クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

デュアルレース、盛り上がり復活の兆し



Return of the Dual, Part Deux: Taking it From the Pros
デュアルレースの復活

As discussed in “Return of the Dual,”dual format (AKA parallel) racing fills different needs at different age and ability levels. For recreational skiers, duals can be a way to set the hook for racing, or add a fun and sociable element to the ski day. For the youngest ski racers, duals are a way to create fun and action while learning solid skills. It’s all about volume in every sense of the word: lots of cheering and lots of runs. As kids get older, being able to create a competition setting that offers more runs throughout the day is key. Duals get kids out of the lodge and onto the mountain for more race runs in a day, and higher intensity in training.
「デュアルの復帰」で説明したように、デュアルフォーマット(AKAパラレル)レースは、異なる年齢と能力レベルで異なるニーズを満たします。レクリエーションスキーヤーの場合、デュアルはレース用のフックを設定する方法、またはスキーデーに楽しく社交的な要素を追加する方法です。最年少のスキーレーサーのために、デュアルは、しっかりとしたスキルを習得しながら、楽しみと行動を創造する方法です。それは言葉のあらゆる意味でのボリュームに関するすべてです:多くの応援と多くの実行。子供たちの年齢が上がるにつれて、競技の場を作ることができるようになり、1日を通して多くの競技ができるようになります。デュアルはロッジから外に出て、1日でもっと多くのレースが走れるように山に登ります。

As the level of competition gets higher, the aim of dual racing evolves from being entirely skier development/participation based, to being increasingly spectator/fan based. At its most elite level, for the dual racing format to thrive it needs to deliver a high level of excitement while also being a legitimate and fair test of skill and athleticism. It needs to be a spectator-friendly, responsibly-run cage match.
競争のレベルが高くなるにつれて、二重レースの目的は、スキーヤーの開発/参加を基本としたものから、観客/ファンをベースにしたものへと進化しています。エリートレベルでは、デュアルレーシングフォーマットが繁栄するためには、高いレベルの興奮を提供する必要がありますが、スキルと運動能力の合法で公正なテストです。それは、観客フレンドリーで責任ある運営のケージマッチである必要があります。

MOVING FORWARD, SIDE BY SIDE
前方への移動、側方への移動

The FIS, having approved parallel as an event of the 2021 FIS Alpine World Ski Championships, is having robust ongoing discussions about parallel racing. Their goal is to have a format in place for approval by spring 2019. That would set up one full season of parallel racing as its own alpine event before the 2021 World Championships. If all that goes well, it is also anticipated that FIS will recommend that the individual Parallel event—in whatever format evolves—be included in the 2022 Olympic Winter Games.
FISは、2021年のFISアルペンワールドスキー選手権のイベントとして並行して認可を受けており、パラレルレースに関する堅実な議論を継続しています。彼らの目標は、スプリング2019による承認のためのフォーマットを持つことです。それは、2021年世界選手権の前に、それ自身のアルパインイベントとしてパラレルレーシングのフルシーズンを設定します。それがうまくいくならば、FISは2022年オリンピック冬季オリンピックにどのような形式のパラレルイベントが含まれているかを推薦することも期待されます。

Four parallel formats have been contested on the World Cup—slalom, GS, city event and team event. The task in creating a discreet parallel event, is finding a format that is challenging enough to build excitement and test the top skiers, yet can accommodate the unique and differentiated venues (from Stockholm to Alta Badia) that can successfully host these events. Factors like hill steepness and length, ski equipment, course set, types of gates, size of jumps, duration of qualification rounds, TV friendliness, etc, need to be well-defined, yet flexible enough to adapt to the full range of appropriate venues.
ワールドカップ・スラローム、GS、都市イベント、チームイベントでは、4つの平行したフォーマットが争われています。慎重なパラレルイベントを作成する作業は、興奮を醸し出し、トップスキーヤーをテストするのに十分なほど難しいフォーマットを見つけることですが、これらのイベントを成功裏に開催できるユニークで差別化された場所(ストックホルムからアルタバディアへ)に対応できます。丘の急峻性や長さ、スキー機器、コースセット、ゲートのタイプ、ジャンプのサイズ、資格ラウンドの持続時間、テレビの親しみやすさなどの要素は、十分に定義されていなければならず、適切な場面。

As duals step up to ski racing’s main stage, it’s important to understand what makes the format compelling, and what makes it fall flat. Parallel races, when over-domesticated, run the risk of being underwhelming—low on both excitement and perceived difficulty, and high on predictability: meticulously prepared and maintained hills offer little variability, competitor to competitor and run to run; short courses and moderate hills make the races accessible but do not separate the field; easy course sets and small jumps minimize risk but can also favor one type of skier. The result turns a potentially dynamic format into a tame and predictable competition.
二輪車がスキーレースの主なステージに昇格するにつれて、どのようなフォーマットが魅力的なのか、それがフラットなものになるのかを理解することが重要です。パラレルレースは、過剰飼育された場合、興奮と知覚困難の両方で圧倒的に低いリスクがあり、予測可能性が高い:慎重に準備され維持されている丘は、変動性が少なく、競争相手と競争し、短いコースと適度な丘はレースをアクセス可能にしますが、フィールドを分けることはありません。簡単なコースセットと小さなジャンプはリスクを最小限に抑えますが、スキーヤーの1つのタイプにも有利です。その結果、潜在的にダイナミックなフォーマットが妥当で予測可能な競争に変わります。

THE THINGS THAT AIN’T BROKE
爆発しないもの

The Bob Beattie Ski Foundation(BBSF) standsready toguide the next iteration of dual format ski racing,from entry-level accessibility to the aforementioned fan-building cage match. BBSF was formed in 2011, as an advocacy group with a mission to further all the aspects of ski racing that Bob Beattie held dear, among them parallel racing. As Mike Hundert chairman of the BBSF board explains, “Skiing’s future depends on it remaining accessible and fun.We know, dual racing is fun for participants, more friendly for ski resorts to run, and more entertaining for audiences.” BBSF draws on the collective experience of World Pro Tour alumni, many of whom also raced and worked on the World Cup and continue to be involved in ski racing. To be sure, everything from equipment and safety standards, to TV rights and delivery has evolved since the glory days of the World Pro Tour, but the basics of what makes a good show on snow haven’t really changed.
Bob Beattie Ski Foundation(BBSF)は、エントリーレベルのアクセシビリティから前述のファン・ビルディング・ケージ・マッチまで、デュアル・フォーマット・スキー・レースの次の繰り返しを目指しています。 BBSFは2011年に、ボブ・ビーティが愛用していたスキーレースのすべての面をさらに強化する使命を持つ団体として、パラレルレースで結成されました。 BBSFボードのMike Hundert会長は、「スキーの未来は、それがアクセス可能で楽しいということに依存している。我々は、デュアルレースは参加者にとって楽しいものであり、スキーリゾートにとってはよりフレンドリーで、観客にとっては面白い」と話す。ワールドプロツアー卒業生の集団的経験もあり、その多くはワールドカップでレースを行い、スキーレースに参加し続けています。機器や安全基準からTVの権利と納品までのすべてがワールドプロツアーの栄光の日から進化してきたことは確かですが、雪上で良いショーを作るための基礎は本当に変わっていません。

Here are some recommendations distilled from the pros on how to maximize the thrill of the dual.
ここでは、デュアルのスリルを最大限に引き出す方法についての賛否両論から逸脱したいくつかの推奨事項があります。

LOCATION LOCATION LOCATION!
ロケーションのロケーション!

The first rule of real estate applies to drawing crowds to ski racing as well. Always place the finish area at the bottom of a mountain, accessible to fans on skis or on foot.
不動産の最初のルールは、スキーレースへの混雑を描くことにも適用されます。フィニッシュエリアを常に山の底に置き、スキーや徒歩でファンにアクセスしてください。

SET TURNIER COURSES!
ターニュアコースを設定する!

This will create more interest, more compelling competition, and more differentiated racing. Mark Tache, a veteran of both the World Cup and World Pro Tours explains: “Dual courses had rhythm changes similar to the amateur format which required tactics and strategy. They were not a chalk line down the hill, with the exact same turning radius the entire course.”
これにより、より多くの関心、より魅力的な競争、より差別化された競争が生まれます。ワールドカップとワールドプロツアーのベテランであるMark Tache氏は次のように説明しています。「デュアルコースには、戦術と戦略を必要とするアマチュア形式に似たリズムの変化がありました。彼らは丘の下のチョーク線ではなく、コース全体でまったく同じ旋回半径を持っていました。

ELIMINATE CROSS BLOCKING
クロスブロックを解消する

An ugly problem with modern parallel racing has been the cross block. Safer gates that can be mowed over create a distinct advantage for some athletes and styles. Turnier courses, with changes of rhythm and distance, should helpeliminate the brush hog approach, transferring advantage from any one body type or style to the most aggressive, strategic, technically competent athletes.
現代のパラレルレースでの醜い問題は、クロスブロックです。刈り取ることができるより安全な門は、いくつかのアスリートとスタイルに明確な利点を生み出します。リズムと距離の変化を伴うターナーコースは、どのようなボディタイプやスタイルからも最も積極的で、戦略的で、技術的に有能なアスリートまで、ブラッグホッグのアプローチを排除します。

RIGHT FROM THE GATE
ゲートから右

Among the most important components of dual racing are the “horse gates”, that open simultaneously, and if “barged” (pushed prematurely) don’topen until pressure is released. They require quick reactions by the athletes and, for spectators, create a visual reference of who is the quickest off the blocks. Plus, who doesn’t want a little Kentucky Derby in their ski racing? Procuring or creating and then repairing and maintaining gates was an issue then as it is now. One mission of the BBSF is to source gates that can be made affordably, and raise funds to provide them to programs across the country. Says Hundert: “The near term goal is to order and purchase 12-15 sets of gates and deliver them to programs in time for championships and spring flings.” Donors? Yes please!
デュアルレースの最も重要な構成要素の中には、同時に開く「馬の門」と、圧力が解放されるまで「突入」(途中で押し込まれた場合)はしないでください。彼らは選手たちによる迅速な反応を必要とし、観客にとっては、ブロックから最も速い人物の視覚的な参照を作成します。さらに、スキーレースでケンタッキーダービーを望んでいない人は誰ですか?調達または作成し、その後、修理および維持することは今のところ問題でした。 BBSFの使命の1つは、手頃な価格で実現できるゲートを整備し、全国のプログラムに提供するための資金を調達することです。 Hundertは次のように述べています。「近い将来の目標は、12-15セットのゲートを発注して購入し、選手権と春の飛行に間に合うようにプログラムに提供することです。はい、お願いします!

KEEP THE COMPETITION CLOSE
コンペティションを閉じたままにする

In addition to the starting gates themselves, their proximity to each other—and the gamesmanship within that highly charged environment—is a key factor for keeping the excitement level high. Too far away (as with current World Cup races) and you lose some of the drama for both the crowd and the athletes. Even if courses start at four meters the courses can quickly spread to whatever distance is deemed safe for the hill and set.
始動ゲート自体に加えて、お互いに接近していること、そしてその充電環境内の技量は、興奮度を高く保つための重要な要素です。遠すぎる(現在のワールドカップレースと同じように)、あなたは観客と選手の両方のドラマを失う。コースが4メートルで始まっても、コースは丘とセットに安全とみなされる距離にすばやく広がります。

RUN (WITH) THE RUTS
ルーツ(と)を実行する

While venue safety is paramount, and the starting surface needs to be properly and consistently prepared, a little natural deterioration is a good thing. “Zero course maintenance was a mandate of Pro racing,” says Tache. Courses deteriorated naturally and equally, and advancing though all the rounds—ten runs, going from a clean course to bathtub ruts—required a wide-ranging skill set. The skiers who adapted, advanced, and their athleticism added to the excitement throughout the day.
会場の安全が最も重要であり、出発地が適切かつ一貫して準備される必要があるが、少し自然な劣化が良いことである。 「ゼロコースのメンテナンスはプロレースの任務でした」とTache氏は言います。コースは自然と均等に悪化し、クリーンコースからバスタブまでのすべてのラウンド10回の走行は、幅広いスキルセットが必要でしたが、進歩しました。適応し、高度なスキーヤーとその運動能力は、1日を通して興奮に加わりました。

MIX IT UP
混ぜあわせる

Terry Palmer, another vet of both the World Cup and World Pro Tours explains that variability in sets, terrain and conditions helped all athletes improve. “Some did well on steeps, others did well on flats with the surface conditions always playing a role, especially in soft snow.” As Tache sees it: “Tape measures should only be used to measure the distance between the red & blue course and certainly not between each turning pole. Back in the day a selected athlete set each day’s course. It always worked out just fine… pro courses required tactics, adaptability and creative skiing out of each racer.”
ワールドカップとワールドプロツアーの別の獣医であるテリー・パーマーは、セット、地形、条件の変動がすべてのアスリートの改善に役立ったと説明しています。 「急斜面ではうまくいきましたが、特に柔らかい雪では表面状態が常に重要な役割を果たしていました」Tache氏は次のように見ています。「テープの測定は、赤と青のコースと確かに各転極の間にはない。戻る日には、選手が毎日のコースを設定します。プロのコースでは、各レーサーの戦術、適応力、クリエイティブスキーが必要でした」

GET SOME AIR
いくつかのAIRを取得

The pro tour featured a minimum of two jumps (three in GS), which contributed to excitement and also to some very sore backs. World Cup iterations of dual racing, mindful of injury, have evolved into jumps so small as to be a non-factor. To be relevant and require tactics, the pros recommend that jumps should be 3-5 feet, depending on the slope of the hill. The steeper the hill, the bigger the jump can be, while still being humane.
プロツアーでは、最低2回のジャンプ(GSで3回)が行われ、興奮と非常に痛いバックに貢献しました。デュアルレースのワールドカップの反復は、怪我を念頭に置いたもので、ジャンプ以外の要素にならないほど小さなジャンプに発展しました。関連性があり、戦術を必要とするためには、丘の斜面に応じて、ジャンプは3〜5フィートにする必要があります。丘が急であればあるほど、ジャンプは大きくなりますが、まだ人道的です。

INVITE KIDS TO THE PARTY
パーティーに子供を招待する

When you have the greatest skiers in one place, it’s the perfect setting to stoke the fan base and build the next generation of stars. The Pro Tour fined athletes for NOT showing up at the parties and promoting the event and their sponsors. BBSF envisions even the highest level of parallel racing include youth outreach and participation, be it a ProAm, a separate youth competition or fan interaction to spark interest and capitalize on energy. Paying homage to this, the BBSF and Aspen will together run a parallel event at Aspen Highlands in conjunction with Bob Beattie Dayon December 8.
最高のスキーヤーが1つの場所にあるときは、ファンベースを突き刺して次世代の星を築くのに最適な環境です。プロツアーは、当事者に現れず、イベントとスポンサーを宣伝するためにアスリートに罰金を科した。 BBSFは、最高レベルのパラレルレースでさえ、青少年アウトリーチと参加、ProAm、別個の若者コンテスト、関心を呼び、エネルギーを活用するためのファンの交流などを含むと考えています。これに敬意を表して、BBSFとアスペンは一緒にアスペンハイランズで12月8日ボブビーティーDayonと一緒にパラレルイベントを実行します。
(Google 翻訳)

Birds of Prey World Cup

『コーヒー』を科学する

ヴィクトリア・レベンスブルク、”スマートなスキーの持ち方”

W杯開幕戦 SNOW JAPAN出場選手決定

【女子GS/10月27日】
安藤 麻
石川 晴菜
向川 桜子
荒井 美桜 ※

【男子GS/10月28日】
成田 秀将
新 賢範
若月 隼太※

※=ワールドカップ初出場


あとは、本日のFISスノーコントロールで開催決定の判断を待つのみ!


思考をシンプルにする

1.「自他の問題」を分ける(課題の分離)
2.「コントロール可能なこと」と「不可能なこと」を分ける
3.不安な事態が起きる確率と起きたときのダメージを判断する
4.「事実」と「意見」を分ける
5.「問題」と「感情」を分ける


OSV-Stars EUROPARK

マテイ・ヴィドヴィッチ、サースフェーでトレーニング中

テッサ・ウォーリ、今季一緒に戦うスキーを並べる

W杯セルデン開幕戦 FISスノーコントロールを15日予定、レースはキャンセルか?

今季のセルデン開幕戦はキャンセルの可能性あり。



月曜日のFISスノーコントロール

明日、10月15日、Soeldenによる積雪制御が明日に予定されています.2018-2019ワールドカップの第1ステージが10月26日と27日に予定されています。

雪がレッテンバッハ氷河の3000メートルを知っているので、重要な制御の雪は、典型的な夏のスタイルをしている高温与え、不足しているcontraddistinguendo 2018年10月の終わりとアルプスのいくつかの重要性の降水量のほぼ完全な欠如オーストリアとイタリアの間。

明日は、それゆえ、マーカス・ワルドナーとAtle Skaardalは、男性と女性のワールドカップの取締役は、数日で、それを延期またはキャンセル決定的な方に行くために、意思決定を行う必要があります。現在、Soeldenの村では、最高昼間の温度は17度以下に低下することはありませんが、最低温度は約5-6度です。温度ゼロは、現在、3.100~3.400メートルで証明されています。しかし、太陽と熱は少なくとも次の週を通して継続すべきであり、いくつかのモデルによれば、11月初めまで続くことができるので、現時点での天気は助けにはならないようです。

私たちがイタリアのアンドレア・リナルディのチームを報告したことによると、雪の状態は非常に重要です。このような状況の瞬間に、降りてくるアスリートの右手に軌道上をほぼ競い合って、最初のフロアの一部を取り除き、長い中央の壁の前に大きな曲率を持たずに、常に区別することができます。実際には、まっすぐな道と非常に汚い雪で走ります。

10月27日と28日には、2018-2019ワールドカップシーズンの最初の2人の巨人を定期的に運営することができるため、条件があるかどうかは明日にわかります。 2006年〜2007年のシーズンでは、高温と雨がないためにソーレンステージがキャンセルされたことを思い出してください。
(Google 翻訳)

ウェンディ・ホルディナー、SLトレーニング

GS開幕戦を前にSLトレーニングということは・・・

トーマス・ファナラ、GSトレーニング中

フランス技術系チーム、ピッツタールで開幕戦に向けた調整

フェデリカ・ブリニョーネ、去り行く秋を感じながら・・・

SL RACE in SnowWorld (Landgraaf)2





第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
『北国の 雪と氷に 刻む夢』

logo


会場:サッポロテイネ
日程:2019年2月14日(木)〜17日(日)


第74回 国民体育大会冬季大会スキー競技会ホームページ
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報