプルアップです。ワークアウトの運動学習の部分に続いて、ウォームアップ運動、テクニック入門書として、またはより多くのGPPタイプのトレーニングとして、ステージ1の運動をまだ利用しています。例えば、私たちはプレスをベンチするかもしれません。

We do a standard 5×5 training plan for the main movement, superset each set with a low-intensity exercise in opposition such as a band row, and then super set t-spine mobility exercises such as a seated PVC t-spine rotation. After they finish the working sets for capacity, we have the athletes execute push-ups, KB goblet squats, and TRX rows for time, usually 15-20 minutes at the end of a session.
私たちは、主な動きのための標準的な5×5のトレーニング計画を行い、バンド列のような反対の強度の低い運動で各セットをスーパーセットしてから、着席PVC t-背骨回転のようなスーパーセットt-背骨モビリティエクササイズを行います。彼らが容量のためのワーキングセットを終えた後、我々は運動選手に腕立て伏せ、KBゴブレットスクワット、そしてTRXの列を時間の間、通常セッションの終わりに15-20分実行させます。

During this time, we still coach the push-up to our specifications and even decrease individual volumes if the reps begin to look bad. While fatigue can make cowards of us all, we ensure that even if a kid can only do five reps per set to our standards, we stop the set at those five reps to avoid teaching them poor habits.
この間、我々はまだ我々の仕様へのプッシュアップを指導し、そして担当者が悪く見え始めたら個々の量を減らすことさえします。疲労は私たち全員を臆病者にすることができますが、たとえ子供が私たちの基準に沿って1セットにつき5回の練習しかできないとしても、それらに悪い習慣を教えるのを避けるために私達はそれらの5回の繰り返しにセットを止めます。

Athletes spend an extremely long time in this stage. Our freshman football players spend close to three months in this stage to help break any poor habits they may have come to us with.
運動選手はこの段階で非常に長い時間を費やします。私たちの新入生のフットボール選手は、この段階で3か月近く過ごし、彼らが私たちにやって来たかもしれない貧しい習慣を打破するのを助けます。

We begin to introduce structured programming during Stage 2. Athletes will start to train through different phases (hypertrophy, max strength, conversion to power, etc). Volume will remain higher than with our advanced athletes to continue to develop their work capacity and engrain motor patterns, but we will begin to collect relative max numbers (3-10RM) and train them based on certain percentages of their projected maxes. During this stage, many athletes progress from front squatting to back squatting if they do not have any mobility/stability issues that would hinder them in this exercise. This stage is also where our introduction to Olympic-style weightlifting movements occurs.
私達は段階2の間に構造化プログラミングを導入し始める。運動選手は異なった段階(肥大、最高の強さ、力への転換、等)を通して訓練し始めるでしょう。仕事量を伸ばし、運動パターンを向上させ続けるために、量は私達の先進的な運動選手よりも高いままでしょう、しかし我々は相対的な最大数(3-10RM)を集めそして彼らの予測最大値のある割合に基づいてそれらを訓練し始めます。この段階では、多くのアスリートは、このエクササイズを妨げるような運動性や安定性の問題がなければ、フロントスクワットからバックスクワットに進みます。この段階では、オリンピックスタイルのウェイトリフティング運動の紹介も行われます。

Stage 2 training, while intended to increase the athlete’s general capabilities, is still very much educational. We expose the athlete to a variety of different movements and exercises with various implements and tempos, but the key is still building clean motor patterns. The “art of coaching” becomes a large factor here, as the coach holds the key to the athlete’s progression and regression through the stage. You cannot expect an entire group to progress as a unit—there are simply too many factors to account for. However, by using various training means to accomplish the same goal, we move the group in the same general direction.
ステージ2のトレーニングは、アスリートの一般的な能力を向上させることを目的としていますが、依然として非常に教育的です。私たちはアスリートをさまざまな道具やテンポを使ったさまざまな動きやエクササイズにさらしますが、キーはまだきれいな運動パターンを構築することです。ここでは「コーチングの芸術」が大きな要因となっています。コーチは、ステージを通したアスリートの進歩と後退への鍵を握っているからです。グループ全体が1つの単位として進歩することを期待することはできません。説明するには、あまりにも多くの要因があります。しかし、同じ目標を達成するためにさまざまなトレーニング手段を使用することで、グループを同じ一般的な方向に動かします。

Stage 3: Train to Compete
ステージ3:競う練習

During this stage, the athletes have already had exposure to most of the exercise library and the training becomes much more focused. Analysis of the athlete’s specific strengths and weaknesses occurs during this stage. For example, if you have a 180-lb athlete who can squat the house but has a very poor vertical jump, his training may focus more on power production than on increasing maximal strength.
この段階では、アスリートはすでにほとんどのエクササイズライブラリに触れており、トレーニングはより集中的になります。アスリート特有の長所と短所の分析はこの段階で行われます。たとえば、家をしゃがむことはできるが垂直ジャンプが非常に悪い180ポンドのアスリートがいる場合、彼のトレーニングは最大強度を上げることよりも、電力生産に集中することがあります。

Most of your upperclassmen will be in this stage. We train to increase qualities that will help increase their performance on the field. We use many different assessments during this phase.
あなたの上級生のほとんどはこの段階にいるでしょう。私たちは、現場でのパフォーマンスを向上させるのに役立つ品質を高めるためのトレーニングを行います。この段階では、さまざまな評価を使用します。

Stage 4: Compete to Win
ステージ4:勝つために競う

Buddy Morris has spoken on the reason his defensive backs don’t spend as much time back squatting heavy as the interior linemen do—it simply will not translate to increases in their performance of the same capacity. Why waste an entire year trying to increase Patrick Peterson’s back squat when it won’t make him play corner any better? This mindset is what Stage 4 is all about.
Buddy Morrisは、彼の守備の背中がインテリアのラインマンのように浪費するのに時間を費やすのではなく、同じ容量のパフォーマンスの向上につながるわけではないと言っています。 Patrick Petersonのバックスクワットを増やそうとしても、1年が無駄になって無駄になったのはなぜですか。この考え方は、ステージ4のすべてのことです。

Stage 4 is your highly specific training. Many athletes in this category may never catch an Olympic lift again simply because catching a clean will not make them better at their sport. They have far surpassed that part of their career and reached the upper echelon of sport performance. In very few cases will any of the athletes we coach in our careers reach this level.
ステージ4はあなたの非常に具体的なトレーニングです。このカテゴリーの多くのアスリートは、単にきれいになってもスポーツが上達しないからといって、二度とオリンピックリフトに乗ることはないかもしれません。彼らはキャリアのその部分をはるかに上回り、スポーツパフォーマンスの上位段階に達しました。ごく少数のケースで、私たちがキャリアの中でコーチしているアスリートのどれもがこのレベルに達するでしょう。

The athletes at this stage in their development focus on one task. These are the Olympic-level 100-meter sprinters, the 900-lb bench pressers, the super heavyweight Olympic-style weightlifters, and any other athlete geared toward accomplishing one task through training at an extremely high level. Their training is extremely focused toward the end goal. These athletes have moved past improving general qualities.
開発のこの段階でアスリートは1つのタスクに焦点を当てています。これらは、オリンピックレベルの100メートルスプリンター、900ポンドのベンチプレッサー、スーパーヘビー級オリンピックスタイルのウェイトリフター、そして非常に高いレベルでのトレーニングを通じて1つのタスクを達成することを目指したその他のアスリートです。彼らの訓練は最終目標に向かって非常に集中しています。これらの運動選手は一般的な資質を向上させることを過ぎて動いた。

Simply put, these athletes do not care about the process; they care about the outcome. If a training modality does not improve their performance, they throw it out and seek out a different method.
簡単に言うと、これらのアスリートはプロセスを気にしません。彼らは結果を気にかけている。トレーニング方法が彼らのパフォーマンスを改善しない場合、彼らはそれを捨てて別の方法を探します。

A perfect example of programming for this kind of athlete comes from the research of Dr. Anatoliy Bondarchuk. If you are not familiar with Dr. Bondarchuk, many people consider him one of the best throws coaches in world, specifically in the hammer throw. From his text, Transfer of Training in Sports, Dr. Bondarchuk finds a higher coefficient of correlation (0.620) for an athlete increasing his squat with a barbell when they are a 45-50m thrower compared to when the athlete reaches 75-80m throws (0.196).1 Simply put, the barbell squat becomes less effective for improving the performance of the thrower as they progress through their career.
この種のアスリートのためのプログラミングの完璧な例はDr. Anatoliy Bondarchukの研究から来ています。あなたがボンダルク博士に精通していないならば、多くの人々は彼を世界で最も投球コーチ、特にハンマー投げのうちの1人と考えています。彼のテキスト、スポーツにおけるトレーニングの移転から、ボンダルク博士は、選手が75-80mの投球に達した時と比較して、45-50mの投球である時にバーベルでスクワットを増加させるためのより高い相関係数(0.620)を見つけた。簡単に言えば、バーベルスクワットは、彼らが彼らのキャリアを通して進歩するにつれて、投げる人のパフォーマンスを向上させるためにそれほど効果的ではなくなる。

Additionally, as the athlete progresses from being a 45-50m hammer thrower to becoming a 75-80m hammer thrower, the coefficient of correlation increases for the use of different weighted implements in technical training, while the strength exercises commonly associated with the training of throwers (squat, clean, snatch) decreases. This means that the athletes no longer receive as large of a performance increase using general means (increasing maximal strength) and should now focus on improving strength in their competitive movement (e.g., increased weight of their throwing implement).
Design Your Own Model of Development
さらに、アスリートが45-50mのハンマー投げから75-80mのハンマー投げになるにつれて、テクニカルトレーニングで異なる加重道具を使用すると相関係数が増加しますが、一方で強度のエクササイズは一般的に投手のトレーニングに関連しています(スクワット、クリーン、スナッチ)が減ります。これは、競技者が一般的な方法で最大のパフォーマンス向上を得ることができなくなり(最大強度が上がる)、今度は競争運動における強度の向上に集中するはずであることを意味します(例:投げる道具の重量の増加)。
独自の開発モデルを設計する

It takes time to develop an athlete who is successful at the collegiate level. While we see more and more athletes coming into college with a legitimate training background than ever before, you still must take the time to start from square one and progress kids at the right pace to ensure that they will remain healthy and ready to dominate the field of play. Remember, just because an athlete comes in and is ready to step onto the field of play, doesn’t mean they are ready to participate in the same training program as the fifth-year seniors they are playing alongside.
大学レベルで成功する選手を育成するには時間がかかります。今まで以上に正当な訓練の背景を持つ大学に入学するアスリートが増えていますが、健全で優位に立つためには、スクエア1から始めて正しいペースで子供を進歩させるために時間をかける必要があります。遊びます。覚えておいて、アスリートが入ってきて競技場に足を踏み入れる準備ができているという理由だけで、彼らが一緒に遊んでいる5年生の高齢者と同じトレーニングプログラムに参加する準備ができているという意味ではありません。

Check your ego at the door and advise your athletes to do the same. If never letting a kid back squat keeps him healthy and improving on the field, then they may only ever front squat during weights. It is not about records, it is not about likes on social media, and it is not about reporting huge increases in max numbers to your sport coaches. It is about preparing athletes to be successful on the field of play.
ドアであなたのエゴをチェックして、同じことをするようにあなたの運動選手に助言してください。子供がスクワットを後ろに倒さないようにしても、彼が健康に保たれ、フィールドでの体調が改善されない場合、彼らは体重中にスクワットを前にすることができます。それはレコードについてではなく、ソーシャルメディアでのいいねについてではなく、そしてスポーツコーチに最大数の大幅な増加を報告することについてではありません。それは競技場で成功するために運動選手を準備することです。

(Google翻訳)
ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報